TOP > 研究成果情報 > 研究情報データベース > 詳細

研究情報データベース

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[2011/06/28]
泌尿器科学分野 横溝晃准教授 ヨーロッパ泌尿器科学会 Best Abstract (Oncology)賞 第3位受賞
 
  EAU Scientific Committee chief のF.C.Hamdy先生と横溝晃准教授
 2011年3月18日-22日、オーストリアのウィーンで開催された第26回欧州泌尿器科学会(European Association of Urology)年会にて、泌尿器科学分野の横溝晃准教授が、Third Prize for the Best Abstract (Oncology)を受賞しました。欧州泌尿器科学会はアメリカ泌尿器科学会と並んで泌尿器科学会では世界最大級で、最も権威のある学会です。演題採択率は20-30%で、実際の発表演題が1100題あり、oncology(がん)分野の発表はその過半数を超えています。このような数多くの優れた研究がある中で、横溝准教授はOncology分野の第3位を受賞しました。
 発表内容は抗コレステロール剤として広く使用されているスタチンが、アンドロゲン受容体の発現を低下させ、前立腺癌の細胞増殖を抑えるということを分子生物学的に明らかにしたものです。横溝准教授は、「スタチン服用者は、前立腺癌のリスクが低くなるという最近の疫学研究が世界的に注目される中で、タイミングの良く、その分子機序を明らかにできたことが、評価されたのではないか」と受賞の理由を推察しています。
横溝 晃 (医学研究院 臨床医学部門泌尿器科学分野 准教授)
 名前をクリックで九州大学研究者情報のページがひらきます。

ページの先頭へ戻る