TOP > お知らせ・イベント一覧 > 詳細

お知らせ・イベント情報

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[2021/12/27]
令和3年度 医学系学府教育FD(開催報告)


北園医学系学府長 挨拶


大賀大学院委員会委員長
趣旨及び進行説明


  令和3年12月22日(水)、百年講堂大ホールにおいて「令和3年度九州大学大学院医学系学府教育FD」を開催しました。
  このFDは、大学院教育を実施する上で、学生に対する教育のあり方や問題点について、教育者の共通理解を深めて指導能力を高めるとともに、より良い教育システムを作ることを目的としています。本年度は研究を行う上で重要である学術論文の利用について焦点をあて、「学術論文の購読と投稿これから」というテーマで開催されました。今回は、医学部百年講堂を主会場として、オンラインでも参加できるようにしたハイブリッド開催としました。

  FDは大学院委員会委員長 大賀教授の進行により進められました。北園医学系学府長挨拶の後、大賀委員長から趣旨説明があり、講演へ移りました。はじめに国立情報学研究所情報社会相関研究系 船守美穂 准教授の講演「ジャーナル問題をどう考える?~学術情報流通とアカデミア~」があり、次に九州大学附属図書館eリソース課 堀優子 課長の講演「本学におけるジャーナル購読・投稿の現状とこれから」がありました。休憩をはさみ、広島大学大学院統合生命科学研究科 坊農秀雅 特任教授の講演「生命科学分野における公共データベースやプレプリント利活用の現状と課題」がありました。講演の後は総合討論へ移り、会場で参加した教員およびオンラインでも講演の先生方へ質問がありました。最後に大賀委員長の総括があり、北園医学系学府長の閉会の挨拶でFDは締めくくられました。
  
   今回のFDでは大学院教育に欠かすことのできない学術論文をめぐる本学の現状と最新の動向について共通理解を深めることができ、非常に有意義なものとなりました。


船守准教授 講演

堀課長 講演

坊農特任教授 講演

ページの先頭へ戻る