TOP > 研究情報 > 詳細

研究情報

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[2013/08/26]
科学研究費補助金(基盤研究(S) )の採択について 分子生理学分野 大木教授

この度、医学研究院の教授を研究代表とする「科学研究費補助金(基盤研究(S) )」が採択されました。概略は下記の通りです。


研究課題名: 大脳皮質の領野間相互作用を担う神経回路の細胞・シナプスレベルでの機能解明

研究代表: 大木 研一(九州大学医学研究院 基礎医学部門分子生理学分野) [九州大学研究者情報]
概要:
大脳皮質における情報処理は、各領野における局所回路によって行われているとともに、複数の領野間の相互作用によっても行われています。視覚情報処理においては、一次視覚野から高次視覚野へのボトムアップの相互作用と、高次視覚野から一次視覚野(V1)へのトップダウンの相互作用が存在し、これらの双方向性の相互作用を介して情報処理が進められていると考えられています。

このような領野間の相互作用は、従来、巨視的な相互作用として研究されてきましたが、細胞・シナプスレベルで領野間にどのような神経回路があって、どのような情報が伝えられているのかについては未解明のままです。本課題では①一次視覚野から複数の高次視覚野へどのように情報が並列的に分配されるか、②高次視覚野においてどのように複雑な反応選択性が形成されるか、③視覚的注意によってどのように細胞の反応が修飾されるかについて、研究を進めます。領野間の相互作用を細胞・シナプスレベルで調べるため、他の領野から入力する軸索と局所の細胞体の活動を、2光子カルシウムイメージングにより同時に観察し、領野間相互作用のメカニズムの解明を目指します。


■ 大型研究費獲得情報 (平成25年8月20日更新) ※申告に基づき作成しています。

ページの先頭へ戻る