教職員の方へ

TOP > 教職員の方へ > お知らせ・イベント一覧 > 詳細

お知らせ・イベント

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[2014/03/14]
新任教授ご挨拶 次世代医療研究開発講座(特定教育研究講座) ジョーンズ・ロドリー教授
 

 I commenced in my position in the Department of Research and Development of Next Generation Medicine in January 2014.
  My background is in immunology: my PhD (Bristol University, UK) was in the field of autoimmune disease.  After this, I worked in invertebrate and fish immunology before my appointment in Nottingham University Hospital, UK (part of the National Health Service) where I worked in clinical pathology (allergy and immune dysfunction).  From there, I ran the Clinical Tissue Laboratory - a unit which was involved in clinical trials for novel cell therapies.  The unit processed & stored patients' stem cells (and other cell types) for clinical trials but I also undertook responsibility for a bone bank; where stored bone grafts were used for orthopaedic procedures.  I also had a position in the University of Nottingham, where I conducted research into stem cell biology and fetal haematopoiseis. 

 I am looking forward to helping establish this new department.  I hope that my interests and experience in running cell therapies will enable Kyushu University to become an international leader in this field. 

 D. Rhodri E. Jones, PhD
 Professor(Special Project)
 Department of Research and Development of Next Generation Medicine
 Faculty of Medical Sciences
 Kyushu University
 
 この度、2014年1月、次世代医療研究開発講座教授を拝命いたしました。
私の免疫学における経歴といたしましては、自己免疫疾患の分野において博士課程(ブリストル大学、英国)を終えた後、無脊椎動物と魚類の免疫学にたずさわり、その後、ノッティンガム大学病院(英国国営の医療制度の一機関)において臨床病理学(アレルギーと免疫機能不全)の職に就きました。そこから、新規細胞治療の治験関連の臨床組織研究所の運営をすることとなり、研究所においては、治験のための、患者の幹細胞およびその他の細胞の解析、蓄積、さらに、移植片を整形外科治療に用いる骨バンクの統括も行いました。ノッティンガム大学においては引き続き、幹細胞生物学、胎児造血の研究を指揮しました。
次世代医療研究開発講座の確立、運営にたずさわることをたいへん光栄に思います。細胞治療における私の知識、経験が、この分野において九州大学が国際的リーダーとなる、一助となるよう願っております。


ジョーンズ・ロドリー
次世代医療研究開発講座 教授(特定プロジェクト教員)
医学博士

次世代医療研究開発講座HP http://jisedai.med.kyushu-u.ac.jp/index.html 

ページの先頭へ戻る