TOP > お知らせ・イベント一覧 > 詳細

お知らせ・イベント情報

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[2015/08/07]
平成27年度「九州大学オープンキャンパス」について(開催報告)

会場の様子

 
   住本医学部長挨拶
 
   吉田教授より教育システム等の説明
 
   吉田教授より教育システム等の説明
  平成27年度の「九州大学オープンキャンパス」が8月1日(土)~8月3日(月)の3日間、箱崎地区・伊都地区・大橋地区・病院地区の各キャンパスで開催されました。九州大学は多くの学部から構成される総合大学ですので、それぞれの学部で開催日が異なりますが、医学部医学科、生命科学科、保健学科のオープンキャンパスは8月3日(月)、病院地区キャンパスにて開催され、多くの受験を希望する方やその家族に来学して頂きました。

  医学科の学科説明会では、例年のように会場として、570名を収容できる百年講堂大ホールを準備していましたが、収容定員を大幅に上回る約1,000名に来学して頂いたため、急遽、中ホールも開放し、中ホールではテレビ中継を使用しての開催となりました。
  住本英樹医学部長は挨拶の中で、「私たちはこの九州大学医学部医学科を、世界中の先達によって培われてきた医学、医療を単に吸収するだけではなく、将来はそれぞれの領域で新たな一歩を切り開ける医療人、医学研究者を育てる場として考えております。医学を学ぶことは一方で自分自身を知ることにつながり、それはとても大変ですが非常にエキサイティングで楽しいことでもあります。当学には未来の医療について皆さんを導いてくれる素晴らしい先生が揃っています。皆さんの九州大学への参加、まずは医学部医学科の学生としての参加を心待ちにしています。」と述べられました。

  引き続き、医学教育学 吉田素文教授からは、入学後のカリキュラムや、MD-PhDコース、九州大学の基幹教育についてなど、本学における多様な教育システムの説明がありました。そして最後に、臨床腫瘍外科学分野 中村雅史教授の講話「手術医療の過去・現在・未来」があり、中村教授は、画像や手術映像等を使用して、外科医療の歴史や現代の最新医療について紹介されました。参加者は説明会を通して医学の知識に触れ、新たな刺激となったようでした。




中村教授講話

 

 

  午後からは百年講堂で保健学科の説明会が、コラボステーションⅠで生命科学科の説明会が開催されました。
生命科学科の説明会には約150名が参加し、説明会の後は希望者に対して「研究室訪問」が実施されました。研究室訪問に参加した約90名は、数名のグループに分かれて26研究室を訪問し、研究施設・設備の見学や実験体験を行いました。

ページの先頭へ戻る