教職員の方へ

TOP > 教職員の方へ > お知らせ・イベント一覧 > 詳細

お知らせ・イベント

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[2015/09/02]
第67回西日本医科学生総合体育大会
 西日本医科学生総合体育大会 総評

九州大学西医体評議委員
九州大学医学部医学科3年 北村 雄哉

  第67回西日本医科学生総合体育大会(西医体)が8月7日(金)~8月19日(水)の日程で開催されました。西医体は西日本の医学部系の部活の多くが参加し、医学部生にとって最も規模の大きな大会です。今年は大阪市立大学主管のもと、44の大学から16,000人以上が参加し、20の競技で熱戦が繰り広げられました。
  
  西医体は医学部生にとって最も大きな大会であり、ほとんどの部活生がこの大会を最大の目標として日々の練習に励んでいます。その成果を出し切ることができた人も、そうでなかった人もいると思いますが、この大きな大会での経験は必ず次に繋がるはずだと思います。
  
  最後になりましたが、今大会を主管して下さった大阪市立大学の運営委員会の皆様、理事会の先生方、大会会場に来てくださった医師の皆様、審判の皆様、その他西医体の開催に関わって下さった全ての方々にこの場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。

【上位成績】

■準硬式野球部 準優勝
■バスケットボール部(男) ベスト8

 


活動報告 

医学部野球部
主将 伊田 修陸

 

  医学部野球部はプレーヤー26人、マネージャー8人の、計34人で活動しています。
  
  先日行われました西日本医科学生体育大会では、昨年と同じく準優勝という結果に終わりました。初戦から危なげなく勝ち進み、準決勝では、昨年の決勝で負けた岡山大学に勝利し、決勝に駒を進めることができました。そしてむかえた決勝戦、多くのOBの先生方が応援に駆けつけてくださり、チーム全員が気持ちを一つにして全力で戦いましたが、奈良県立医大の投手を打ち崩すことができず、1-4で敗れました。
  
  秋から新チームとして再び始動します。来年の西医体では、昨年、今年と成し得なかった西医体優勝を必ずして、OB、OGの方々、保護者さん、野球部に関わる全ての方々に良い報告ができるよう、チーム一丸となって練習に励んでいきたいと思います。

ページの先頭へ戻る