卒業生の方へ

TOP > 卒業生の方へ > お知らせ・イベント一覧 > 詳細

お知らせ・イベント

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[2016/10/14]
九州大学カリフォルニアオフィスの松尾代表との面談
 
 
  10月4日(火)11時から約1時間にわたり医系管理棟会議室1において、住本医学研究院長、古江教務委員会委員長、續教授、留学生担当教員の高橋他が、一時帰国された九州大学カリフォルニアオフィスの松尾正人代表と面談しました。
  松尾代表からは、九州大学カリフォルニアオフィスと国際部が主催する語学研修プログラム[Silicon Valley English Study Program(SVEP)]の今夏開催されたものについて、ご紹介・ご説明がありました。特に開講10周年の記念事業につきまして、九州大学久保総長も出席されたレセプションを含め、非常に有意義なものであったこと、また記念事業の開催については、本研究院からの寄附もお役に立ったとのことでした。さらに、今回の面談では、SVEPを医学部の学生たちの個性を伸ばすプログラムへとしていくために、どのようなことを考えるべきかについて、住本医学研究院長と松尾代表の間で意見交換が行われました。
     
   語学研修プログラムSVEPはその先駆けとなった平成19年度からの「九大生のためのビジネス英語&理工系英語サマースクール」と合わせると、今年で開講10周年を迎えました。この、国際的な視野と問題解決能力を持って世界に羽ばたく人材を育成することを目的としたプログラムに、医学部医学科からは平成21年度から、毎年数名、平成28年度までに合計38名が参加してきました。この間、松尾代表をはじめとして、カリフォルニアオフィスのスタッフの方には、Intuitive Surgical社への訪問で手術支援ロボット「ダ・ビンチ(da Vinchi)」に触れる機会を提供いただく他、色々と医学部の特徴を踏まえてプログラムをアレンジしていただいています。参加学生からは、語学研修プログラムとして優れているのみならず、シリコンバレーで活躍する方々と交流することができるなど、非常に良い刺激を与えてくれるプログラムとして好評です。

  医学科・生命科学科教務委員会では、毎年、学生の体験談や感想をまとめた「報告書」を発行しており、医学研究院のHP「国際交流」のページからそのPDF版がご覧いただけます。
  
文責:高橋 富美(医学研究院 国際医科学教育ユニット)
  

前列:左より住本研究院長、松尾代表、古江教務委員長
後列:左より續教授、高橋講師

関連記事:九州大学カリフォルニアオフィスの松尾代表との面談(平成28年5月)

ページの先頭へ戻る