卒業生の方へ

TOP > 卒業生の方へ > お知らせ・イベント一覧 > 詳細

お知らせ・イベント

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[2016/11/01]
第68回西日本医科学生総合体育大会
第68回西日本医科学生総合体育大会総評
九州大学西医体評議委員
九州大学医学部医学科2年  
青木秀親


  第68回西日本医科学生総合体育大会(西医体)が8月6日(土)〜8月21日(日)の日程で行われました。西医体は西日本の医学部系の部活の多くが参加し、医学部生にとって最も規模の大きな大会です。今年は徳島大学主管のもと、44の大学から16,000人以上が参加し、20の競技で熱戦が繰り広げられました。
  
  西医体は医学部生にとって最も大きな大会であり、ほとんどの部活生がこの大会を最大の目標として日々の練習に励んでいます。その成果を出しきることができた人も、そうでなかった人もいると思いますが、この大きな大会での経験は必ず次に繋がるはずだと思います。

  今大会を主管して下さった徳島大学の運営委員会の皆様、理事会の先生方、大会会場に来て下さった医師の皆様、審判の皆様、西医体の開催に関わって下さった全ての方々にこの場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

上位成績

競技 成績
  バレーボール(男)   優勝
  バスケットボール(男)   準優勝
  空手(女)   3位
  陸上競技(男)   男子団体7位
  空手(男)   ベスト8
  剣道 女子   ベスト8

 


第68回西日本医科学生総合体育大会 優勝報告
医学部男子バレーボール部


  西医体3日目、対大阪大学2セット目、24―21。あと一点を取れば九州大学優勝の場面。会場全体のさまざまな想いが交錯する瞬間だった。「あと一点、一点取ろう」「まだ負けてない」「どっちが勝つかな」... 出場校の数だけ想いがあり、ドラマがある。西医体とはそのような特別な大会だ。  
  
  第68回西日本医科学生総合体育大会バレーボール部門は8月19日から21日までの3日間、徳島大学主幹のもと、徳島市立体育館で開催されました。徳島県の伝統行事である阿波踊りの関係で、例年より日程が遅く、今年度の西医体のとりをバレーボール部門が務めることになっていました。九州大学はここ2・3年、他校からの評判はいいものの、ここ一つ抜け出せない弱さがありました。昨年の西医体後から、キャプテン山本(医4)を中心に、今年こそは優勝!という強い想いを胸に、一年間練習に励んできました。「目の前の一点を取りにいく。その積み重ねの先に勝利がある」この意識が、チーム全員を強くしました。試合本番では、夏越(医6)の多彩なトスワークのもと、エース小松(医5)を中心に、奈須(医6)山本(医4)の速攻攻撃やブロック、田中(医6)龍神(医5)のコンビ攻撃で相手を翻弄し、逆に相手からの攻撃をリベロ松本(医5)の固い守備によるつなぎで自らのチャンスにする、という九大のペースで試合運びができ、9年ぶりの優勝を勝ち取ることができました。的確な指示を出し、時にはチームを盛り上げ、時には落ち着かせる野添監督、ベンチにいる厚い選手層、会場でのマネージャーの応援も九大優勝をぐっと引き寄せました。全員でつかみ取った優勝でした。
  
幻におわった、九山優勝
  今年度の九州・山口医科学生体育大会(通称:九山)は、熊本大学主幹のもと開催される予定でした。しかし、大会2日前の熊本地震の影響で、バレーボール部門は中止となりました。その後、熊本大学のご尽力のもと、九山にかわって親善試合が開催されました。その成績は例年の九山には反映されないこと、一日のみのスケジュールとすること、など制約の多い形式ではありましたが、九山加盟12校中9校が親善試合に参加し、大変盛り上がった一日となりました。開催に向けての過程や試合当日を通して、九州の各大学が、お互いに助け合い、一つになっていくことを実感することができました。結果は優勝でしたが、正式には記録されません。この経験が、夏の西医体の励みになったのも事実です。

バレーボール部のこれから
  西医体優勝から一ヶ月、幹部が交代し、キャプテン萩原(医3)を中心としたチームが始まりました。6年生の抜けた穴は大きいですが、来年、もう一度結果を出すために、日々、一つ一つのプレーに全力で取り組んでいます。また、日頃から、OB・OGの先生方には体育館の改修や部費のご支援など大変お世話になっております。今後も感謝の気持ちを忘れずに、顧問の丸山先生(九大医S56卒 九州大学基幹教育院教授)、野添先生(九大医H3卒 第二外科)のもと、一人一人が九大医学部バレー部の一員であることに自覚を持ち、部員18名、マネージャー7名一丸となって大きな目標に向かって努力していきます。
  
医学科3年 萩原 拓貴
  

ページの先頭へ戻る