TOP > お知らせ・イベント一覧 > 詳細

お知らせ・イベント情報

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[2017/06/30]
平成28年度学位記授与式

 

 

 
 
 
医学部卒業生総代 中村勇星さん
  平成29年3月24日(金)、伊都キャンパスの椎木講堂で平成28年度学位記授与式が行われ、11の学部および21世紀プログラムの総代にそれぞれ学位記が授与され、2,551名が卒業しました。

  九大フィルハーモニーオーケストラによる祝賀演奏の後、10時10分から行われた学士学位記授与式では、医学科6年生の中村勇星さんが医学部卒業生総代として、住本医学部長による課程修了認定を受けて、久保総長から学位記を授与されました。

  久保総長は告辞において、「皆さんが本学を卒業したことに誇りをもって,学んだことを生かし,夢を持って今後の未来を切り開いて大きく飛躍し,グローバル社会を力強く牽引するリーダーとして大成されることを期待します」と述べられました。その後、卒業生を代表して農学部の花田理沙(はなだりさ)さんが「社会で活躍する人間になるために,専門分野の知識を深めることはもちろんのこと,幅広い知識を身につけるなど,さまざまな経験を通して常に自分自身をよりよい方向へ変えていきます」と答辞を述べました。

  午後からは同会場で大学院の学位記授与式が行われ、修士学位記、専門職学位記、博士学位記が各総代に授与され、2,247名が大学院を修了しました。

  病院キャンパスでは、16時から医科学専攻修士課程および医学専攻博士課程の学位記授与式、17時から医学部主催による医学科・生命科学科卒業式が行われ、医学科・生命科学科卒業式後の18時から、新学士を歓迎する同窓会主催による学士鍋が開催されました。

  医科学専攻修士課程および医学専攻博士課程の学位授与式は、病院キャンパス内基礎研究A棟で行われ、医科学修士15名、医学博士73名に学位が授与され、出席者一人一人に住本学府長から学位記が手渡されました。また、博士論文審査の過程で決定される医学博士優秀賞に山村さんが選ばれ、住本学府長から盾が贈呈されました。
 

学位記授与

住本学府長式辞

九州大学医学博士 優秀賞 山村和彦さん
  医学科・生命科学科卒業式では、医学科生102名、生命科学科17名の新学士の名前が読み上げられた後、中村勇星さんが医学科を代表し、そして鄒兆南さんが生命科学科を代表し、それぞれ住本医学部長から学位記が授与されました。引き続き医学部長式辞があり、住本医学部長は「皆さんには心は優しく、志しは高く持ち、それでいてしなやかで逞しい医学研究者、医療人、あるいは社会人になって頂きたいと切に希望しております。皆さんひとりひとりが、これからの長い生涯、幸運に恵まれ、悔いのない人生を送られることを祈ります。」(全文はページ末尾に掲載)と述べられました。続いて、康生命科学科長が式辞が、富永医学部同窓会長ならびに石橋九州大学病院長からも卒業する若者の未来に期待する旨の祝辞がありました。

  諸先輩方からの祝辞に対し、中村勇星さんが医学科学生を、そして鄒兆南さんが生命科学科学生を代表し、答辞を述べました。答辞では、本学ならびに本学部に感謝するとともに、九州大学で学んだ多くの事柄をもとに我が国の将来の医療ならびに医学研究に貢献したいとの決意が述べられました。
  
  医学部同窓会主催の「学士鍋」は病院キャンパス内の医学部百年講堂の中ホールで行われました。同窓会会長の挨拶、同窓会理事のお祝いの言葉の後、ご来賓の久保九州大学総長からの祝辞等がありました。
  伝統の博多織の襷をかけた卒業生が、指導教員、御親族と共に、卒業の喜びを分かち合い、和やかな雰囲気で懇親の集いが催されました。


新学士

学位記授与 医学科

学位記授与 生命科学科

住本医学部長 式辞

康生命科学科長 祝辞

石橋九州大学病院長 祝辞

富永同窓会長 祝辞

医学科代表答辞 中村勇星さん

生命科学科代表答辞 鄒兆南さん


 
 
※平成28年度 九州大学医学部卒業式 医学部長式辞の全文は下記PDFでご覧頂けます。
九州大学医学部卒業式 医学部長式辞 医学部長挨拶

ページの先頭へ戻る