TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第9回応用幹細胞医科学部門セミナー【Austin Smith博士(ケンブリッジ大学教授)】

  • [開催日時]2017年3月31日(金)16:30-18:00
  • [開催場所]コラボステーションI 視聴覚ホール(2階)
  • [対象]どなたでも参加可能です
備考・問合せ先
 以下の通り、ケンブリッジ大学のAustin Smith博士をお招きし、セミナーを開催いたします。


Smith博士は、今では当たり前になった、フィーダー細胞なしでもサイトカインLIFの添加によってES細胞の未分化状態を維持できることを世界に先駆けて発見され、それ以来一貫して多能性幹細胞の研究を行っておられます。その過程では、LIFと同時に2つのキナーゼ阻害剤を加えることで、ground stateと呼ばれる均一なES細胞集団を得るという画期的な方法(2i法)も開発され、それまで困難であったラットES細胞の樹立にも応用されています。また、山中先生と同時期に、Nanogと呼ばれるES細胞の未分化状態維持に重要な転写因子も同定されています。

今回は、ナイーブとプライムドという2つの多能性維持状態をつなぐ、第3のフォーマティブ多能性状態の発見を中心にお話いただく予定です。

皆さま、奮ってご参加ください。

【第9回応用幹細胞医科学部門セミナー】
日時:2016年3月31日(金)16:30-18:00
場所:病院キャンパス コラボステーションI 視聴覚ホール(2階)
対象:どなたでも参加可能です
演者:Austin Smith博士(ケンブリッジ大学 教授)
講演タイトル: The pluripotency continuum in mammals: phases and states
要旨:
The regulative capability of single cells to give rise to all primary embryonic lineages is termed pluripotency. Observations of fluctuating gene expression and phenotypic heterogeneity in vitro have fostered a conception of pluripotency as an intrinsically metastable and precarious condition. Two pluripotent states, called naïve and primed, have previously been proposed. However, in the embryo and in defined culture environments the properties of pluripotent cells progress through an orderly sequence of transitions. This developmental continuum may be more appropriately considered as a series of phases rather than a binary state transition. Specifically, an enabling third phase, termed formative pluripotency, may exist to fill the continuum between naïve and primed pluripotency. The formative phase is hypothesised to encompass remodelling of transcriptional, epigenetic, signalling and metabolic networks in order to constitute multi-lineage competence and responsiveness to specification cues. The phased progression of pluripotency is expected to be broadly conserved in mammalian embryos and reflected in the capture of discrete stem cell states in vitro, although specific features may vary. Data will be presented for mouse and human pluripotency.

九州大学医学研究院
応用幹細胞医科学部門
基盤幹細胞学分野
中島欽一

セミナーに関する問い合わせ先:
今村拓也(imamura(a)scb.med.kyushu-u.ac.jp)
※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください。

学会・シンポThe International Research Symposium on Regulation of Germ Cell Development in vivo and in vitro

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2017年7月26日(水)-28日(金)
  • [開催場所]
  • [対象]
備考・問合せ先
2017年7月26-28日に医学部百年講堂において、国際研究シンポジウム「The International Research Symposium on Regulation of Germ Cell Development in vivo and in vitro」を開催します。
 
参加ご希望の方は、4月28日までにエントリーフォームよりお申し込みをお願い致します。
ポスター発表も歓迎致します。要旨はエントリーフォームよりアップロード出来ますのでご利用頂きますようお願い申し上げます。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。
  開催日時   2017.7.26(Wed)
  2017.7.27(Thu)
  2017.7.28(Fri) 

※クリックでPDFが開きます
  開催場所   病院キャンパス
  会場名   医学部百年講堂
  ACCESS
  福岡県福岡市東区馬出3-1-1
  申込方法   下記ウェブページのエントリーフォームより、参加申込みをお願い致します。
  お申し込みの締切は、2017年4月28日です。

  ポスター発表もエントリーフォームより受け付けております。

  https://hgs.wp.med.kyushu-u.ac.jp/sympo/
  
申込方法 事前申し込み不要
申込受付期間 なし
   お問合せ先   担当:ヒトゲノム幹細胞医学分野
  電話:092-642-4844 

ページの先頭へ戻る