TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナーThe Art of Writing in Scientific English【シドニー大学 Stuart Fraser先生】

  • [開催日時]2017年2月22日(水)17:00-18:00
  • [開催場所]基礎研究A棟 第1講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
  九州大学 医学研究院次世代医療研究開発講座では下記の通り、”The Art of Writing in Scientific English”と題して講義を開催いたします。ご多用中とは存じますがぜひご参加いただきますようお願い申し上げます。
  皆様のお申込をお待ちしております。


【日時】
平成29年2月22日(水)17:00~18:00

【場所】
九州大学 病院キャンパス 基礎研究A棟 第1講義室
下記URL中央【 病院周辺地図 】中の【 医学部 基礎研究A棟 】
になります。
http://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/access/index.html

【演題】
”The Art of Writing in Scientific English”

【講師】
シドニー大学生理学分野・ 准教授 / 九州大学医学研究院・講師 Stuart Fraser

【講義概要】
学部生、研究者、教員をはじめ英語による論文執筆のスキルアップを目指す方を対象に、単なる英文法の指導とは違った、セルフ・エディティングという観点から、論文執筆からパブリケーションに至るまでのデザイニング、ワークフローに焦点を当てていきます。講師のフレイザー准教授は20年以上にわたり英語を母国語としない研究者の論文執筆を指導してこられ、その豊富な経験を基に具体的なアイデアの数々を伝授していただきます。講演は英語で実施します。

【参加費】
無料

【定員】
150名
申込不要ですが、参加者多数の場合は、事前登録された方を優先させて
いただきます。事前申込はこちらから:
https://www.eventbrite.com/e/the-art-of-writing-in-scientific-english-tickets-32077791538


【持参物】 
筆記用具
スマートフォン、タブレット、またはノートパソコン
(講義中、インターネットを使ったインターアクティブな演習を予定)

○主催:
九州大学医学研究院次世代医療研究開発講座
Tel 092-642-6210 fax 092-642-6146
E-mail:mailto:info-jsd(a)jsd.med.kyushu-u.ac.jp
                    ※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください
  
○共催:
九州大学 ARO次世代医療センター
九州大学グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)


Preparing, writing and editing a scientific manuscript is challenging.

However, it can also be an experience that allows your hard work
to shine in the public arena.

Here, I will offer some ideas for improving the design, workflow and
preparation of scientific publications in English.

These ideas have developed over 20 years of being in Science and after helping many researchers, for whom English is not their first language, to write and edit scientific manuscripts.

The focus will be on developing self-editing skills rather than English grammar or syntax.

Some interactive exercises will be provided so please bring your mobile phone, tablet or laptop as well as a pen.

Dr Stuart Fraser is Associate Professor in Physiology, Anatomy & Histology at the University of Sydney, Australia. Dr Fraser gives many talks, seminars, lectures and other public presentations each year and has an interest in design and communication.

To help us offer more seminars in the future, please register for this seminar at:
https://www.eventbrite.com/e/the-art-of-writing-in-scientific-english-tickets-32077791538

セミナー第3回医学教育学セミナー

  • [開催日時]2017年2月25日(土)17:00-18:30
  • [開催場所]臨床小講堂2
  • [対象]
備考・問合せ先

九州大学と京都大学の合同で行っているリサーチ合宿の一環で講演いただきますが、関心のある方の参加をお待ちしております。


演者:  石川ひろの先生
東京大学大学院医学系研究科  医療コミュニケーション学分野准教授

タイトル:医療コミュニケーション研究をデザインする:分析・評価の方法

日時:2月25日(土)17時00分~18時30分
場所:臨床小講堂2

皆様のご参加をお待ちしております。

セミナー第37回生命医科学セミナー【京都大学 Dr. Knut Woltjen】

  • [開催日時]2017年3月2日(木)17:30-19:00
  • [開催場所]総合研究棟1階 102講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
演 題:Endogenous DNA repair pathways for gene editing in human induced pluripotent stem cells.
 
演 者: Dr. Knut Woltjen
   Hakubi Center for Advanced Research, Dept. of Life Science Frontiers, Center for iPS Cell Research and Application (CiRA), Kyoto University
 
日 時:平成29年3月2日(木)17:30~19:00
 
場 所:病院地区総合研究棟1階 102講義室
 
Combining induced pluripotent stem cell (iPSC) and nuclease-mediated genome engineering tools such as CRISPR/Cas9 holds great promise to study human genetic diseases. Programmable nucleases induce DNA double strand breaks (DSBs) which recruit endogenous DNA repair machinery to the target locus. Error-prone repair of DSBs, often attributed to non-homologous end joining (NHEJ), is commonly used to produce gene knockouts. Interestingly, we have found that NHEJ is often precise, and that many deletions can be attributed to microhomology-mediated end joining (MMEJ). In fact, we can employ MMEJ to generate disease-relevant micro-deletions in otherwise normal iPSCs.
Template-mediated homology-directed repair (HDR) has long been used to create designer gene modifications. Our lab uses HDR to introduce reporter transgenes into safe-harbour loci for tracking iPSCs during differentiation and in mice following transplantation. In the interest of recapitulating disease-causing mutations, we have developed a novel protocol to engineer single point mutations in human iPSCs. Our method uses conventional gene targeting by HDR followed by seamless excision of antibiotic resistance cassettes guided by engineered microhomology and endogenous MMEJ machinery. The efficiency and fidelity of our method is demonstrated by the creation human iPSCs which elicit disease-relevant metabolic phenotypes affecting purine salvage pathways. The strategies discussed may be generally applied to other mammalian cell lines and disease models.
 
多くの方の参加を歓迎致します。
 
共 催:福岡医学会
 
問合せ:九州大学大学院 医学研究院 基礎放射線医学分野 續 輝久(内線6141)

セミナー第38回生命医科学セミナー【カルガリー大学 Dr. Derrick E. Rancourt】

  • [開催日時]2017年3月3日(金)17:30-19:00
  • [開催場所]総合研究棟1階 102講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
演 題:Tumorigenecity of iPSCs: New clues for engineering cancer.

演 者: Dr. Derrick E. Rancourt
          Depts. of Med. Biochem., Oncol., and Med. Genet.,
          The University of Calgary

日 時:平成29年3月3日(金)17:30~19:00
   
場 所:病院地区総合研究棟1階 102講義室
   
Others have suggested that the cancer phenotype may be erased via cellular reprogramming. Several cancer cell lines have been reprogrammed previously to varying degrees; however, it remains unclear if cancer cells can be fully reprogrammed into induced pluripotent stem cells (iPSCs) that can form benign teratomas, and if cancer-specific epigenetic alterations are erased during this process. We investigated if mammary cancer stem cell (CSC), derived from Her2/Neu over-expressing transgenic mice, can be fully reprogrammed into iPSCs.
We also tested whether the reprogrammed CSCs lose or retain their potential to form tumors in vivo by means of becoming pluripotent. We show that the reprogrammed breast CSCs can be terminally differentiated into mammary epithelial cells, and that tumorigenicity is retained during differentiation in this microenvironment. Reprogramming of cancer cells is a promising new research approach may offer new possibilities in modeling cancer in vitro.
   
この度、日本学術振興会の外国人招へい研究者として、関連分野の研究者達との研究討議他のために来日されます。多くの方の参加を歓迎致します。
   
共 催:福岡医学会
   
問合せ:九州大学大学院 医学研究院 基礎放射線医学分野 續 輝久(内線6141)

セミナー大学院特別講義「硬組織研究法」【東京工業大学 工藤先生】

  • [開催日時]2017年3月7日(火)17:00-16:30
  • [開催場所]歯学部 講義室C
  • [対象]
備考・問合せ先
 歯学研究院より大学院特別講義「硬組織研究法」のご案内

この度、様々な疾患の発症に関与する「ぺリオスチン」の発見者、東京工業大学・教授・工藤明先生をお招きし、講演会を開催致します。

講演者:

東京工業大学大学院生命理工学研究科
高次生命情報学講座
高次生命情報学分野
教授

工藤 明 先生

ご講演のタイトル
「最終講義、ペリオスチンの未来」

日時:平成29年3月7日(火曜日)午後5時より(質疑応答含め午後6時半頃まで)
場所:九州大学歯学部 講義室C (歯学部本館、正面玄関入ってすぐのところにございます)

工藤先生は心疾患など多くの疾患の発症に関与する「ペリオスチン」の発見者でいらっしゃいます。今回は工藤先生の「ペリオスチン研究の集大成」をお話し頂けるそうです。大学院生のみならず、教員・医局員の先生方も是非、お越しください。
尚、工藤先生は宇宙ステーションを利用した骨代謝研究でも有名な先生で、 NHK番組アイエンスアイなどにも出演されておられマスコミからも注目されておられます。
ご興味のある方は、どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。多数の方々のご来場を歓迎いたします。

(世話人)
九州大学大学院歯学研究院
口腔常態制御学講座
分子口腔解剖学分野
久木田敏夫

ページの先頭へ戻る