TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2011年3月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第61回 先端医工学セミナーのお知らせ

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2011年3月4日(金)18:00-19:00
  • [開催場所]総合研究棟 105号1階 セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先
3月4日(金)午後6時より先端医工学セミナーを開催いたします。今回は、米国University of WashingtonのRichard M. Satava教授をお迎えし、ロボット手術の歴史からバーチャル人体モデル、宇宙や戦場など遠隔地のロボット手術、等に関する最新の話題につきご講演を賜ります。Satava教授は米国内視鏡外科学会の設立メンバーの一人であり、米国国防総省の中枢部で戦場の兵士に対するロボット医療や宇宙環境下での遠隔医療の開発に携わってこ
られた異色の経歴の持ち主です。大変興味深いご講演を拝聴できると思います。どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

演者:米国ワシントン大学 Richard M. Satava教授 
講演名:Advanced Technology and the Future of Surgery
日 時:3月4日(金)  18:00~19:00
場  所:総合研究棟 105号1階 セミナー室
共 催:福岡医学会
ABSTRACTは添付PDFファイルをご参照ください。






セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児外科:3月4日)のお知らせ

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2011年3月4日(金)18:30-20:00
  • [開催場所]北棟6階小児医療センターカンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児外科:3月4日)のお知らせ
3月4日午後6時30分より九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児外科)を開催いたします。
今回は九州大学大学院医学研究院小児科特任准教授 住江愛子先生と徳島大学・北里大学客員教授の白坂哲彦先生をお招きし、小児がんに関する治療の現況と今後の展望に関してご講演賜ります。興味深いお話を拝聴できるものと思いますので是非ご参加ください。多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。
演題1: 「小児悪性腫瘍の治療の現況と晩期障害」
演者1: 九州大学大学院医学研究院 小児科特任准教授 住江 愛子先生
演題2: 「S-1(TS-1) の更なる進化-消化器癌から小児癌への応用-」
演者2: 徳島大学・北里大学、客員教授 白坂 哲彦先生
※講演要旨については添付ファイルをご参照ください。

セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス

  • [開催日時]2011年3月8日(火)19:00-20:00
  • [開催場所]九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム(小児医療センター内)
  • [対象]
備考・問合せ先
来週、3月8日(火)、午後7時より九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を開催いたします。また今回は、ゆりかごネットのラインカンファレンスも同時並行で行う予定です。どなたでもご参加できます。多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。
講演タイトル:小児熱傷の治療の実際 ー皮膚科医の立場からー
演者:中原剛士先生(九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 助教)

要約:熱傷は、小児が受傷する外傷のなかでも最も頻度が高いものの一つといわれている。その治療にあたっては、小児としての特徴を考慮したうえで治療を進めることが大切である。すなわち、小児熱傷では治療は初期治療のみにとどまることはなく、成長に伴って生じる瘢痕拘縮などの問題にも、適切な対応を継続しなければならない。そのほか、醜形にともなう精神的なストレスに対するサポートや、小児熱傷の予防の重要性を啓蒙することも必要であると考えられる。今回は、一般的な熱傷の分類や治療を概説し、当院で経験した小児熱傷症例をいくつか供覧する。
+++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科


セミナー第9回NST講演会のご案内

  • [開催日時]2011年3月11日(金)18:30-20:00
  • [開催場所]百年講堂 大ホール
  • [対象]医療スタッフ及び一般の方
備考・問合せ先
 講演会を開催します。今回の講演会は院内だけでなく、院外の方も対象とした講演会となっておりますので、皆様方の多数のご参加をお待ち申し上げます。      
演題:『 長期胃瘻栄養患者における嘔吐および下痢に対する対処法 』
講師:昭和伊南総合病院 内科科長 消化器病センター長 堀内 朗  先生
主催 九州大学病院NST/九州大学地域医療連携センター/味の素製薬株式会社 
問い合せ先 栄養管理室(内線 5176)

学会・シンポ新学術領域研究「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」公開シンポジウム

  • [開催日時]2011年3月11日(金)16:15-18:00
  • [開催場所]九州大学医系キャンパス・コラボステーションI 2階 視聴覚ホール
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の日程で公開シンポジウムを開催いたします。「がん幹細胞」「エピジェネティクス」にご興味をお持ちの皆様、是非ご参加下さい。

新学術領域研究「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」公開シンポジウム
座長 赤司 浩一 先生(九州大学大学院医学研究院・病態修復内科学・教授)
(1)「クロマチン構造にプログラムされた細胞分化運命決定メカニズム」
大川 恭行 先生 九州大学高等研究院・エピジェネティクス分野・特任准教授
(2)「CD44vのがん幹細胞における役割」
佐谷 秀行 先生 慶応義塾大学医学研究科・先端医科学研究所・遺伝子制御研究部門・教授

お問い合せ
---------------------------------------
新学術領域研究「癌幹細胞」総括班事務局
(九州大学病院 遺伝子細胞療法部内)
領域代表 赤司 浩一(事務局 岩崎 浩己)
URL: http://www.cancer-stem-cell.com/
---------------------------------------




ページの先頭へ戻る