TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2011年4月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー大学院特別講義のご案内

  • [開催日時]2011年4月28日(木)15:00-17:00
  • [開催場所]薬学部本館5階第4講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の日時で大学院特別講義を開催いたします。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。
演題:「細胞有機化学:認識と反応の共役によるセンシング、ラベリング、イメージング」
講師:浜地 格 先生  京都大学大学院工学研究科 教授
 浜地 格先生は、タンパク質をターゲットとした細胞内有機化学の研究を中心に幅広いケミストリーを展開しておられる日本を代表するケミカルバイオロイジー研究の第一任者です。先生のご研究から生み出された数々のタンパク質ラベル化、センシング手法は、タンパク質の蛍光イメージングや人工機能化などに広く活用されております。今回、大学院特別講義の講師として薬学部にお招きして、先生の最近の研究展開についてお話しいただく機会を得ました。各分野の教員の先生方はもとより、多くの学生の皆さんのふるってのご参加を歓迎いたします。
 
最新論文:
1. Ligand-directed tosyl chemistry for protein labeling in vivo.
Nature Chemical Biology, 5, 341-343 (2009)
2. Self-assembling nano-probes displaying off/on 19F NMR signals for protein
detection and imaging.
Nature Chemistry, 1,557-561 (2009)
3. Selective Covalent Labeling of Tag-Fused GPCR Proteins on Live Cell
Surface with a Synthetic Probe for Their Functional Analysis
Journal of the American Chemical Society, 132, 9301-9309 (2010)

問い合わせ先:王子田 彰夫(6596)
       生体分析化学分野

ページの先頭へ戻る