TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2011年6月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー研究セミナーのご案内:三重大学・珠玖 洋先生

  • [開催日時]2011年6月27日(月)16:00-17:30
  • [開催場所]コラボ・ステーションI 視聴覚ホール(2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の要領で、三重大学大学院医学研究科・珠玖 洋教授の研究セミナーを行います。ご存知の方も多いと思いますが、珠玖先生は腫瘍免疫研究を牽引されてきたお一人であり、昨年度の日本癌学会・長與又郎賞を受賞されました。今回も、がん免疫療法とその臨床応用の可能性について、興味深いお話をお聞き出来るかと思いますので、皆様奮ってご参加下さい。

________________________________________

日時:平成23年6月27日(月) 16:00〜17:30
場所:コラボ・ステーションI 視聴覚ホール(2階)
演者:珠玖 洋 先生 (三重大学大学院医学研究科・教授)
演題:複合的がん免疫療法の開発研究 -T細胞の特異性、量、そして質の向上-

 T細胞により認識されるヒト癌抗原分子/抗原ペプチドの同定は、がんに対する特異的免疫療法の道を切り拓いた。癌抗原のペプチド、蛋白分子、核酸や、癌細胞そのものが免疫源として用いられ、多彩ながんワクチンの開発が、抗原特異的T細胞の活性化誘導と、それによる疾患のコントロールを目指して取り組まれている。我々は、癌を免疫的に制御し駆逐するには、標的細胞を直接破壊するCD8⁺キラーT細胞に加えて、その活性を増強持続させるCD4⁺ヘルパーT細胞が重要であることを指摘して来た。その為に、がんワクチン抗原として、キラーT細胞およびヘルパーT細胞の両者が認識する抗原ペプチドを含んだ「蛋白抗原分子」を用い、又、蛋白抗原を最終的にキラーT細胞とヘルパーT細胞の両者に届け得る「抗原デリバリーシステム」としての疎水化多糖(Cholesterol Hydrophobized Polysaccharides;CHP)を開発してきた。CHP-抗原蛋白複合体による多価性がんワクチンの開発が、現在第I相治験として進められている。
 異なったアプローチとして、宿主内のがん反応性T細胞の不足を補うべく、体外(exvivo)で培養活性化したT細胞の輸注療法が検討されている。我々はそのひとつとして、癌特異的T細胞クローンから単離したT細胞レセプター(TCR)遺伝子を、レトロウイルスベクターを用いて患者リンパ球にex vivoで導入、増殖後に輸注するTCR改変T細胞療法の開発を進めている。TCR改変T細胞がinvivoで効果的に働くためには、T細胞輸注に加えて抗原ペプチドワクチンを投与することによるリンパ球活性化が必要であることを見い出した。現在これらの基礎的知見を反映したプロトコールでの臨床試験を進めている。T細胞のがん特異性、質と量という最も重要な課題の解決を踏まえつつ、これらの異なったアプローチを組み合わせた複合的がん免疫療法の開発には強い期待がかけられている。

________________________________________

世話人:藤田雅俊(薬学研究院)











セミナー6月のグランドラウンド(CPC)のお知らせ

  • [開催日時]2011年6月28日(金)18:00-19:00
  • [開催場所]臨床大講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
日程: 6月28日(火)午後6時~7時

場所: 臨床大講堂

テーマ:「CPC(臨床病理検討会)レポート(剖検報告)の書き方(1)」

演題:「血栓性血小板減少性紫斑病の合併が疑われた播種性血管内凝固症候群の1剖検例」

講師:救命救急センター 赤星朋比古 先生/病理病態学 伊地知佳代先生、古賀孝臣先生

司会: 臨床教育研修センター 林  純、 岡田 享子

・本会は全科・全職員に対してオープンです。当院の医師だけでなく、看護師、薬剤師、 検査技師、学生さん、近隣の医療機関で研修されている先生方など、多くの方々の ご参加を歓迎いたします。

・特に九大病院研修医の先生は、毎月(第4火曜日)の出席状況が卒後研修評価の一つの参考資料とされますので、是非出席をお願い致します。
 なお、研修医手帳(青色)をご持参ください。出席の確認印を押します。

共催: 臨床教育研修センター、福岡医学会
協賛: 財団法人恵愛団 
後援: 九州大学病院医師会、北部九州における循環型高度医療人養成事業

---------------------------------------------
九州大学病院 臨床教育研修センター
       林  純(臨床教育研修センター長)
---------------------------------------------


セミナー第 67 回 先端医工学セミナーのお知らせ ( 6/29のセミナーです)

  • [開催日時]2011年6月29日(水)18:00-19:00
  • [開催場所]West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
6月29日(水)午後6時より先端医工学セミナーを開催いたします。今回は、信州大学の中山昇先生をお迎えし、介護用ロボット等の開発に関するご講演を賜ります。 大変興味深いご講演を拝聴できると思います。どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

演者: 信州大学 工学部機械システム工学科  中山 昇先生

講演名:福祉・介護用柔軟接触荷重センサと医療用材料の開発

日 時:6月29日(水)  18:00~19:00
場  所:West Wing 3階  内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
共 催:福岡医学会

抄録
平成20年7月24日に開催された厚生労働省の「第1回 安心と希望の介護ビジョン」によるとH19年11月末の要介護認定者数は451万人であり、H12年4月末から約2倍に増加している。さらに、日本の75歳以上人口の割合は現在10人に1人の割合であるが、2030年には5人に1人、2055年には4人に1人になると推計されているが、介護士の数は増えておらず十分な介護を受けられない可能性がある。
 工場等では人間とロボットの共同作業によって製品を製造することは常識となってきている。現在のロボット(特にロボットアーム部)の表面は金属製のボディーであり、人間と接触すると危険である。今後は、医療や福祉にロボットを使用することは間違いなく、作業ロボットと人とが接触する可能性が高くなる。例えば、ロボットと人間の間で予想をしていなかった接触が起こった場合に、荷重、荷重位置や荷重方向を検出することができず、そのままロボットが動けば、人に危害を与えることは容易に想像できる。今後、ロボットと人間が共存するために、人や物がロボットと接触しても安全であるように、ロボットの表面を柔軟変形する材料でコーティングして、且つ微小な荷重と荷重位置・荷重方向を測定できるセンサを開発する必要がある。 例えば、介護用ロボットで患者を抱きかかえた場合、腕の関節に設置している6軸のトルクセンサでトルクの量を判断し持ち上げるためにモーターに出力を与え、患者を持ち上げる。つまり、患者の重さや位置を把握するわけではないので、患者を落とす可能性があり、さらに患者は無理な体勢になる場合や過度の荷重が患者へ負荷される危険性がある。つまり、従来のロボットとトルクセンサでは、患者の位置や重さを把握することができないので、患者を落とすことも考えられ非常に危険である。 本研究グループでは、柔軟で且つ三軸方向(垂直方向、せん断方向)の荷重を容易に
測定することができる新しいセンサを開発した。 本講演では、開発した新しいセンサおよび当研究グループが進めている医療用材料
の開発について説明した後、実際のセンサのデモンストレーションを行う。





ページの先頭へ戻る