TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2011年9月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー九州大学医学部保健学科公開講座

  • [開催日時]2011年9月10日(土)13:30-16:00
  • [開催場所]九州大学医学部百年講堂中ホール
  • [対象]
備考・問合せ先
医学研究院保健学部門広報委員会よりお知らせいたします。第9回医学部保健学科公開講座を下記の要領で開催いたします。
日時:平成23年9月10日(土)13:30~16:00
場所:九州大学医学部百年講堂中ホール
タイトル:「がんを知る」
入場無料

詳しくは保健学部門ホームページhttp://www.shs.kyushu-u.ac.jp/のポスターをご覧下さい。

皆様のご参加をお待ちしています。
--
保健学部門広報委員長 大喜雅文


セミナー生医研セミナーのお知らせ

  • [開催日時]2011年9月13日(火)17:00-18:30
  • [開催場所]生体防御医学研究所 本館1F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
*************** 生医研セミナーのお知らせ ***************

演者:小布施 力史 先生
所属:北海道大学・大学院先端生命科学研究院・教授

タイトル:「HP1結合タンパク質から見えてきたヘテロクロマチンの機能」

日時:2011年9月13日(火)17:00~18:30
場所:生体防御医学研究所 本館1F 会議室

小布施先生はプロテオミクスを駆使したアプローチから、染色体構造やエピゲノム制御に関わる重要分子であるHP1の機能を明らかにした大変面白い研究を展開されています。私は先日の某学会で小布施先生の発表を聴いて目から鱗が落ちる思いがしました。是非皆さんも同じ思いを共有していただきたいと思い、わざわざ九大までお越し願うことにしました。是非とも奮ってご参加下さい!

参考文献
Human POGZ modulates dissociation of HP1alpha from mitotic chromosome arms
through Aurora B activation.
Nozawa RS, Nagao K, Masuda HT, Iwasaki O, Hirota T, Nozaki N, Kimura H,
Obuse C.
Nat Cell Biol. 2010 Jul;12(7):719-27. Epub 2010 Jun 20.

A conserved Mis12 centromere complex is linked to heterochromatic HP1 and
outer kinetochore protein Zwint-1.
Obuse C, Iwasaki O, Kiyomitsu T, Goshima G, Toyoda Y, Yanagida M.
Nat Cell Biol. 2004 Nov;6(11):1135-41. Epub 2004 Oct 24.

世話人:生医研・分子発現制御学 中山 敬一(内線6815)

セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(9月16日:小児外科)の御案内

  • [開催日時]2011年9月16日19:00-20:00
  • [開催場所]九州大学大学院医学研究院 臨床小講堂1
  • [対象]
備考・問合せ先
9月16日午後7時より九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児外科)を
開催いたします。

今回は群馬県立小児医療センターアレルギー感染免疫科部長 山田佳之先生をお迎えし、「小児の好酸球性消化管疾患 好酸球性食道炎を中心に-」と題してご講演を賜ります。興味深いお話を拝聴できるものと思います。万障お繰り合わせの上、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

演 者:        群馬県立小児医療センター アレルギー感染免疫科 部長
                山田 佳之 先生

講演名:        「小児の好酸球性消化管疾患 好酸球性食道炎を中心に-」

講演要旨:
好酸球性消化管疾患(Eosinophilic Gastrointestinal Disorders, EGID)はアレルギーが主な原因であり、好酸球性食道炎(EoE)、胃腸炎、腸炎に分類される。なかでもEoEは欧米を中心に、この10年で認知され研究が進んだ疾患である。ある地域では小児1000人に1人とも言われているが、本邦小児での報告は極めて少ない。そこで我々は昨年から小児での実態調査を行っている。
日本小児外科学会関連施設を中心とした後方視的調査では10例が病理学的にEoEと診断された。また興味深いことに先天性食道閉鎖術後あるいは食道狭窄患者で病理所見上ではEoEと診断できる症例が存在していた。本研究会ではEoEを中心としたEGIDについて本邦での現状も含め概説したい。

日 時:        平成23年 9月16日(金)19:00~20:00
場 所:        九州大学大学院医学研究院 臨床小講堂1


******************************************************************
家入 里志 (Satoshi IEIRI, M.D., Doctor of Medical Science.)
九州大学大学院医学研究院生殖発達医学講座小児外科学分野


セミナー臨床遺伝医療部スタッフカンファレンスのご案内

  • [開催日時]2011年9月16日(金)16:30-
  • [開催場所]北棟6階病棟カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
次回の臨床遺伝医療部スタッフカンファレンスのご案内をいたします。遺伝カウンセリングにご関心のある先生方はどなたでもご来聴ください。
日時:平成23年9月16日(金) 16:30 から
場所:北棟6階病棟カンファレンスルーム
議題: 糖原病II型(乳児型ポンペ病)の遺伝相談

---
井原健二
九州大学病院
総合周産期母子医療センター/小児科/臨床遺伝医療部

セミナー遠隔医療セミナーのお知らせ 「第274回アジア遠隔医療ネットワークイベント」

  • [開催日時]2011年9月21日(水)16:00-18:00
  • [開催場所]アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
****************第274回アジア遠隔医療ネットワークイベント****************

イベント名:内視鏡手術ライブデモ

アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)では、9月21日(水)に腹腔鏡によるライブ手術を担当します。このイベントでは九大病院から、南アフリカの大学病院やベトナムの基幹病院を接続し、大腸切除術の様子を配信します。下記にプログラムをコピーしております。興味のある方は、どなたでもご参加ください。

日時:平成 23年 9月 21日 (水曜日)16:00~18:00

場所:アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)

接続施設:
1)九大病院:術者Dr 植木隆、モデレータ:当間宏樹(第1外科),Dr Sean
2)ケープタウン大学病院(ケープタウン・南アフリカ):Dr Thomson
3)クワズルナタール大学病院(ダーバン・南アフリカ):Dr Sharon
4)チョウライ病院(ホーチミン・ベトナム):Dr Trung, Dr Ai, Dr Tu

*************************************************************************
プログラム(すべて英語で行われます。)
16:00-16:10 : Opening remarks and case presentation
16:10-17:50 : Live surgery : Laparoscopic total colectomy (Dr Ueki, Dr Toma)
17:50-18:00 : Closing remarks from each station
*************************************************************************

本イベントの問合せ先は、下記にお願いいたします。

九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター
野田陽子、清水周次

URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/






ページの先頭へ戻る