TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2011年11月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第 596回生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2011年11月29日(火)15:30-16:30
  • [開催場所]生体防御医学研究所 本館1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
■第596回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)グローバルCOE理医連携セミナー ゲノミクスエピゲノミクス研究拠点セミナーのご案内■

この度、中国科学院上海生命科学研究院の徐国良(Guoliang Xu)先生に生体防御医学研究所でのセミナーをお願い致しました。このセミナーでは、マウス受精胚ゲノムにおける5-メチルシトシンの水酸化が、多能性遺伝子の活性化や移植体細胞核のリプログラミングに重要な役割を果たすことについてお話しいただきます。その成果は2つのhigh impact journalに最近掲載されています。講演は英語で行われます。ご来聴を歓迎致します。

演題: DNA oxidation towards totipotency in mammalian development【Seminar in English】
演者: 徐 国良 先生   Prof. Guoliang Xu 中国科学院生命科学研究院 教授
Institute of Biochemistry and Cell Biology, Chinese Academy of Sciences, Shanghai
日時: 平成23年11月29日(火)15:30~16:30 Nov.29, 2011 (Tue), 15:30~16:30
場所: 馬出医学系キャンパス内 ■第596回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)グローバルCOE理医連
携セミナー
 ゲノミクスエピゲノミクス研究拠点セミナーのご案内■

この度、中国科学院上海生命科学研究院の徐国良(Guoliang Xu)先生に生体防御医学
研究所でのセミナーをお願い致しました。このセミナーでは、マウス受精胚ゲノムに
おける5-メチルシトシンの水酸化が、多能性遺伝子の活性化や移植体細胞核のリプロ
グラミングに重要な役割を果たすことについてお話しいただきます。その成果は2つ
のhigh impact journalに最近掲載されています。講演は英語で行われます。ご来聴
を歓迎致します。

演題: DNA oxidation towards totipotency in mammalian development【Seminar in
English】
演者: 徐 国良 先生   Prof. Guoliang Xu
      中国科学院生命科学研究院 教授
      Institute of Biochemistry and Cell Biology, Chinese Academy of
Sciences, Shanghai
日時: 平成23年11月29日(火)15:30~16:30
      Nov.29, 2011 (Tue), 15:30~16:30
場所: 馬出医学系キャンパス内 生体防御医学研究所 本館1階会議室
      Medical Institute of Bioregulation, Main Building 1F, Seminar Room
要旨:
Sperm and eggs carry distinctive epigenetic modifications that are adjusted by reprogramming following fertilization. The paternal genome undergoes active DNA demethylation before the first mitotic division. The biological significance and mechanisms of paternal epigenome remodeling have remained unclear. We find that, within mouse zygotes, oxidation of occurs in the paternal genome, changing 5-methylcytosine (5mC) into 5-hydroxymethylcytosine (5hmC). In Tet3-deficient zygotes from conditional knockout mice, the conversion of 5mC into 5hmC fails to occur. Thus, the loss of 5mC in the paternal genome in zygotes is caused by its conversion to 5hmC mediated by Tet3. Deficiency of Tet3 also impedes demethylation at the
paternal copy of genes such as Oct4 and Nanog and delays the subsequent reactivation of Oct4 in early embryos. Heterozygous mutant embryos lacking maternal Tet3 suffer increased developmental failures, with female mice depleted of Tet3 in the germ line displaying severely reduced fecundity.
Importantly, oocytes lacking Tet3 also show impaired reprogramming of injected somatic cell nuclei. We conclude that Tet3-mediated DNA oxidation is essential for epigenetic reprogramming in the early embryo following natural fertilization, as well as for the reprogramming of somatic cell nuclei during animal cloning.

1. Tian-Peng Gu, et al.    The role of Tet3 DNA dioxygenase in epigenetic reprogramming by oocytes.
Nature, 477: 606-610, 2011.
2. Yu-Fei He, et al.    Tet-mediated formation of 5-carboxylcytosine and its excision by TDG in
mammalian DNA. Science 333: 1303-1307, 2011.

連絡先: 生体防御医学研究所 エピゲノム学分野 佐々木 裕之
        Division of Epigenomics, MIB, Hiroyuki SASAKI (092-642-6759)

セミナーセミナー(唾液)のご案内

  • [開催日時]2011年11月29日(火)16:45-18:00
  • [開催場所]九州大学歯学部 基礎棟2階 示説室
  • [対象]
備考・問合せ先
***************** 大学院セミナーのお知らせ(本日) ****************

大学院セミナーを開催いたします。「唾液」に関する最新トピックをお話して頂く予定です。興味をお持ちの皆様には是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。
日時:2011年 11月 29日(火曜)16:45~18:00

稲永清敏 教授 (九州歯科大学・健康促進科学専攻・生命科学講座・生理学分野)

タイトル「カテコールアミンによる喉の渇きの中枢性調節」

http://www2.kyu-dent.ac.jp/depart/physiology/index.html

場所:九州大学歯学部 基礎棟(東門を入って左手の建物) 2階 示説室

お問い合わせ********************
二ノ宮裕三

セミナーNST 研修会のご案内

  • [開催日時]2011年11月30日(水)17:30-18:00
  • [開催場所]共用会議室2(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
 日頃より栄養管理にご理解とご協力ありがとうございます。早速ですが、NST研修会を下記のとおり行います。
皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。
日 時:平成23年11月30日(水)17:30~18:00

場 所:共用会議室2(北棟2階)

テーマ:「脂肪製剤のすすめ」

講 師:救命救急センター NST委員会副委員長 野田 英一郎先生

*業者によるの商品説明も10分程度予定されています。

*NSTリンクスタッフの方は、研修会から会議となっておりますので、 是非、出席くださいますようお願いいたします。

問合せ先:栄養管理室 山口(5176)




セミナーセミナーのお知らせ

  • [開催日時]2011年11月30日17:00-18:00
  • [開催場所]コラボステーションI 1階 学生セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先
九州大学グローバル30の非常勤講師として、シアトル・ワシントン大学神経内科学長および学術誌GLIAのchief editorをしておられるブルース・ランソム教授が来られていますので、この機会に以下の講演をしていただくことになりました。
皆さまのお越しをお待ちしております。

日時:11月30日(水) 17-18時
場所:コラボステーションI 1階 学生セミナー室

講演タイトル・演者および内容:

New Insights About Peripheral Nerve Function: Schwann cell Glycogen and Axon
Function During Hypoglycemia

Bruce R. Ransom, M.D., Ph.D.
Magnuson Professor and Chair,
Department of Neurology, University of Washington Seattle Washington

Abstract:

Glycogen, the storage form of glucose, is important in the central nervous
system where it supports axon function, and prevents injury, during
hypoglycemia. We studied peripheral nerve to determine if glycogen was
present and if it had a role in supporting the function of peripheral nerve
axon function during hypoglycemia. We found that glycogen is present in
relatively high concentration in mammalian sciatic nerve. Glycogen is
located primarily in Schwann cells and has dramatic benefit for large
diameter, myelinated axon function during hypoglycemia. The mechanisms of
these findings along with their clinical implications will be presented.


野田 百美(のだ まみ)
九州大学・大学院・薬学研究院・病態生理学分野
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
Tel/Fax: 092-642-6574
e-mail: noda@phar.kyushu-u.ac.jp
http://seiri.phar.kyushu-u.ac.jp/index.html






ページの先頭へ戻る