TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2011年11月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第595 回生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2011年11月2日(水)16:00-17:30
  • [開催場所]総合研究棟 セミナー室105
  • [対象]
備考・問合せ先
******第595回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)・グローバルCOE理医連携セミナー・免疫機構研究セミナーのご案内******

演題:個別生物学とトランスオミクスとの 連携を担う定量システム生物学

演者:堀本勝久 先生 産業技術総合研究所生命情報工学研究センターチーム長

日時:日時:平成23年11月2日(水) 16:00~17:30

場所:総合研究棟 セミナー室105

連絡先:生体防御医学研究所  ゲノム病態学分野 谷 憲三朗 内)6434





セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)のご案内

  • [開催日時]2011年11月8日(火)19:00-20:00
  • [開催場所]北6階 カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
本日、11月8日(火曜日)午後7時より九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を開催いたします。
また今回は、ゆりかごネットのラインカンファレンスも同時並行で行う予定です。どなたでもご参加できます。多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

日時:11月8日(火曜日)19時~20時
場所:九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム (小児医療センター内)

講演タイトル:症候からみた診断へのアプローチ「肉眼的血尿」

演者:西山慶、井藤奈央子

肉眼的血尿を呈する疾患は、糸球体疾患から下部尿路疾患、self-limitingな病態から悪性疾患まで多岐にわたる。その中には、専門医でも診断に苦慮するものもあれば、一般小児科医でも画像検査のみで診断できるものもある。今回は、我々が経験した3症例を提示しながら、同じ肉眼的血尿を主訴に来院した患児が、それぞれの診断に至るまでの経緯とポイントについて概説する。

+++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科


セミナー第6回 歯科麻酔科 特別講演会のお知らせ

  • [開催日時]2011年11月10日(木)17:30-18:30
  • [開催場所]歯学部学生実習棟2F 示説室
  • [対象]
備考・問合せ先
11月10日(木曜)午後5時30分より、帝京大学医学部麻酔科学講座・集中治療部 准教授水野樹先生をお招きして、歯科麻酔学分野の大学院講義を兼ねてご講演を賜ります。水野先生は麻酔・集中治療の分野で活躍されており、研究者としても心臓の生理を中心にロジスティック解析を用いた研究で多大な業績をお持ちです。フランスやアメリカへも留学されており、国際的に活躍されております。今回は「心機能と循環変動の新評価法」というタイトルですが、血圧、脈拍数から始
まり、左心室圧、心筋張力などについて興味深いお話を拝聴できると思います。どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

 演 者:帝京大学医学部麻酔科学講座・集中治療部 准教授 水野 樹  先生

 講演名: 「心機能と循環変動の新評価法」 
日   時:  11月10日(木曜) 17:30~18:30

場   所:  歯学部学生実習棟2F 示説室

********************************************************
横山武志
九州大学大学院 歯学研究院
口腔顎顔面病態学講座 歯科麻酔学分野




セミナーThe 592th MIB Seminar/第592回生医研セミナーのご案内【Seminar in English】

  • [開催日時]2011年11月14日(月)17:00-18:00
  • [開催場所]総合研究棟セミナー室105
  • [対象]
備考・問合せ先
■第592回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)グローバルCOE理医連携セミナー ゲノミクスエピゲノミクス研究拠点セミナーのご案内■

この度、京都大学iPS細胞研究所の山田泰広先生に生体防御医学研究所でのセミナーをお願い致しました。このセミナーでは、iPS細胞利用の最大の障壁と考えられているがん化の問題と、細胞のリプログラミングとの関係について議論していただきます。講演は英語で行われます。ご来聴を歓迎致します。

演題: Cellular reprogramming and cancer【Seminar in English】
演者: 山田 泰広 先生  Prof. Yasuhiro Yamada
      京都大学iPS細胞研究所/物質−細胞統合システム拠点 特定拠点教授
      Department of Reprogramming Science, Center for iPS Cell Research and Application (CiRA), iCeMS, Kyoto University
日時: 平成23年11月14日(月)17:00~18:00
      Nov. 14, 2011(Mon), 17:00-18:00
場所: 馬出医学系キャンパス内 総合研究棟セミナー室105
      Biomedical Research Station, 1F, Seminar Room 105
要旨:
Although the major concern with the potential clinical application of iPS cells is considered their propensity to form tumors, the underlying mechanisms of iPSC-related carcinogenesis remain unclear.  In this seminar, I will discuss the role of cellular reprogramming on cancer development and the possible mechanisms for iPSC-related carcinogenesis.

1. Yamada Y. et al. Rest promotes the early differentiation of mouse ESCs but is not required for their maintenance. Cell Stem Cell 6: 10-15, 2010.
2. Hochedlinger K. et al. Ectopic expression of Oct-4 blocks progenitor-cell differentiation and causes dysplasia in epithelial tissues. Cell 121: 465-477, 2005.

連絡先: 生体防御医学研究所 エピゲノム学分野 佐々木 裕之
        Division of Epigenomics, MIB, Hiroyuki SASAKI (092-642-6759)


★☆............................
平田 美由紀
九州大学生体防御医学研究所エピゲノム学分野

学会・シンポ第 10 回 JBS バイオフロンティア国際シンポジウム(九州大学創立百周年記念) 開催のお知らせ

  • [開催日時]2011年11月14日-11月16日(水)
  • [開催場所]ホテル ザ・ルイガンズ(海の中道)
  • [対象]
備考・問合せ先
第 10 回JBSバイオフロンティア国際シンポジウム(九州大学創立百周年記念) 開催のお知らせ

開催日が直前となりましたので重ねてお知らせいたします。

11 月 14 日(月)~ 16 日(水)に第 10 回 JBS バイオフロンティア国際シンポジウムNew Aspects of Phospholipid Biology and Medicine 2011を開催いたします。

この国際シンポジウムは日本生化学会共催のもと、「リン脂質機能の新機軸2011」をテーマとして国内外から関連分野の一流研究者を多数招き、九州大学創立百周年を記念して福岡で開催するものです。ご興味をお持ちの皆様のご参加を歓迎いたします。

日時:平成 23 年 11 月 14 日(月)13:00 - 18:15
11 月 15 日(火) 9:00 - 18:15
11 月 16 日(水) 9:00 - 16:30

場所:ホテル ザ・ルイガンズ(海の中道)
言語:英語
プログラム:下記サイトよりダウンロードしてご覧ください。
https://storage.iii.kyushu-u.ac.jp/public/KcJMwA0Ix84AfgIBWWQzxS1fh2wTmbzyC9H0Sreo5Slh

参加費:無料
但し会場で用意する昼食、夕食及び懇親会の希望は締め切らせていただきましたので各自で済ませてください。特にご希望のある方はお早めにご相談ください。

シンポジウム HP:
http://ku100.dent.kyushu-u.ac.jp/

聴講のみも歓迎いたします。
お問い合せは下記(竹内)まで。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

第10回JBSバイオフロンティア国際シンポジウム
New Aspects of Phospholipid Biology and Medicine 2011
組織委員長 平田 雅人

事務担当 竹内 弘
九州大学大学院歯学研究院
口腔細胞工学

ページの先頭へ戻る