TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年1月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナーThe 601th MIB Seminar/ 第 601回生医研セミナーのご案内【Seminar in English】

  • [開催日時]2012年1月19日(木)15:00-16:00
  • [開催場所]生体防御医学研究所 本館1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
■第601回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)グローバルCOE理医連携セミナー ゲノミクスエピゲノミクス研究拠点セミナーのご案内■

この度、イギリスCambridgeからThe Babraham InstituteのGavin Kelsey先生に生体防御医学研究所でのセミナーをお願い致しました。このセミナーでは、トランスクリプトーム解析およびエピゲノム解析により得られた、卵子におけるゲノムインプリンティング機構に関する最新の知見についてお話しいただきます。講演は英語で行われます。ご来聴を歓迎致します。

演題: Machanisms of DNA methylation establishment in female germ cells
【Seminar in English】
演者: Dr. Gavin Kelsey
Principal Research Scientist
Epigenetics Programme, The Babraham Institute, Cambridge, UK
日時: 平成24年1月19日(木)15:00~16:00
Jan. 19, 2012 (Thu), 15:00-16:00
場所: 馬出医学系キャンパス内 生体防御医学研究所 本館1階会議室
Medical Institute of Bioregulation, Main Building 1F, Seminar Room
要旨:
The mechanisms by which DNA methylation is established in mammalian cells are still poorly understood. Imprinted genes are an important model, as they are methylated in a gamete-specific manner and because in the female germline de novo methylation occurs in non-dividing cells. We are investigating why germline differentially methylated regions (gDMRs) of imprinted genes become methylated, whereas the great majority of CpG islands (CGIs) remain unmethylated. We have shown, using the imprinted Gnas locus, that transcription through gDMRs is required for their methylation in oocytes. We are testing whether a similar requirement applies at all maternally methylated gDMRs and whether the same principles also govern methylation of other CGIs in germ cells. Consistent with our model, mRNA-Seq analysis of growing oocytes at the onset of de novo methylation reveals that gDMRs at all maternally imprinted loci coincide with inactive promoters within active transcription units. Using reduced representation bisulphite sequencing (RRBS), an effective method for providing single base-pair resolution of methylation at CGIs, we identified >1000 CGIs methylated in mature oocytes. These CGIs depend on Dnmt3a and Dnmt3L for methylation,
revealing a general role for Dnmt3L beyond imprinting. Methylated CGIs are not discriminated by sequence features, indicating that non-sequence based properties primarily determine their methylation. Instead, methylated CGIs are preferentially located in active transcription units and depleted in H3K4me3, supporting a general transcription-dependent mechanism of methylation. We propose that transcription remodels histone modifications at gDMRs to a state permissive to the DNMT3a:DNMT3L complex.

1. Chotlalia, M. et al.
Transcription is required for establishment of germline methylation marks
at imprinted genes. Genes & Dev. 23, 105-117, 2009
2. Smallwood, S.A. et al.
Dynamic CpG island methylation landscape in oocytes and preimplantation
embryos. Nat. Genet. 43, 811-814 , 2011

連絡先: 生体防御医学研究所 エピゲノム学分野 佐々木裕之
Division of Epigenomics, MIB, Hiroyuki SASAKI



セミナーセミナーのお知らせ

  • [開催日時]2012年1月19日(木)17:00-18:00
  • [開催場所]コラボステーションI 1階セミナー室A,B
  • [対象]
備考・問合せ先
講師: Prof. ALEXEI VERKHRATSKY, MD, PhD, Dr. Sci.(英国マンチェスター大学・神経生理学教授)
タイトル:Astroglia in neurodegenerative diseases
日時;1月19日木曜日17時~18時
場所;コラボステーションI 1階セミナー室A,B


薬学研究員の客員教授として来福されておられるAlexei Verkhratsky (アレクセイ ヴァハラツキー)教授に、以下のようなセミナーをしていただくことになりました。氏は学術誌Cell Calciumの編集長でもあります。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

セミナーの内容:
Neuroglia is critically important for controlling the brain homeostasis and for mounting the brain defence against pathological insults. Here we overview recent data about the role of neuroglia in various types of neurodegenerative diseases (Alzheimer’s disease, Parkinson’s disease,fronto-temporal dementia, Wernicke encephalopathy, amyotrophic lateral sclerosis and immunodeficiency virus-1 associated dementia). In all these forms of neurodegeneration, astroglia undergoes complex morphological and functional changes. The early and mid-term stages of neurodegenerative
processes, and specifically of Alzheimer’s disease, are associated with generalised atrophy of astroglia, whereas the later stages are characterised with an astrogliosis and microglial activation linked to neuropathological lesions such as senile plaques. Atrophic changes in astroglia may contribute to the initial cognitive deficits due to reduced glial synaptic coverage and decreased neuroprotection.


野田 百美(のだ まみ)
九州大学・大学院・薬学研究院・病態生理学分野
http://seiri.phar.kyushu-u.ac.jp/index.html





セミナー第513回脳研カンファレンスのご案内

  • [開催日時]2012年1月19日(木)17:30-18:30
  • [開催場所]臨床研究棟1階カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
1月19日(木)に、脳研カンファレンスを行います。多発性硬化症の新薬に関するご講演です。多数の皆様のご参加をお待ちしております。(学生可)

日時:1月19日(木) 午後5時30分~6時30分
場所:臨床研究棟1階カンファレンスルーム
演者:Ludwig Kappos 教授(Department of Neurology, University Hospital Basel, Switzerland)
演題:New treatments for multiple sclerosis - from bench to bedside and bedside to bench

医学研究院神経内科学
大八木保政

セミナー久枝一教授大学院特別講義のご案内

  • [開催日時]2012年1月20日(金)15:00-16:00
  • [開催場所]病院地区総合研究棟1F,104講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
 医学系学府保健学専攻修士課程の特別講義を下記の日程で開催します。今回は、群馬大学教授、久枝 一先生のマラリア感染に関する特別講義です。大学院生の皆さんはもとより、研究者、教員の皆様のご参加を歓迎いたします。

講師:久枝 一 教授 群馬大学大学院医学系研究科環境病態制禦系国際寄生虫病学

題目:「古くて新しい寄生虫感染症、マラリア、撲滅のための基礎的研究」

日時:平成24年1月20日(金)、15時~16時

場所:病院地区総合研究棟1F,104講義室

梅村 創

九州大学大学院医学研究院保健学部門
検査技術科学分野検査血液学・教授

参考:

1. A critical role for phagocytosis in resistance to malaria in iron-
deficient mice. Matsuzaki-Moriya C, Tu L, Ishida H, Imai T, Suzue K,
Hirai M, Tetsutani K, Hamano S, Shimokawa C, Hisaeda H. Eur J Immunol.
2011 May;41(5):1365-75.


2. Development of experimental cerebral malaria is independent of
IL-23 and IL-17. Ishida H, Matsuzaki-Moriya C, Imai T, Yanagisawa K,
Nojima Y, Suzue K, Hirai M, Iwakura Y, Yoshimura A, Hamano S,
Shimokawa C, Hisaeda H.

Biochem Biophys Res Commun. 2010 Nov 26;402(4):790-5.


3. Malaria parasites require TLR9 signaling for immune evasion by
activating regulatory T cells. Hisaeda H, Tetsutani K, Imai T, Moriya
C, Tu L, Hamano S, Duan X, Chou B, Ishida H, Aramaki A, Shen J, Ishii
KJ, Coban C, Akira S, Takeda K, Yasutomo K, Torii M, Himeno K. J
Immunol. 2008 Feb 15;180(4):2496-503.

セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児外科:1月20日)のお知らせ

  • [開催日時]2012年1月20(金)18:00-19:00
  • [開催場所]北棟6F 小児医療センターカンファレンスルーム(予定
  • [対象]
備考・問合せ先
1月20日午後6時より九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児外科)を開催いたします。どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。
今回は教室のOBであり現在、中野こども病院に勤務されている藤井 喜充先生をお招きし、小児に対する超音波診断に関するご講演を賜ります。どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

演 者:中野こども病院 医長 藤井 喜充先生

要 旨:
1)「小児の腹部エコー 小児外科医ならココをみる!」
小児医療・ことに小児科医にとって腹部はブラックボックスであり、腹部疾患の徴候があると小児外科にすぐ紹介する傾向がある。小児外科としては「最後の診断」を下さなくてはいけない訳で各種画像診断を駆使することになるが、麻酔鎮静を要さず被爆もない超音波検査のウエイトは大きい。また、小児外科疾患の殆どが超音波検査で診断がついてしまうのも事実である。小児救急現場10年間の経験症例から、小児科としては「ここを視てほしい」キモ、小児外科としては「知っておかねばならない」ツボを厳選し呈示する。

2)「便塞栓の超音波的評価」田口教授も作成中心者の一人である小児機能性便秘のガイドラインの一分野として、画像診断スキルに超音波検査が導入されることになった。経験症例と文献から作成した便秘の超音波的診断基準試案を(時間的余裕があれば)呈示する。

日 時:1月20日(金)18:00~19:00
場 所:北棟6F 小児医療センターカンファレンスルーム(予定)

**************************************************************************
家入 里志 (Satoshi IEIRI, M.D., Doctor of Medical Science.)
九州大学大学院医学研究院生殖発達医学講座小児外科学分野
Department of Pediatric Surgery,
Reproductive and Developmental Medicine
Faculty of Medical Sciences, Kyushu University
九州大学病院先端医工学診療部
Department of Advanced Medicine and Innovative Technology,
Kyushu University Hospital
**************************************************************************







ページの先頭へ戻る