TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年1月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー「筋生理学研究会」第5回講演会のご案内について

  • [開催日時]2012年1月27日(金)15:00-
  • [開催場所]九州大学農学部1号館(2階)266室
  • [対象]
備考・問合せ先
「筋生理学研究会」第5回講演会のご案内

 下記の通り、Dr. Judy E. ANDERSON先生(加国マニトバ大学、JSPS海外招聘研究者)と大川恭行 先生(九州大学医学研究院
エピジェネティクス分野)をお迎えし、筋生理学研究会第5回講演会を開催します。ご多忙とは存知ますが、ご参加頂きますようご案内申し上げます。
 また、講演会終了後、懇親会を開きますので、ご参集いただければ幸いです。参加をご希望される場合にはご連絡ください。

日 時:平成24年1月27日(金)午後3時から2時間程度
場 所:九州大学農学部1号館(2階)266室

連絡先:動物・海洋生物資源学講座 畜産化学研究室
辰巳隆一 内線:(99-)2950
水野谷航 内線:(99-)3079
中村まこ  内線:(99-)7173

セミナーウイルス学セミナーのご案内

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]平成24年1月27日(金) 17:00-18:00
  • [開催場所]総合研究棟 104号室
  • [対象]学生参加可能
備考・問合せ先
HTLV-1による発癌機構に関して優れた業績を挙げておられる新進気鋭の佐藤賢文博士にセミナーをして頂きます。ご興味のある方々のご出席を歓迎致します。

演題:ウイルス遺伝子HTLV-1 bZIP factor (HBZ)による病原性発現機構
演者:佐藤 賢文博士
Department of Immunology, Imperial College
Wright-Fleming Institute, London
日時:平成24年1月27日(金) 17:00-18:00
場所:総合研究棟 104号室

要旨
 ヒトT細胞白血病ウイルス1型(human T-cell leukemia virus type 1; HTLV-1)は末梢性CD4陽性T細胞の腫瘍である成人T細胞白血病(adult T-cell leukemia; ATL)の原因ウイルスである。HTLV-1は一部の感染者でHTLV-1関連脊髄炎(HTLV-1 associated myelopathy/tropical spastic paraparesis; HAM/TSP)などの慢性炎症性疾患を引き起こす事も知られている。ウイルスの発見から30年以上経過した現在でも、その病原性発現メカニズムについては不明な点が多く、ATLやHAM/TSPの有効な治療法は未だ確立されていない。
 われわれは、これまでの研究でHTLV-1のマイナス鎖にコードされるHBZ遺伝子の新規転写産物を見出し、その転写は全てのATL細胞で発現し、ATL細胞の増殖に関わることを明らかにしてきた。次にHBZ遺伝子トランスジェニックマウスを作製し、ウイルス病原性における役割について解析を行った。その結果、HBZ-TgマウスはHTLV-1感染者類似の慢性炎症性疾患やT細胞リンパ腫を発症したことから、HBZがHTLV-1の病原性において重要な働きをしている事が明らかとなった。さらにその分子メカニズムとして、HBZが制御性T細胞の機能・分化に重要な役割を担う転写因子FoxP3と機能的、物理的に相互作用することを見出した。つまり、HTLV-1は宿主細胞でウイルス遺伝子HBZを発現させ、宿主の転写制御機構を撹乱する事により、自身の生き残りを図るとともに、ウイルス病原性を発現していると考えられる。
 本セミナーでは、以上の研究内容を中心に紹介し、今後の展開についても考察したい。

Satou Y, Yasunaga J, Zhao T, Yoshida M, Miyazato P, Takai K, Shimizu K, Ohshima K,

セミナー精神医学セミナー

  • [開催日時]2012年1月27日(金)13:00-
  • [開催場所]九大病院ウェストウィング・カンファルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
Medicalizationについていち早く警鐘を鳴らし、[精神疾患の社会的意味]について深く考察されている、辛口のMetzel教授が来日します。福岡にも、来てくださるそうなので、講演を御願いしました。

[講演日時]  2012年1月27日(金曜)午後1時から
[講演場所]  九大病院ウェストウィング・カンファルーム
[講演タイトル]「The Protest Psychosis: How Schizophrenia Became a Black Disease」
[講師] Jonathan Metzl, MD, PhD,
Frederick B. Rentschler II Professor of Sociology and Medicine, Health, and Society, Director, Program in Medicine, Health, and Society, Professor of Psychiatry, Vanderbilt University, Nashville, TN
[講演概要]
Over the past decade, neuroscience has made significant progress toward understanding the neurobiological basis of schizophrenia. Yet, popular attitudes about schizophrenia remain largely unaffected by scientific advances. Surveys of popular opinion consistently link schizophrenia, not to brain biology, but to a host of social misperceptions. Chief among these is the association between schizophrenia and violence. For instance, the percentage of the population who view persons with schizophrenia as being "dangerous or unpredictable" more than doubled over the latter half of the twentieth century, even though research shows that, far from posing a threat to others, people diagnosed with schizophrenia have victimization rates 65 to 130 percent higher than those of the general public.

This talk explores the historical disconnect between science and society regarding beliefs about schizophrenia. It explores the surprising and often inadvertent ways in which American beliefs about the criminality of schizophrenia emerged in the 1960s- and 1970s in context of a larger set of conversations about race. Over this vital twenty-year time period, research about aberrations in brain biology unintentionally combined with growing cultural anxieties about civil rights. Meanwhile, reports about new "psychochemical" technologies of symptom control merged with concerns about the "uncontrolled" nature of urban unrest.
As these historical contingencies evolved, the American public, and at times members of the scientific community, increasingly described schizophrenia as a violent social disease, even as biomedicine argued that schizophrenia was a disorder of biological brain function.

The analysis highlights the complex relationships between science, medicine, and American popular culture. Part one systematically analyzes popular beliefs about the biology of schizophrenia from the 1960s to the present. Part two tracks changing scientific understandings about the biology and race of schizophrenia. Finally, part three explores how popular, scientific, and medical notions of schizophrenia collided within the walls of a particular institution, the Ionia Hospital for the Criminally Insane in Ionia, Michigan. The talk's larger goal is to argue that stigmatizations of psychiatric disorders need be historically understood if they are to be effectively treated in the present day.

セミナー第72回先端医工学セミナーのお知らせ

  • [開催日時]2012年1月31日18:00-19:00
  • [開催場所]West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
第72回 先端医工学セミナーのお知らせ

1月31日(火)午後6時より先端医工学セミナーを開催いたします。今回は、日本赤十字九州国際看護大学学長 喜多悦子先生をお迎えし、途上国や紛争国における保健医療や先進工学に関するご講演を賜ります。大変興味深いご講演を拝聴できると思います。どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

演者: 日本赤十字九州国際看護大学学長 喜多悦子先生

演題:「Fragile states(失敗/破綻国家)の医療と先進工学」

日 時:1月31日(火) 18:00~19:00 
場 所:West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
共 催:福岡医学会

抄録
「アフガン、イラクの和平も「アラブの春」も足踏みしているかのように見えるが、これらの中にはいわゆる失敗国家とか破綻国家とよばれてきた国々も多い。紛争のない途上国とこれら紛争国における保健医療の問題と特に救急医療の実態について経験したところをお話し、国連などがどのように関与してきたか、また、わが国はどのような関与が可能かについて、お話させて頂きたい。」

***********************************
大内田研宙
九州大学医学研究院未来医用情報応用学講座/
臨床・腫瘍外科学/先端医工学診療部/
先端医療医学講座災害救急医学分野/
先端医療イノベーションセンター 
***********************************







ページの先頭へ戻る