TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年1月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第604回生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2012年1月10日(火)15:00-
  • [開催場所]コラボ・ステーション1(1階) 共同セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の要領でセミナーを開催いたします。ご興味ある方の御参加をお待ちしています。

******第604回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)・グ
ローバルCOE理医連携セミナー・免疫機構研究セミナーのご案内******

演題:オミックス情報解析から分かる遺伝子発現の進化から個別化医療まで

演者:中川 草 先生 米ハーバード大学客員研究員

日時:日時:平成24年1月10日(火)15:00-

場所:コラボ・ステーション1(1階) 共同セミナー室

連絡先:生体防御医学研究所 ゲノム病態学分野 谷 憲三朗 内)6434

セミナー第603回生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2012年1月10日(火)11:00-
  • [開催場所]コラボ・ステーション1(1階) 共同セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の要領でセミナーを開催いたします。ご興味ある方の御参加をお待ちしています。

******第603回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)・グローバルCOE理医連携セミナー・免疫機構研究セミナーのご案内******

演題:異質なオミックスデータの融合に基づく分子間相互作用ネットワークの予測

演者:山西 芳裕 先生 仏キュリー研究所研究員

日時:日時:平成24年1月10日(火) 11:00~

場所:コラボ・ステーション1(1階) 共同セミナー室

連絡先:生体防御医学研究所 ゲノム病態学分野 谷 憲三朗 内)6434

セミナー第602回生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2012年1月10日(火)9:00-
  • [開催場所]コラボ・ステーション1(1階) 共同セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の要領でセミナーを開催いたします。ご興味ある方の御参加をお待ちしています。

******第602回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)・グローバルCOE理医連携セミナー・免疫機構研究セミナーのご案内******

演題:微生物ゲノムインフォマティクス:これまでの研究内容と今後の方向性

演者:鈴木治夫 先生 米コーネル大学研究員

日時:日時:平成24年1月10日(火) 9:00-

場所:コラボ・ステーション1(1階) 共同セミナー室

連絡先:生体防御医学研究所 ゲノム病態学分野 谷 憲三朗 内)6434

セミナー臨床遺伝医療部スタッフカンファレンスのご案内

  • [開催日時]2012年1月13日(金)16:00-
  • [開催場所]北棟6階病棟カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
次回の臨床遺伝医療部スタッフカンファレンスのご案内をいたします。遺伝カウンセリングにご関心のある先生方はどなたでもご来聴ください。

日時:平成24年1月13日(金) 16:00 から
場所:北棟6階病棟カンファレンスルーム
議題: 血球貪食症候群/血球貪食性リンパ組織球症の遺伝相談

---
井原健二 九州大学病院
総合周産期母子医療センター/小児科/臨床遺伝医療部

セミナー小林隆志先生(慶應義塾大学)の大学院講義のご案内

  • [開催日時]2012年1月13日(金)16:40-18:10
  • [開催場所]基礎B棟1F(北西端)131室
  • [対象]
備考・問合せ先
保健学専攻免疫検査学論(大学院非常勤講師)小林隆志先生講義のご案内

1月13日金曜日夕刻,小林隆志先生に大学院修士課程免疫検査学論講義を御願いしています。

講師:小林隆志先生 應義塾大学医学部総合医 科学研究センター、准教授

場所:基礎B棟1F(北西端)131室

日時:平成24年1月13日(金)16:40〜18:10

題目:「病原体センサーと自然免疫」

小林隆志先生は、TRAF6やSOCSを中心に、免疫シグナルに関る優れた研究を遂行されています。今回は、病原体センサーと自然免疫との関連について興味深いお話をいただけると思います。正規の受講生以外の聴講も歓迎致します。

永淵正法
保健学専攻免疫検査学論担当

参考

1.Nakaya M, Hamano S, Kawasumi M, Yoshida H, Yoshimura A, Kobayashi T.
Aberrant IL-4 production by SOCS3-over-expressing T cells during infection
with Leishmania major exacerbates disease manifestations. Int Immunol. 23,
195-202, 2011.

2.Nagamatsu G, Kosaka T, Kawasumi M, Kinoshita T, Takubo K, Akiyama H,
Sudo T, Kobayashi T, Oya M, and Suda T.: A germ cell specific gene, Prmt5
works as somatic cell reprogramming. J Biol Chem. 286(12):
10641-10648.2011.

3.Miyamoto K, Yoshida S, Kawasumi M, Hashimoto K, Kimura T, Sato Y,
Kobayashi T, Miyauchi Y, Hoshi H, Iwasaki R, Miyamoto H, Hao W, Morioka H,
Chiba K, Kobayashi T, Yasuda H, Penninger JM, Toyama Y, Suda T and
Miyamoto T. Osteoclasts are dispensable for haematopoietic stem cell
maintenance and mobilization. J Exp Med. 208(11): 2175-2181.2011.

4.Mori T, Miyamoto T, Yoshida H, Asakawa M, Kawasumi M, Kobayashi T,
Morioka H, Chiba K, Toyama Y, Yoshimura A. IL-1beta and TNFalpha-initiated
IL-6-STAT3 pathway is critical in mediating inflammatory cytokines and
RANKL expression in inflammatory arthritis. Int Immunol. 23(11): 701-712.
(2011).


5.Kobayashi T, Kim TS, Jacob A, Walsh MC, Kadono Y, Fuentes-Pananá E,
Yoshioka T, Yoshimura A, Yamamoto M, Kaisho T, Akira S, Monroe JG, and
Choi Y.: TRAF6 is required for generation of the B-1a B cell compartment
as well as T cell-dependent and -independent humoral immune responses.
PLoS ONE. 4, e4736, 2009.

6. Yoshida R, Takaesu G, Yoshida H, Okamoto F, Yoshioka T, Choi Y, Akira
S, Kawai T, Yoshimura A, and Kobayashi T.: TRAF6 and MEKK1 Play a Pivotal
Role in the RIG-I-like Helicase Antiviral Pathway. J Biol Chem. 283,
36211-36220, 2008.

7. Ichiyama K, Yoshida H, Wakabayashi Y, Chinen T, Saeki K, Nakaya M,
Takaesu G, Hori S, Yoshimura A, and Kobayashi T.: Foxp3 inhibits RORgamma
t-mediated IL-17A mRNA transcription through direct interaction with
RORgamma t. J Biol Chem. 283, 17003-17008, 2008.

8.King CG, Kobayashi T, Cejas PJ, Kim T, Yoon K, Kim GK, Chiffoleau E,
Hickman SP, Walsh PT, Turka LA, and Choi Y. TRAF6 is a T cell-intrinsic
negative regulator required for the maintenance of immune homeostasis. Nat
Med. 12, 1088-1092, 2006.

9. Kobayashi T, Walsh PT, Walsh MC, Speirs KM, Chiffoleau E, King CG,
Hancock WW, Caamano JH, Hunter CA, Scott P, Turka LA, Choi Y. TRAF6 is a
critical factor for dendritic cell maturation and development. Immunity
19(3), 353-363. 2003.

10. Kobayashi T, Tonai S, Ishihara Y, Koga R, Okabe S, Watanabe T.
Abnormal
functional and morphological regulation of the gastric mucosa in histamine
H2 receptor-deficient mice. J. Clin. Invest. 105(12):1741-1749,2000.

ページの先頭へ戻る