TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年3月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー臨床遺伝医療部スタッフカンファレンスのご案内

  • [開催日時]2012年3月9日(金)16:00-
  • [開催場所]北棟6階病棟カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
次回の臨床遺伝医療部スタッフカンファレンスのご案内をいたします。
遺伝カウンセリングにご関心のある先生方はどなたでもご来聴ください。

日時:平成24年3月9日(金) 16:00 から
場所:北棟6階病棟カンファレンスルーム
議題: 脊髄小脳変性症(DRPLA)の遺伝相談
---
井原健二
九州大学病院
総合周産期母子医療センター/小児科/臨床遺伝医療部

セミナー歯学府大学院特別講義

  • [開催日時]2012年3月9日17:30-
  • [開催場所]歯学部臨床研究棟2階 201講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
3月9日17時30分より、東京大学医科研の清野 宏 先生をお招きして歯学府の大学院特別講義を行いますので、分野にかかわらず多くの方々の御来聴をお待ちしています。

ーーーーー< 記 >ーーーーー

大学院歯学府特別講義

日時:平成24年3月9日(金)17時30分より

場所:歯学部臨床研究棟2階 201講義室 (正門入って右側の建物(医系学部等事務がある建物)の2階です)

演者:清野 宏 教授 (東京大学医科学研究所 感染免疫部門 炎症免疫学分野)

講義タイトル:「粘膜系マスト細胞による恒常性と病態性炎症制御」
歯学研究院口腔顎顔面病態学講座顎顔面腫瘍制御学分野 中村誠司

<お問い合わせなどは下記へ>
大部 一成(Kazunari OOBU)
九州大学病院 顎口腔外科 院内PHS 7271

セミナーセミナーのご案内(グローバル30共催)

  • [開催日時]2012年3月12日(月)16:00-17:00
  • [開催場所]歯学研究院本館2階 示説室 (基礎棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
文部科学省事業「国際化拠点整備事業(大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業)」(グローバル30)との共催により、Frank A.D.T.G. Wagener博士のセミナーを下記の日時で開催いたします。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。


演題:The heme-heme oxygenase system in health and disease; implications for orofacial cleft patients
演者: Dr. Frank A.D.T.G. Wagener
Assistant Professor
Dept of Orthodontics and Craniofacial Biology, Radboud University Nijmegen Medical Centre, Nijmegen Centre for Molecular Life Sciences, Nijmegen, The Netherlands

日時:平成24年3月12日(月)16:00~17:00(60分)
場所:歯学研究院本館2階 示説室 (基礎棟2階)

<要旨>
The enzyme heme oxygenase (HO) is one of the most important cytoprotective proteins, and protects against injurious stimuli such as hypoxia, oxidative stress, and inflammation, and modulates differentiation, proliferation, apoptosis, and angiogenesis. Large amounts of free heme can induce oxidative stress and inflammation. By degrading heme, HO generates the versatile effector molecules iron (and its co-induced iron scavenger ferritin), the gaseous signaling molecule carbon monoxide (CO), and biliverdin. Biliverdin is further converted into the antioxidant bilirubin by the enzyme biliverdin reductase (BVR). Two isoforms of HO have been identified: HO-1 is the inducible isoform, and HO-2 is thought to be constitutively expressed.
HO-1 and HO-2 have been demonstrated to be down-regulated in the placenta during pathological pregnancies, suggesting an important role for HO in placental and embryologic development. We therefore wish to investigate whether deficiencies in genes participating in the defensive response may increase the risk for predisposed pregnant mothers of birth defects such as orofacial clefts (OFCs). Moreover, we intend to investigate the possible preventive and therapeutic effects of HO-1 on OFC formation.
Patients with OFCs require surgical corrections throughout childhood and early adulthood, which may result in adverse effects. Upon post-surgical wound healing, scar tissue forms that may interfere with proper dental and jaw development in the growing child. Unfortunately, the biological mechanisms behind scarring and the impact on the patient are still not fully understood. HO-derived cytoprotective molecules exert anti-inflammatory effects during wound healing, and we postulate that they reduce myofibroblast formation. We will discuss the potential effects of HO-derived cytoprotective molecules on pharmaceutically and loading-induced myofibroblast formation in cell and animal models. Together, our studies aim to better understand the etiology of orofacial clefting and scar formation and to find novel targets for preventive and therapeutic strategies.


<2011年参考文献>

1. Lundvig DMS, Immenschuh S, Wagener FADTG. Heme Oxygenase, inflammation and fibrosis. The Good, the Bad and the Ugly? Frontiers in Pharmacology 2012, invited review.
2. Scharstuhl A, Lundvig DMS, Cremers NAJ, Pennings B, Carels C, Wagener FADTG. Abrogation of HO-2 delays wound healing due to prolonged inflammation. (to be submitted, J Invest Dermatol 2012).
3. Hoek RM, LundvigAckermans M, Zhou H, Carels CEL, Wagener F, and J. Von den Hoff. Vitamin A and clefting: putative biological mechanisms. Nutrition Reviews 2011, 69:613-24
4. Wever KE, Wagener FA, Frielink C, Boerman OC, Scheffer GJ, Allison A, Masereeuw R, Rongen GA. Diannexin protects against renal ischemia reperfusion injury and targets phosphatidylserines in ischemic tissue. PLoS ONE 2011;6(8):e24276
5. K. Wever, M. Warlé, F. Wagener, J. Van der Hoorn, R. Masereeuw, J. van der Vliet and G. Rongen. Hind limb Remote Ischemic Pre-Conditioning (RIPC) protects against renal ischemia-reperfusion injury: the role of adenosine? Nephrology Dialysis Transplantation (2011, 26:3108-17)
6. Dekker D, Dorresteijn MJ, Pijnenburg M, Heemskerk S, Rasing-Hoogveld A, Burger D, Wagener FADTG, P Smits Experimental hyperbilirubinemia improves endothelial function in type 2 diabetes mellitus. Arteriosclerosis Thrombosis and Vascular Biology (2011) 31(2):458-63


世話人:野中和明(九州大学大学院歯学研究院・小児口腔医学分野、九大病院小児歯科)
問い合わせ先:九州大学大学院歯学研究院・小児口腔医学分野 山座治義

セミナー第516回脳研カンファレンスのご案内

  • [開催日時]2012年3月13日(火)17:30-18:30
  • [開催場所]臨床研究棟1階カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
3月13日(火)に脳研カンファレンスを行います。辻教授はてんかん治療ガイドライン作成の責任者で、主に臨床に関するご講演です。多数の皆様のご参加をお待ちしております。(学生可)

日時:3月13日(火) 午後5時30分~6時30分
場所:臨床研究棟1階カンファレンスルーム
演者:辻 貞俊 教授(産業医科大学神経内科)
演題:高齢者てんかんの診療

医学研究院神経内科学
大八木保政

セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)のご案内

  • [開催日時]2012年3月13日(火)19:00-20:00
  • [開催場所]北6階 カンファレンスルーム(小児医療センター内)
  • [対象]
備考・問合せ先
明日、3月13日(火曜日)午後7時より九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を開催いたします。
どなたでもご参加できます。多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

日時:3月13日(火曜日)19時~20時
場所:九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム(小児医療センター内)

講演タイトル: 乳幼児健診 
  ー子どもの心の問題、育児不安、発達障害早期診断に健診でどのように関わるかー

演者: 松本壽通 先生(松本小児科 理事長)

+++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科
高田英俊(臨床研修教育担当)
土居岳彦(臨床研究教育担当)
井藤奈央子(臨床研究教育担当)
山村健一郎(カンファレンス担当)
+++++++++++++++++++

ページの先頭へ戻る