TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年5月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナーNST 研修会のご案内

  • [開催日時]2012年5月23日(水)17:30-18:00
  • [開催場所]臨床小講堂1
  • [対象]
備考・問合せ先
日頃より栄養管理にご理解とご協力ありがとうございます。早速ですが、NST研修会を下記のとおり行います。皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。
日 時:平成24年5月23日(水)17:30~18:00

場 所:臨床小講堂1

テーマ:「経腸栄養の始め方」    

講 師:救命救急センター NST委員会副委員長 野田 英一郎先生

*業者によるの商品説明も10分程度予定されています。

*NSTリンクスタッフの方は、研修会から会議となっておりますので、是非、出席くださいますようお願いいたします。

*学生の皆さんのご参加もお待ちしております。
問合せ先:栄養管理室 山口(5176)

セミナー九大P&P 「文理融合型の知覚・認知研究拠点」キックオフセミナー

  • [開催日時]2012年5月25日(金)19:00-21:00
  • [開催場所]臨床研究棟1階カンファレンスルーム  
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の要領で九大P&P Aタイプ「文理融合型の知覚・認知 研究拠点」キックオフセミナーを開催致します。興味をお持ちの皆様には是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。

日時: 2012年5月25日(金)午後7時〜午後9時
場所: 臨床研究棟1階カンファレンスルーム  

Ⅰ. 特別講演: Auditory perception of real-world objects and events by listeners with normal and impaired hearing (現実世界における事物の、聴覚による知覚:健聴者および聴覚障害者の場合)
講師: Valeriy Shafiro, Associate Professor, Department of Communication Disorders & Sciences, Rush University Medical Center
講演要旨: Normal hearing listeners are able to accurately perceive a great variety of sound-producing objects and events in their environment. Real-world sound sources are often acoustically and semantically complex. They provide listeners with dynamic ecologically significant information essential for survival, aesthetic satisfaction
and well being. However, auditory perception of these sound sources can be compromised by hearing impairments. Our work has explored acoustic properties and listener characteristics important for perception of real-world objects and events. Of particular interest are spectral and temporal stimulus properties and context effects that influence perception in listeners with normal and impaired hearing. An improved understanding of these factors which underlie individual performance is instrumental to the selection of informative diagnostic tests, design of
effective rehabilitation programs for the hearing impaired as well as for augmenting normal hearing abilities.
 健聴者は環境において音を発するさまざまな事物を、聴覚を通して正確に把握することができ る。現実世界における音源は音響物理の点でも意味内容の点でも複雑であることが多く、聴取者が環境と動的に関わりあい、まずは生き残り、美しさを愛で、幸 福を追求する上で、重要な情報を提供する。しかし、聴覚障害者がこのような音源を知覚するにあたってはうまく行かない面が生ずる。我々は、現実世 界における事物を知覚する際に重要な音響特性と聴取者の特質とを探求してきた。とりわけ興味を持っているのは、健聴者、聴覚障 害者の知覚に影響を与えるような、スペクトル、時間構造の特徴、刺激文脈である。個々人が知覚課題を遂行する際にも関係する、このような 要因の影響について理解を深めることは、診断テストの材料を選んだり、聴覚障害者に対するリハビリテーションや健聴者に対する聴能訓練を計画したりする上 で有益である。

Ⅱ. 若手研究者によるポスター発表
1. 日本語にお ける副詞と動詞の組み合わせによる非合成的意味について−MEGを指標として (On non-compositional meaning of verb-adverb combination in Japanese: An MEG study)人文科学府修士課程 矢野雅貴
2. 2つの隣接する短い空虚時間の時間的識別の神経基盤: 高密度脳波計による研究 (Neural substrate of temporal discrimination between the two neighboring short empty intervals: A high-density ERP study)医学系学府博士課程 長池 淳
3. 乳幼児音声のリズムの分析 (Analysis of rhythm of infant speech)芸術工学府デザイン人間科学コース 山下友子


認知脳科学に関心をお持ちの医師、看護師、ST、 学生さんの参加を歓迎いたします。今回は軽食、飲み物を用意しております。
なお、本セミナーは脳病態科学リサーチコア、高次脳機能障害セミナーとの共催です。

医学研究院・臨床神経生理 飛松省三
芸術工学研究院・デザイン人間科学部門 中島祥好

セミナーThe 620th MIB Seminar/ 第 620回生医研セミナーのご案内【Seminar in English】

  • [開催日時]2012年5月28日(月)16:00-18:00
  • [開催場所]総合研究棟 セミナー室105
  • [対象]
備考・問合せ先
■第620回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)ゲノミクスエピゲノミクス研究拠点セミナー■

この度、オーストリア科学アカデミー (IMBA)の望月先生に生体防御医学研究所でのセミナーをお願い致しました。このセミナーでは、繊毛虫テトラヒメナにおけるゲノム再編成と小分子RNAとの不思議な関係についてお話しいただきます。Cellに掲載されたお仕事です。生命の不思議に触れたい方は是非ご来聴ください。講演は英語で行われます。
また、休憩をはさんで、ウィーンで独立したラボを率いておられる望月先生に向こうでの経験談をお願いしました。海外留学を考えている方、海外で独立したい方、お気軽にお越しください。こちらは日本語です。

演題: Epigenetic regulation of DNA elimination in Tetrahymena (16:00~17:00)
【Seminar in English】
海外で独立したラボを持つってどんな感じ?(欧州編)(17:10~18:00)
演者: 望月 一史 先生  Dr. Kazufumi Mochizuki
   IMBA - オーストリア科学アカデミー
   Institute of Molecular Biotechnology of the Austrian Academy of
Sciences (IMBA)
日時: 平成24年5月28日(月) May 28 (Mon), 2012
16:00~18:00
場所: 馬出医学系キャンパス内 総合研究棟 セミナー室105
要旨:
The ciliated protozoan Tetrahymena undergoes extensive DNA elimination when the germline micronucleus produces the new macronucleus during sexual reproduction. DNA elimination is epigenetically and trans-generationally controlled by DNA sequences of the parental macronuclear genome and this epigenetic regulation is mediated by ~28-30 nucleotide small RNAs (scnRNAs) that are produced and operated by an RNAi-related mechanism. In this presentation, I overview some of our recent results revealing how scnRNAs
are produced in the micronucleus, how scnRNAs complementary to the eliminated DNA sequences are selected in the parental macronucleus, and how scnRNAs induce DNA elimination in the new macronucleus.

1. Noto, T. et al. The Tetrahymena Argonaute-binding protein Giw1p directs a mature Argonaute-siRNA complex to the nucleus. Cell,140, 692-703, 2010
2. Aronica, L. et al. Study of an RNA helicase implicates small
RNA-noncoding RNA interactions in programmed DNA elimination in Tetrahymena.
Genes Dev. 22, 2228-2241, 2008

連絡先:
生体防御医学研究所 エピゲノム学分野 佐々木 裕之
Division of Epigenomics, MIB, Hiroyuki SASAKI

セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)のご案内

  • [開催日時]2012年5月29日(火)18:00-19:00
  • [開催場所]北6階 カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を開催いたします。どなたでもご参加いただけます。
多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

日時:5月29日(火曜日)18時~19時
場所:九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム(小児医療センター内)

小児科臨床・研究最前線
「未熟児動脈管開存症の新たな知見と治療」

moderator: 落合正行
speakers: 市山正子、金城唯宗

未熟児動脈管開存症は早産児の出生後早期の合併症のひとつである。治療法はインドメタシンと手術があるが、どちらも合併症があり治療に難渋することが多く、後遺症なき動脈管閉鎖を目指して、治療法の発展が今後の課題である。
近年、動脈管開存症に関与する遺伝子変異や、血管リモデリングのメカニズム、PGE以外の血管拡張・収縮に影響する因子などについて解明してきており、今後治療への応用が期待される。今回、未熟児動脈管開存症の治療法と問題点、動脈管閉鎖のメカニズムに関する新しい知見について報告する。

+++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
高田英俊(臨床研修教育担当)
石村匡崇(カンファレンス担当)
+++++++++++++++++++

セミナーThe 621th MIB Seminar/第621回生医研セミナー【Seminar in English】

  • [開催日時]2012年5月30日(水)17:00-18:00
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
■第621回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)ゲノミクスエピゲノミクス研究拠点セミナー■

この度、フランスIGBMCのMaria Elena Torres-Padilla先生に生体防御医学研究所でのセミナーをお願い致しました。このセミナーでは、マウス初期胚におけるNanog遺伝子の興味深い挙動についてお話いただきます。最近Natureに報告された仕事で、筆頭著者は九大薬学部出身の宮成悠介くんです。ご来聴を歓迎致します。

演題: Epigenetic mechanisms in early mammalian development
【Seminar in English】
演者: Dr. Maria Elena Torres-Padilla
Department of Stem Cell and Developmental Biology, IGBMC Strasbourg, France
日時: 平成24年5月30日(水) May 30 (Wed), 2012 17:00-18:00
場所: 馬出医学系キャンパス内 生体防御医学研究所 本館1階 会議室
Medical Institute of Bioregulation, Main Building 1F, Seminar Room
要旨:
Pluripotency is established through genome-wide reprogramming during mammalian preimplantation development, resulting in the formation of the pluripotent naïve epiblast. Reprogramming involves both the resetting of epigenetic marks and the activation of pluripotent-cell specific genes like Nanog and Pou5f1/Oct4. We have found that Nanog –but not Oct4- is monoallelically expressed in early preimplantation embryos. Nanog then undergoes a progressive switch to biallelic expression during the transition towards the ground-state pluripotency in the naïve epiblast of late blastocysts. Live-cell imaging with reporter ES cells confirmed the allelic expression of Nanog and revealed allele switching. Biallelic expression of Nanog is associated with increased recruitment of mediator and cohesin and is independent of DNA methylation. Nanog heterozygous blastocysts display reduced inner cell mass (ICM) derivatives and delayed primitive endoderm formation indicating a role for biallelic expression of Nanog in the timely maturation of the ICM into a fully reprogrammed pluripotent epiblast. We suggest that the tight regulation of Nanog dose at the chromosome level is necessary for acquisition of ground-state pluripotency during development.

1. Miyanari, Y et al. Control of ground-state pluripotency by allelic regulation of Nanog. Nature 483, 470-473, 2012

連絡先:
生体防御医学研究所 エピゲノム学分野 佐々木裕之
Division of Epigenomics, MIB, Hiroyuki SASAKI

ページの先頭へ戻る