TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年5月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー臨床遺伝医療部スタッフカンファレンスのご案内

  • [開催日時]2012年5月11日(金)16:30-
  • [開催場所]北棟6階病棟カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
次回の臨床遺伝医療部スタッフカンファレンスのご案内をいたします。遺伝カウンセリングにご関心のある先生方はどなたでもご来聴ください。
日時:平成24年5月11日(金) 16:30 から
場所:北棟6階病棟カンファレンスルーム
議題: Duchenne型筋ジストロフィーの遺伝相談(2家系)

---
井原健二
九州大学病院
総合周産期母子医療センター/小児科/臨床遺伝医療部

セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンスのお知らせ

  • [開催日時]2012年5月11日(金)18:00-19:00
  • [開催場所]北棟6F 小児医療センター カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児外科:5月11日)のお知らせ

5月11日午後6時より九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児外科)を開催いたします。
どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。
今回は教室のOBであり現在、城南区保健福祉センター 健康課に勤務されている永野美紀先生をお招きし、最近の予防接種をめぐる状況に関するご講演を賜ります。

演題:最近の予防接種をめぐる状況
縁者:城南区保健福祉センター 健康課長 永野美紀先生

要旨
予防接種の実施には、その地域における感染症の流行、使用されているワクチンの効果と副反応、経済状況、社会環境など複雑な要素が影響するため、制度が常に変動する宿命を持っています。本来は医学的な観点から柔軟で迅速な対応が望まれるところですが、主要な部分が「法律」に規定されているため、新しいワクチンの対応などでは、時間がかかっている状況です。現在、予防接種の対象疾病そのものの考え方を見直す検討が厚生労働省にて進んでいます。その中で、現在は法律の対象となっていないムンプス、水痘など7つの疾患が議論されています。また不活化ポリオワクチン導入も目前に迫ってきました。今回、日本における予防接種の現状、問題点、検討されているポイントなどを紹介します。

日時:5月11日(金)18:00~19:00
場所:北棟6F 小児医療センター カンファレンスルーム

*************************************************************************
林田 真
九州大学大学院医学研究院 小児外科学分野
Department of Pediatric Surgery,
Reproductive and Developmental Medicine
Faculty of Medical Sciences, Kyushu University
**************************************************************************

セミナーハーバード大学 Joslin Diabetes Centert・Susan Bonner-Weir先生講演会のお知らせ(糖尿病の基礎研究)

  • [開催日時]2012年5月15日(火)16:00-17:00
  • [開催場所]総合研究棟 講義室102
  • [対象]
備考・問合せ先
******セミナーのご案内**************************************************************************

演題:Regeneration of the endocrine pancreas: can it lead to β cell replenishment in diabetes?
演者:Prof. Susan Bonner-Weir
Joslin Diabetes Center, Harvard Medical School
日時:平成24 年5 月15 日(火)16:00~17:00
May 15, 2012 (Tuesday) 16:00~17:00
場所:病院キャンパス 総合研究棟 講義室102
Biomedical Research Station, Seminar room 102

************************************************************************************************

Susan Bonner-Weir 教授は長年にわたり膵島研究における第一人者としてご活躍されています。
先生は「膵島の構造とその機能との関係」「生体内におけるβ細胞量の制御」「膵島の成長と分化の要因」に
重点を置いて研究をしてこられました。
また、アメリカ国立衛生研究所、アメリカ糖尿病学会、米カリフォルニア再生医療機構などの機関において
研究助成の審査委員を歴任され、Endocrinology, American Journal of Physiology, Diabetes, Diabetes Technology and Therapeutics, Cell Transplantation, Journal of Biological Chemistry などの編集委員も務めてこられました。
今回は膵島β 細胞のprogenitor story や成熟についてお話して頂きます。
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

要旨:The regenerative process in the pancreas is of particular interest since diabetes, whether type 1 or type 2, results from an inadequate amount of insulin-producing β-cells. While there has been progress in deriving insulin-producing cells from embryonic stem cells and from induced pluripotent stem (IPS) cells for β cell replacement, there is increased interest in using endogenous sources for beta cell replenishment. Regeneration studies in mammals have focused on tissue-specific stem and progenitor cells. From autopsied human pancreas we can only speculate about growth and regeneration mechanisms, but experimental rodent models provide evidence that replication of pre-existing beta cells as well as differentiation of new beta cells from progenitors (neogenesis) contribute to the normal, compensatory, and regenerative growth. Our data from the regeneration rat model of partial pancreatectomy has led us to hypothesize that differentiated pancreatic ductal cells function as progenitors for new islets after birth, that with stimulus they replicate and regress to a less differentiated phenotype that is equivalent to that of embryonic pancreatic progenitors and these then redifferentiate to form new acini and islets. Our current work is to characterize the cells within the pancreas that can act as in vivo pancreatic progenitors and to learn to manipulate them for β cell replenishment.

連絡先:先端医療医学部門糖尿病遺伝子分野 稲田明理(代:梶嶋)内線6217

セミナー講演会のお知らせ

  • [開催日時]2012年5月16日(水)10:30-
  • [開催場所]臨床大講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
九州がんセンター 病理診断科の部長である西山憲一先生にご講演をして頂く事になりましたのでご案内申し上げます。

演者:九州がんセンター 病理診断科 部長 西山憲一先生
講演タイトル:「乳腺の病理」
日時:平成24年5月16日(水)10:30~
場所:臨床大講堂

本講演は医学部講義「内分泌、代謝」の一環として行われますが、医学部生のみならず、教員・医局員・大学院生の先生方の多数のご来場を歓迎致します。

◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇
荒木晶子
九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学 資料室
◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◇◇

セミナー精神医学セミナー【特別講演】

  • [開催日時]2012年5月17日(木)17:30-
  • [開催場所]ウエストウイング1Fカンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
国際的に知られる、ケンブリッジ大のベリオス教授によるセミナーを企画しましたので、ご案内を差し上げます。

講師:Berrios GE教授
Department of Psychiatry, University of Cambridge

演題:The concept of phenotype in psychiatry: historical epistemology

日時:2012年5月17日(木曜)、17時30より
場所:九大病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

Berrios GE教授は、精神医学史の世界的権威として有名です。
しかも症候学、神経心理学をはじめとする精神医学一般に精通された方で、その博覧強記ぶりは国際的に有名です。

教授の講演に圧倒されてみませんか。

神庭重信 

ページの先頭へ戻る