TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年6月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー遠隔医療セミナーのお知らせ「第 314 回アジア遠隔医療ネットワークイベント」

  • [開催日時]2012年6月11日(月)18:00-20:00
  • [開催場所]アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
****************第314回アジア遠隔医療ネットワークイベント***********************

イベント名:第3回 日韓消化器テレカンファレンス

アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)では、6月11日(月)に第3回日本・韓国消化器テレカンファレンスを担当します。このイベントでは韓国・福岡・京都を
接続して内視鏡を中心としたディスカッションを行います。研修医や若いスタッフの皆さんの参加も歓迎です。

下記にプログラムをコピーしております。興味のある方は、どなたでもご参加ください。

日時:平成 24年 6月 11日 (月曜日)18:00~20:00

場所:アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)

接続施設:
1)建国大学(韓国):Dr Chan Sup Shim
2)京都第2赤十字病院(京都):Dr 安田健治朗、Dr 田中聖人
3)九州大学病院:Dr 八尾建史、Dr 金光高雄

*********************************************************************************
プログラム(すべて英語で行われます。)
18:00-18:10 Introduction & Greetings
18:10-18:40 Dr Takao Kanemitsu/ Dr Kenshi Yao
‘Determining the margin of the early gastric cancer by M-NBI: an unique case’
18:40-19:10 Dr Takuji Kawamura/ Dr Kenjiro Yasuda
‘A case of rectal ulcers in systemic lupus erythematosus (SLE)’
19:10-19:40 Dr Go-Heun Kim/ Dr Sun-Young Lee/ Dr Chan Sup Shim
‘A case of recurrent upper GI bleeding’
19:40-20:00 Discussion & Closing
*********************************************************************************

本イベントの問合せ先は、下記にお願いいたします。

九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター
野田陽子、清水周次

URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/

セミナー生医研セミナーのお知らせ

  • [開催日時]2012年6月」12日(火)17:00-18:00
  • [開催場所]生医研本館1F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
*************** 生医研セミナーのお知らせ ***************

演者:宮川 剛 先生
所属:藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 システム医科学研究部門・教授

タイトル:「精神疾患の中間表現型としての未成熟歯状回」

日時:2012年6月12日(火)17:00~18:30
場所:生医研本館1F 会議室

【参考文献】
Nakatani J, Tamada K, Hatanaka F, Ise S, Ohta H, Inoue K, Tomonaga S, Watanabe Y, Chung YJ, Banerjee R, Iwamoto K, Kato T, Okazawa M, Yamauchi K, Tanda K, Takao K, Miyakawa T, Bradley A, Takumi T, Abnormal behavior in a chromosome- engineered mouse model for human 15q11-13 duplication seen in autism.
Cell 2009, 137(7): 1235-1246

Yamada M, Yoshida Y, Mori D, Takitoh T, Kengaku M, Umeshima H, Takao K, Miyakawa T, Sato M, Sorimachi H, Wynshaw-Boris A, Hirotsune S, Inhibition of calpain increases LIS1 expression and partially rescues in vivo phenotypes in a mouse model of lissencephaly.
Nature Medicine 2009, 15(10), 1202-7


宮川先生は遺伝子改変技術を用いて精神疾患モデルマウスを作製し、行動テストバッテリー戦略を使用することによりそれを評価して、ヒトの統合失調症や自閉症スペクトラムの分子的な解明を試みられています。日本ではミュータントマウスを用いた行動生物学の第一人者であり、多くの共同研究を通じて日本中の行動解析を担当されています。精神疾患モデルマウスの解析の実際を知る格好のチャンスですので、皆様奮ってご参加下さい。


世話人:生医研・分子発現制御学 中山 敬一(内線6815)
URL: http://www.bioreg.kyushu-u.ac.jp/saibou/index.html

セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)のご案内

  • [開催日時]2012年6月12日(火)19:00-20:00
  • [開催場所]北6階 カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を開催いたします。

今月より小児科クリニカルカンファレンスは「小児診療のためのスキルアップセミナー」と題し、小児の日常診療において役立つ知識や、診断・治療方法について各専門グループより分かりやすく概説いたします。

どなたでもご参加いただけます。多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

日時:6月12日(火曜日)19時~20時
場所:九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム
(小児医療センター内)

クリニカルカンファレンス「小児診療のためのスキルアップセミナー」

"小児のワクチン Up-To-Date"

moderator:保科隆之
Speakers:村田憲治・名西悦郎

ワクチン後進国と揶揄されてきた日本でも、近年、ようやく接種可能なワクチンの種類が増加し、公費助成などの整備も行われつつある。これに伴い、特に乳児期にワクチンを接種する頻度が増加し、ワクチンスケジュールを立てるに当たり、これまで以上に予防接種に関する適切な知識が必要となっている。本カンファレンスでは、現在の標準的なワクチンスケジュール、ワクチンの同時接種に関する考え方、MRワクチンや日本脳炎ワクチンの制度変更に伴う時限措置およびワクチン副反応への対応などについて紹介する。また、ワクチンの普及に伴うVaccine Preventable Diseasesの変化について、例を挙げながら概説する。さらに、今後導入されるワクチン・導入が望まれるワクチンとして、不活化ポリオワクチン、子宮頚がん(HPV)ワクチン、結合型肺炎球菌ワクチン(PCV13)、B型肝炎ワクチン(ユニバーサル化)についても紹介する。

+++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科
高田 英俊(臨床研修教育担当)
石村 匡崇(カンファレンス担当)
+++++++++++++++++++

セミナー講義「私達のがん患者ライフ」 (波多江伸子先生)のご案内

  • [開催日時]2012年6月13日(水)13:00-14:30
  • [開催場所]基礎研究B棟2-3階講堂 (258,259)
  • [対象]
備考・問合せ先
波多江伸子先生(倫理学研究者および作家)をお招きして講義を開催いたします。
(保健学科の講義の一部ですが、医療系学生、医療関係者の皆様にご案内申し上げます。)
ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

テーマ:私達のがん患者ライフ
講師:波多江 伸子 先生(倫理学研究者および作家)
   数名のがん患者の方(がん患者団体ネットワーク)
日時:6月13日(水) 13:00-14:30
場所:医学研究院 基礎研究B棟2-3階講堂 (258,259)

~波多江 先生~
倫理学研究者および作家。
医療倫理や終末期の諸問題をテーマに、公演や執筆、ボランティア活動を行う。自らも、甲状腺ガンの手術や糖尿病を長く患うといった経験があり、患者としての視点も活動に生かしている。小説「お産婆カメちゃん」でNTT薫風(かぜ)ドラマ大賞を受賞。座右の銘は「病気でも健やかに!」。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 中尾久子 Hisako NAKAO 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セミナー遠隔医療セミナーのお知らせ「第 315 回アジア遠隔医療ネットワークイベント」

  • [開催日時]2012年6月13日(水)19:00-20:30
  • [開催場所]アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
****************第315回アジア遠隔医療ネットワークイベント******************

イベント名:第3回 膵臓テレカンファレンス【膵臓外科up to date】

アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)では、6月13日(水)に
第3回膵臓テレカンファレンスを担当します。このイベントでは日本の8施設と海外2施設を接続して、膵臓外科に関する発表およびディスカッションを行います。専門医に限らず、若いスタッフの皆さんの参加も歓迎です。下記にプログラムをコピーしております。興味のある方は、どなたでもご参加ください。

日時:平成 24年 6月 13日 (水曜日)7:00~8:30

場所:アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)

接続施設:
1)北海道大学:Dr平野聡
2)東京会場:Dr和田慶太、Dr中村慶春
3)京都大学:Dr高折恭一
4)川崎医科大学:Dr中村雅史、Dr中島洋
5)金沢大学:Dr中川原寿俊
6)東北大学:Dr内藤剛
7)気仙沼市立病院:Dr江川新一(東北大学)
8)九州大学:Dr高畑俊一、Dr大塚隆
9)St. Luke’s Health System (SLHS),USA:Dr William Traverso
10)Virginia Mason Medical Center (VMMC),USA:
            Dr Richard Kozarek、Dr Vincen Picozzi

***************************************************************************
プログラム(すべて英語で行われます。)
7:00-7:10 挨拶
7:10-8:20 各施設からの発表および質疑応答
8:20-8:30 総括
***************************************************************************

本イベントの問合せ先は、下記にお願いいたします。

九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター
野田陽子、清水周次

URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/

ページの先頭へ戻る