TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年7月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナーNST 研修会のご案内

  • [開催日時]2012年7月25日(水)17:30-18:00
  • [開催場所]臨床小講堂1
  • [対象]
備考・問合せ先
 日頃より栄養管理にご理解とご協力ありがとうございます。早速ですが、NST研修会を下記のとおり行います。皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。
日 時:平成24年7月25日(水)17:30~18:00

場 所:臨床小講堂1

テーマ:「肝臓疾患に関する栄養について」   
講 師:第三内科 田中 紘介先生

*業者によるの商品説明も10分程度予定されています。

*NSTリンクスタッフの方は、研修会から会議となっておりますので、是非、出席くださいますようお願いいたします。

*学生の皆さんのご参加もお待ちしております。

問合せ先:栄養管理室 山口(5176)

セミナー第154 回院内胆膵カンフアレンスの御案内

  • [開催日時]2012年7月26日(木)18:00-
  • [開催場所]南棟9階カンファレンス室
  • [対象]
備考・問合せ先
第154回の院内胆膵カンフアレンスを2012年7月26日(木曜日)PM6:00より行います。
当日、担当の先生方は簡潔な発表のご準備を宜しくお願い申し上げます。 

この会は、胆膵の診療に関係・興味がある方全てに開放されています。奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

日時:2012年7月26 日(木曜日) 午後6時より
場所:南棟9階カンファレンス室

*******************************
九州大学 臨床・腫瘍外科(第1外科)
高畑俊一
*******************************

セミナー院内感染対策研修会の開催について

  • [開催日時]2012年7月30日(月)17:30-
  • [開催場所]臨床大講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
 下記のとおり、院内感染対策研修会を開催しますので、ご多忙中とは存じますが、各自調整のうえご出席願います。 皆様の多数のご参加をお待ちしております。

                記

1.日時 平成24年7月30日(月)17:30~
2.場所 臨床大講堂
3.テーマ
  「院内感染対策上重要なウイルス感染症」
   講師:グローバル感染症センター / 小児科
       診療講師 保科 隆之
  「海外旅行の際の注意すべき感染症」
   講師:グローバル感染症センター / 総合診療科
       助教 豊田 一弘
  
○研修会参加証を押印しますので、ポケットマニュアルをご持参下さい。
○研修会開始10分以降は出席登録およびポケットマニュアルへの押印はいたしません。
○終了前に退室した場合には出席を取り消します。         
○特定機能病院職員は「院内感染対策研修会」に年度内2回以上出席することとなっておりますので、計画的な出席をお願いします。
○職員カードにて出席確認を行いますので、お持ちの方は忘れずにご持参下さい。
○当日は出欠確認及び参加証押印のため、出来る限りお早めにお越し願います。

**************************************
九州大学病院グローバル感染症センター
松田 亜由美
**************************************

セミナー第318回アジア遠隔医療ネットワークイベント

  • [開催日時]2012年7月31日(火)17:00-18:00
  • [開催場所]アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
****************第318回アジア遠隔医療ネットワークイベント*********************

イベント名:第1回 胃がん臨床・病理テレカンファレンス

アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)では、7月31日(火)に胃がん臨床・病理テレカ
ンファレンスを担当します。今回のイベントでは日韓の病院を接続し、主に術中細胞診に
ついてのディスカッションを行います。下記にプログラムをコピーしております。興味の
ある方は、どなたでもご参加ください。

日時:平成 24年 7月 31日 (火曜日)17:00~18:00
場所:アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)

接続施設:
1)ソウル大学ブンダン病院:Dr. Hyung Ho Kim
2)九州大学病院:Dr. Tanaka, Dr. Nagai, Dr. Koga, Dr. Yamanaka

********************************************************************************
プログラム(すべて英語で行われます。)
17:00-17:05 Opening Remark: Dr. Tanaka
17:05-17:15 ‘Surgical procedure for intra-operative cytology’: Dr. Nagai 17:15-17:30 ‘Cytological diagnosis; how to interpret and how to decide whether
positive or not’ : Dr. Koga
17:30-17:45 ‘Laparoscopic Gastrectomy for Advanced Gastric Cancer with Positive
       Peritoneal Cytology: Is it feasible? ’: Dr. Yamanaka 17:45-18:00 Topic from SNU Bundang Hospital
18:00 Closing Remark: Dr. Kim
********************************************************************************
本イベントの問合せ先は、下記にお願いいたします。

九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター
野田陽子、清水周次

URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/

       【1st Gastric Clinico-Pathological teleconference】

We are going to hold a telemedicine event as detailed below.
If you are interested, please feel free to participate in the event.

Date: July 31(Tue), 2012
Time: 17:00-18:00
Place: Telemedicine Development Center of Asia (TEMDEC), North Ward 2nd Floor

Connecting stations:
1)Seoul National U Bundang Hospital:Dr. Hyung Ho Kim
2)Kyushu U Hospital:Dr. Tanaka, Dr. Nagai, Dr. Koga, Dr. Yamanaka

********************************************************************************
Program: (The program will be conducted entirely in English.)
17:00-17:05 Opening Remark: Dr. Tanaka
17:05-17:15 ‘Surgical procedure for intra-operative cytology’: Dr. Nagai 17:15-17:30 ‘Cytological diagnosis; how to interpret and how to decide whether
positive or not’ : Dr. Koga
17:30-17:45 ‘Laparoscopic Gastrectomy for Advanced Gastric Cancer with Positive
       Peritoneal Cytology: Is it feasible? ’: Dr. Yamanaka 17:45-18:00 Topic from SNU Bundang Hospital
18:00 Closing Remark: Dr. Kim
********************************************************************************
If you have any questions, please contact us.

Ms. Yoko Noda, Dr. Shuji Shimizu
Telemedicine Development Center of Asia(TEMDEC), Kyushu University Hospital
URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/

セミナー血球貪食症候群をめぐる

  • [開催日時]2012年7月31日(火)18:00-19:00
  • [開催場所]北6階 カンファレンスルーム(小児医療センター内)
  • [対象]
備考・問合せ先
本日、7月31日(火曜日)午後6時より九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を
開催いたします。どなたでもご参加いただけます。多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

日時:7月31日(火曜日)18時~19時
場所:九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム(小児医療センター内)

小児臨床・研究最前線「血球貪食症候群をめぐる最近の知見」

moderator: 高田英俊
speakers:石村匡崇、瀧本智仁

血球貪食症候群/血球貪食性リンパ組織球症(HPS/HLH)は、発熱、肝脾腫、汎血球減少症がみられ、網内系での組織球増殖と血球貪食像を特徴とする症候群であり、適切に診断し速やかな治療を行わなければ時として致死的となる疾患群である。1999年にPerforin欠損症が見いだされ、家族性血球貪食症候群(FHL)の一因が明らかとなり、以降血球貪食症候群の病態の解明がすすんできた。今回のカンファレンスでは一次性/二次性HLHに関する近年の知見について概説する。

+++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科
高田英俊(臨床研修教育担当)
石村匡崇(カンファレンス担当)
+++++++++++++++++++

ページの先頭へ戻る