TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年7月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー「学校検尿異常の診かた」:母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)のご案内

  • [開催日時]2012年7月10日(火)19:00-20:00
  • [開催場所]北6階カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を開催いたします。どなたでもご参加いただけます。多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

日時:7月10日(火曜日)19時~20時
場所:九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム
(小児医療センター内)

小児診療スキルアップセミナー
「学校検尿異常の診かた」

moderator: 井藤奈央子
speakers:井藤奈央子、井原健二

学校保健法施行令の施行規則改正に伴い1974年に全国で一斉に開始された学校検尿による腎臓病・糖尿病検診は、学童期の腎尿路疾患や糖尿病患者の早期発見と早期治療に取り組んできた。今回のカンファレンスでは、学校検尿対象疾患それぞれの陽性判定基準や精密医療機関における検査手順について解説し、実際に学校検尿で発見され早期治療により良好な経過を得た最近の症例について紹介する。一方、現行の腎臓病・糖尿病検診システムにおける問題点(データベース化の遅れ、偽陽性率の高さなど)ついて言及し、より良い腎臓病・糖尿病検診を目指した最近の取り組みを紹介する。

+++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科
高田英俊(臨床研修教育担当)
石村匡崇(カンファレンス担当)
++++++++++++++++++

セミナー第3回きらめきプロジェクト講演会

  • [開催日時]2012年7月11日(水)18:00-20:00
  • [開催場所]コラボステーション2F 視聴覚室
  • [対象]
備考・問合せ先
【九州大学病院きらめきプロジェクト『第3回きらめきプロジェクト講演会』のお知らせ】

日頃より、九州大学病院きらめきプロジェクトキャリア支援センターへのご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。きらめきプロジェクトでは、第3回のきらめきプロジェクト講演会を開催することとなりました。
今回は医学研究院基礎医学部門医療経営・管理学教授 尾形裕也先生をお招きし、今後の医療経営・医療政策についてお話いただく予定です。また、当副センター長 樗木晶子によります女性医師支援の講演も予定しております。

今回、近隣の大学病院や地域の基幹病院の病院長もご招待し女性医師のキャリア継続のために連携を深めていきたいと思っております。きらめきプロジェクトの事をよりご理解いただく為に皆様のご来場をお待ち申し上げます。

日時:平成24年7月11日 (水) 18時~20時
会場:九州大学病院 コラボステーション2F 視聴覚室
講演1「医療提供体制の将来像と医療人材の養成・確保」
九州大学大学院医学研究院医療経営・管理学講座
 教授 尾形裕也 先生
講演2「九州大学病院きらめきプロジェクトと女性医師支援」
九州大学病院きらめきプロジェクトキャリア支援センター
 副センター長 樗木晶子

主催:九州大学病院
共催:福岡県医師会
   NPO法人九州医療システム研究機構
   総合メディカル株式会社
   周産期ゆりかごネットプロジェクト
世話人:きらめきプロジェクト副センター長 樗木晶子

##############################################
九州大学病院
きらめきプロジェクトキャリア支援センター
事務局 担当:辻郷・福元
HP:https://www.kyudai-kirameki.com/
##############################################



セミナー遠隔医療セミナーのお知らせ「第317回アジア遠隔医療ネットワークイベント」

  • [開催日時]2012年7月11日(水)16:00-18:00
  • [開催場所]アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
****************第317回アジア遠隔医療ネットワークイベント****************

イベント名:第6回 日中早期胃がんテレカンファレンス

アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)では、7月11日(水)に第6回日本・中国早期胃がんテレカンファレンスを担当します。このイベントでは北京・福岡のみならず、上海や東京など多施設を接続して早期胃がんの内視鏡および病理診断についてのディスカッションを行います。中国の医師に対する平易な解説もありますので、研修医や若いスタッフの皆さんの参加も歓迎です。

下記にプログラムをコピーしております。興味のある方は、どなたでもご参加ください。

日時:平成 24年 7月 11日 (水曜日)16:00~18:00

場所:アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)

接続施設:
1)北京協和医科大学(中国):Dr Lu, Dr Yao Fang
2)上海復旦大学中山病院(中国):Dr Chen WF
3)順天堂大学・NICTオフィス(東京):Dr八尾隆史
4)九州大学病院: Dr八尾建史, Dr藤原

*************************************************************************
プログラム(すべて英語で行われます。)
16:00-16:05 Opening remarks
16:05-16:10 Greetings from each station
16:10-16:55 Lecture: How to make a diagnosis of sumucosal invasion by standard endoscopy with dye-spraying method: the principles and the techniques./ Dr K. Yao
16:55-17:05 Question and Answer
17:05-17:20 Case Discussion 1, Fukuoka University Chikushi Hospital
17:20-17:35 Case Discussion 2, Zhongshan Hospital 17:35-17:50 Case Discussion 3, Peking Union Medical College Hospital 17:50-18:00 Discussion about next plan
Closing remarks
*************************************************************************

本イベントの問合せ先は、下記にお願いいたします。

九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター
野田陽子、清水周次

URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/

セミナー第26回九州大学病院がんセミナー開催のご案内

  • [開催日時]2012年7月12日(木)18:30-20:00
  • [開催場所]百年講堂・中ホール
  • [対象]
備考・問合せ先
 日頃より、がんセンターの業務にご協力いただきありがとうございます。がんセンターでは、下記のとおり、がんセミナーを開催いたします。このセミナーはがん診療について幅広い知識を習得するために、ガイドラインや最新のエビデンスに基づいた講習として開催されます。
学内外を問わず、医師、大学院生、研修医、看護師、検査技師及び薬剤師など多くの方々のご参加を歓迎いたします。

日  時:  平成24年7月12日(木)18:30~20:00

場  所:  医学部百年講堂・中ホール

講演内容:
1.「肺癌薬物療法の現状」 九州大学病院 呼吸器科  原田 大志 先生
2.「子宮体がん・肉腫の診断・治療のup date」 九州大学病院 産科婦人科  兼城 英輔 先生

3.「分子標的薬:皮膚障害への対策」 九州大学病院 皮膚科  中原 剛士 先生

座  長:  九州大学病院 麻酔科蘇生科   外 須美夫 先生
*事前の申し込み・参加料は不要です

九州大学病院 がんカンファレンス 担当世話人  中 西 洋 一
九州大学病院 緩和ケアチーム チームリーダー  外  須 美 夫
九州大学病院 がんセンター センター長    水 元 一 博

共催:医療連携センター、臨床教育研修センター、福岡医学会、九州大学医師会
問合せ先:がんセンター 担当 石橋

セミナー精神科セミナー遅発緊張病とその周辺

  • [開催日時]2012年7月12日(木)18:00-19:00
  • [開催場所]West Wing1階精神科カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
***** こころと脳セミナーのご案内 *****

本日(7/12)18時より
慶應義塾大学医学部 精神神経科学教室講師 古茶大樹先生をお招きして講演会を開催致します。興味のある方は奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。
日時:7月12日(木曜)18時~19時 
会場:West Wing1階精神科カンファレンスルーム 

講師:古茶 大樹先生( 慶應義塾大学医学部 精神神経科学教室 講師 )

演題:『 遅発緊張病とその周辺 』

古茶大樹先生は、日本を代表する、ヤスパース・シュナイダー学派の精神病理学者で、初老期・老年期に発症する緊張病(カタトニア)の概念を確立された先生です。本日の講演では、緊張病研究の歴史、自験例に基づく症状、経過、下位群、治療の臨床精神病理学的検討をお話し頂きます。

※参加費500円を徴収させて頂きます

ページの先頭へ戻る