TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年8月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー福岡法医学研究会のご案内

  • [開催日時]2012年8月22日(水)18:30-20:00
  • [開催場所]総合研究棟1階 102講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
「福岡法医学研究会」では医療と法律をめぐる分野の事項について年4回のペースで勉強会を行っています。今回は医薬品に関する演題です。

日時:8月22日(水)午後6時30分〜8時
場所:総合研究棟1階 102講義室
演題:「医薬品に係わる医療安全」
講師:福岡県薬剤師会 常務理事
   成重賢司

本演題に興味のある方はどなたでも参加できます。皆様のご参加をお待ちしています。


福岡法医学研究会運営委員
九州大学大学院法医学分野 池田典昭
ふくおか法律事務所 石橋英之


池田典昭
九州大学大学院医学研究院 法医学分野

セミナー臨床・腫瘍外科セミナーのご案内

  • [開催日時]2012年8月23日(木)18:15-19:30
  • [開催場所]総合研究棟 1階 セミナー室 105
  • [対象]
備考・問合せ先
第10回 臨床・腫瘍外科セミナー「アロマターゼ阻害薬耐性乳癌に対する治療戦略:HDAC阻害薬LBH589(panobinostat)」のお知らせ

本日、2012年8月23日(木) 午後6時15分より開催予定の臨床・腫瘍外科セミナーのご案内をさせていただきます。

今回は、「アロマターゼ阻害薬耐性乳癌に対する治療戦略:HDAC阻害薬LBH589(panobinostat)」をテーマに九州大学臨床・腫瘍学の久保真先生にご講演を賜ります。

大変興味深いご講演を拝聴できると思います。

どなたでもご参加いただけますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。


日時:平成24年8月23日(木) 18:15~19:30
場所:九州大学 総合研究棟 1階 セミナー室 105

要旨:アロマターゼ阻害薬耐性乳癌に対する治療戦略


[背景] アロマターゼ阻害薬(AI)は、ホルモンレセプター(HR)陽性閉経後乳癌に対する治療の第一選択となったが、その耐性メカニズムは明らかではなく、再発に対する治療戦略は直近の問題である。また、近年HDAC阻害薬は乳癌に対しその効果を期待されているが、その全貌は明らかではない。

[方法] AI耐性に重要な遺伝子を探索するため、アロマターゼ高発現乳癌細胞株MCF-7aroとそのAI耐性株、マウスモデルを用いてマイクロアレイ解析を行った(1)。また、HDAC阻害薬LBH589の標的遺伝子を探索するため、マイクロアレイ解析を用いてLBH治療群と無治療群を比較した(2)。

[結果] 1より、有意に変化のある22遺伝子は3つのIPAネットワーク上に集約された。NF-kB1はそのネットワークの中心にあり、AI耐性株ではNF-kB1が高発現し、機能的にも亢進していた。また、NF-kB1をノックダウンしたAI耐性株では増殖能が低下した。2よりLBH589はAI耐性株で感受性が高く、その増殖能を抑制してアポトーシスを誘導し、mRNA、タンパクレベルでNF-kB1発現を抑制した。マウスモデルでも、LBH589治療群で有意に腫瘍増殖、NF-kB1発現を抑制した。また、2003年から2011年に手術を施行された原発性乳癌4,877例 のうち1,454例にAIが投与され、再発例のうち再発巣を生検で
きたのは12例であった。同一患者の原発巣に比べ再発巣では、mRNA、IHCにおいてNF-kB1
発現が有意に増強していた。

[結論] NF-kB1はAI耐性メカニズムに重要な役割を果たしており、HDAC阻害薬はAI耐性乳癌に対する新たな治療戦略として有望である。

-----------------------------------------------------
九州大学 臨床・腫瘍外科(第一外科)
医局長 上田純二
-----------------------------------------------------

セミナー生医研セミナーのお知らせ

  • [開催日時]2012年8月23日(木)17:00-18:00
  • [開催場所]生医研本館1F会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
演者:黒田 真也 先生
所属:東京大学大学院 理学系研究科・教授

タイトル:「インスリン作用のシステム生物学」

日時:2012年8月23日(木)17:00~18:30
場所:生医研本館1F 会議室


【参考論文】
Temporal Coding of Insulin Action through Multiplexing of the AKT Pathway.
Kubota H, Noguchi R, Toyoshima Y, Ozaki Y, Uda S, Watanabe K, Ogawa W, Kuroda S.
Mol. Cell 2012 Jun 29;46(6):820-32.

Sensitivity control through attenuation of signal transfer efficiency by negative regulation of cellular signalling.
Toyoshima Y, Kakuda H, Fujita KA, Uda S, Kuroda S.
Nat. Commun. 2012 Mar 13;3:743.

Prediction and validation of the distinct dynamics of transient and sustained ERK activation.
Sasagawa S, Ozaki Y, Fujita K, Kuroda S.
Nat. Cell Biol. 2005 Apr;7(4):365-73.


これからの医学・生物学は、システム生物学的なアプローチなしには語れない時代がもうそこまで来ています。黒田先生は神戸大学医学部出身ながら、システム生物学の専門家として東大理学部の教授になられた異色の科学者です。しかし医学部出身だけあって、どのくらい生命科学者がシステム生物学に疎いかをよくわかっていらっしゃいます(笑)。ですからあまり難しい数式などを使わず、わかりやすくシステム生物学とは何かということを語っていただけるものと思います。システム生物学とは何かという実例を知るまたとないチャンスです。皆様奮ってご参加下さい。


世話人:生医研・分子発現制御学 中山 敬一(内線6815)

*-*-*-*-*-*-*
九大・生医研・分子医科学
中山 敬一

セミナー8月のグランドラウンドの開催通知について

  • [開催日時]2012年8月28日(火)18:00-19:00
  • [開催場所]臨床大講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
日程: 8月28日(火) 午後6時~7時

場所: 臨床大講堂

講師: 医学研究院包括的腎不全治療学  鶴屋 和彦 先生     
講演: 「CKD治療における積極的脂質管理の意義」

司会: 臨床教育研修センター 林  純、 岡田 享子

※会終了後に「研修医が関わったインシデント」について医療安全管理部より報告を行いますので、引き続きご参加ください。

・本会は全科・全職員に対してオープンです。当院の医師だけでなく、看護師、薬剤師、検査技師、学生さん、近隣の医療機関で研修されている先生方など、多くの方々のご参加を歓迎いたします。

・特に九大病院研修医の先生は、毎月(第4火曜日)の出席状況が卒後研修評価の一つの参考資料とされますので、是非出席をお願い致します。なお、研修医手帳(青色)をご持参ください。出席の確認印を押します。

共催: 福岡医学会、MSD株式会社、北部九州における循環型高度医療人養成事業
協賛: 財団法人恵愛団 
後援: 九州大学病院医師会、臨床教育研修センター、福岡臨床研修セミナー

---------------------------------------------
 九州大学病院 臨床教育研修センター
  総務課 研修支援係 名切
---------------------------------------------

セミナー第322回アジア遠隔医療ネットワークイベント

  • [開催日時]2012年8月28日(火)14:30-16:00
  • [開催場所]アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
イベント名:医療における「シリアスゲーム」テレカンファレンス

アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)では、8月28日(火)に第34回アジア太平洋先端ネットワーク会議(APAN)の中で開催されるヘルスケアテレカンファレンスを担当します。このイベントでは主会場のスリランカ(コロンボ)のみならず、世界各地を接続して討論を行います。興味のある方は、どなたでもご参加ください。

日時:平成 24年 8月 28日 (火曜日)14:30~16:00
場所:アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)

接続施設:
1)コロンボ主会場:Dr YoungSung Lee、Dr Ashir Ahmed
2)ソウル大学(韓国):Dr Jeongeun Kim
3)スタンフォード大学(USA):Dr J. Wesson Ashford
4)シリアスゲームスインスティチュート(UK):Dr David Wortley
5)シリアスゲームスアソシエーション(シンガポール):Dr Christopher Ng
6)九州大学病院:Dr 高杉紳一郎

*******************************************************************************************
プログラム(すべて英語で行われます。)
14:30-14:35 Opening statement: Dr YoungSung Lee
14:35-14:45 Current state of game-care in health & medicine: the Korean Perspective
Dr Jeongeun Kim
14:45-15:00 MemTrax, a game to measure memory, screen for memory impairment(particularly
Alzheimer’s disease), and possibly to protect against dementia and improve
Memory function: Dr J.Wesson Ashford
15:00-15:15 Clinic-a serious game that uses reflective learning methodologies to train
nursing staff on patient care, part of a European Union Framework 7 Research
project MIRROR: Dr David Wortley 15:15-15:30 An introduction-Serious Games Association Singapore: Dr Christopher Ng
15:30-15:45 Rehabilitation Game for aged patients in Japan: Dr Shin-ichiro Takasugi
15:45-15:55 An Affordable, Usable, Sustainable and Preventive Healthcare System for
Unreached People: Dr Ashir Ahmed 15:55-16:00 Closing remarks: Dr YoungSung Lee
*******************************************************************************************
本イベントの問合せ先は、下記にお願いいたします。

九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター
野田陽子、中島直樹
E-mail: n-youko@tem.med.kyushu-u.ac.jp
URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/



         【Serious Games Teleconference】

We are going to hold a telemedicine event as detailed below.
If you are interested, please feel free to participate in the event.

Date: August 28 (Tue), 2012
Time: 14:30~16:00
Place: Telemedicine Development Center of Asia (TEMDEC), North Ward 2nd Floor

Connecting stations:
1)Colombo Venue:Cinnamon Grand Hotel:Dr YoungSung Lee, Dr Ashir Ahmed
2)Seoul National University(Korea):Dr Jeongeun Kim
3)Stanford University(USA):Dr J. Wesson Ashford
4)Serious Games Institute(UK):Dr David Wortley
5)Serious Games Association(Singapore):Dr Christopher Ng
6)Kyushu University Hospital:Dr Shin-ichiro Takasugi

******************************************************************************************
Program: (The program will be conducted entirely in English.)
14:30-14:35 Opening statement: Dr YoungSung Lee
14:35-14:45 Current state of game-care in health & medicine: the Korean Perspective
Dr Jeongeun Kim
14:45-15:00 MemTrax, a game to measure memory, screen for memory impairment(particularly
Alzheimer’s disease), and possibly to protect against dementia and improve
Memory function: Dr J.Wesson Ashford
15:00-15:15 Clinic-a serious game that uses reflective learning methodologies to train
nursing staff on patient care, part of a European Union Framework 7 Research
project MIRROR: Dr David Wortley 15:15-15:30 An introduction-Serious Games Association Singapore: Dr Christopher Ng
15:30-15:45 Rehabilitation Game for aged patients in Japan: Dr Shin-ichiro Takasugi
15:45-15:55 An Affordable, Usable, Sustainable and Preventive Healthcare System for
Unreached People: Dr Ashir Ahmed 15:55-16:00 Closing remarks: Dr YoungSung Lee
******************************************************************************************
If you have any questions, please contact us.

Ms. Yoko Noda, Dr. Naoki Nakashima
Telemedicine Development Center of Asia(TEMDEC), Kyushu University Hospital
E-mail: n-youko@tem.med.kyushu-u.ac.jp
URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/

ページの先頭へ戻る