TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年9月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2012年9月24日(月)13:30-15:00
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
****** 第631回 生医研セミナーのご案内 ******

日時: 平成24年9月24(月) 13:30~15:00
場所: 生体防御医学研究所 本館1階 会議室


【演者】
Bernard Malissen

【所属】
Centre d’Immunologie de Marseille-Luminy, Marseille, France.

【演題】
“LAT signaling pathology: a T-cell dependent, B cell autoimmune condition without T cell self-reactivity”


【要旨】
When the T-cell receptor (TCR) recognizes antigens, the CD3 chains of the TCR complex are phosphorylated by the Src family kinase Lck. This allows the recruitment of the protein tyrosine kinase ZAP-70 that in turn phosphorylates several intracellular substrates, including the LAT adaptor.
Upon tyrosine phosphorylation, LAT nucleates the assembly of a multiprotein complex - the LAT signalosome - that bridges the T cell-specific and the ubiquitous components of the signaling pathways that control many aspects of T cell development and function. Partial loss-of-function mutations in several molecules involved in TCR signaling (ZAP-70, LAT) result in inflammation and autoimmunity. How can mutations that reduce TCR signaling output paradoxically lead to immune pathologies? We will present recent data demonstrating that mutations in LAT predispose toward aberrant T cell responses to antigen in the presence of normal thymic selection. In the absence of LAT, the activity of the Lck kinase appears sustained without the need for TCR engagement. As a consequence, in the absence of LAT, antigen-specific T cell responses evolve into pro-inflammatory responses that unfold in a TCR-independent manner and induce the production of autoantibodies in a “quasi-mitogenic” mode. Therefore, some pathological conditions called "autoimmune" might not result from the presence of self-reactive T cells but from defect in mechanisms that normally keep protein tyrosine kinase activity in check.


連絡先: 生体防御医学研究所 分子免疫学分野 山崎 晶

セミナー9月のグランドラウンドの開催について

  • [開催日時]2012年9月25日(火)18:00-19:00
  • [開催場所]臨床大講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
日程: 9月25日(火) 午後6時~7時

場所: 臨床大講堂


演題1:『抗菌薬の副作用』
講師: グローバル感染症センター 下野 信行 先生
       
演題2:『研修医のメンタルヘルス ~休職と復職を経験して~ 』
講師: 九州厚生年金病院 後期研修医 嶋本 聖 先生


司会: 臨床教育研修センター 林  純、 岡田 享子


・本会は全科・全職員に対してオープンです。当院の医師だけでなく、看護師、薬剤師、検査技師、学生さん、近隣の医療機関で研修されている先生方など、多くの方々のご参加を歓迎いたします。

・特に九大病院研修医の先生は、毎月(第4火曜日)の出席状況が卒後研修評価の一つの参考資料とされますので、是非出席をお願い致します。
 なお、研修医手帳(青色)をご持参ください。出席の確認印を押します。

共催: 福岡医学会、Meiji Seika ファルマ株式会社、
     北部九州における循環型高度医療人養成事業
協賛: 財団法人恵愛団 
後援: 九州大学病院医師会、臨床教育研修センター、福岡臨床研修セミナー


---------------------------------------------
九州大学病院 臨床教育研修センター 
---------------------------------------------

セミナーNST 研修会のご案内

  • [開催日時]2012年9月26日(水)17:00-17:30
  • [開催場所]臨床小講堂1
  • [対象]
備考・問合せ先
 日頃より栄養管理にご理解とご協力ありがとうございます。早速ですが、NST研修会を下記のとおり行います。皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。
日 時:平成24年9月26日(水)17:00-17:30
場 所:臨床小講堂1

テーマ:「膵臓疾患について」

*業者によるの商品説明も10分程度予定されています。

*NSTリンクスタッフの方は、研修会から会議となっておりますので、是非、出席くださいますようお願いいたします。

*学生の皆さんのご参加もお待ちしております。

問合せ先:栄養管理室 山口(5176)

セミナー九州大学病院口腔ケアキックオフセミナー(第2回)の開催について(通知)

  • [開催日時]2012年9月27日(木)18:30-20:30
  • [開催場所]医学部百年講堂 大ホール
  • [対象]
備考・問合せ先
 口腔ケアに関する理解を深めていただくために下記のとおり、口腔ケアキックオフセミナーを開催しますので、ご多忙中とは存じますが皆様の多数のご参加をお待ちしております。


                記

九州大学病院 口腔ケアキックオフセミナー(第2回)
日  時:平成24年9月27日(木) 18:30 - 20:30 ( 開場18:00 ) 
場  所:九州大学医学部百年講堂 大ホール


            ―プログラム―

講演 1 「がん医療における口腔内管理の意義」
                 曽我賢彦(岡山大学病院医療支援歯科治療部 副部長)
                   
講演 2 「がん医療における口腔内管理の実際」
                 杉浦裕子(岡山大学病院医療技術部歯科衛生室 歯科衛生士)


なお、このセミナーは九大病院の「院内感染対策研修会」との合同研修会とさせていただいております。下記の点についてご留意いただきますようによろしくお願いいたします。

○研修会参加証を押印しますので、ポケットマニュアル(2012年改訂版)をご持参下さい。
○「院内感染対策研修会」は職員一人あたり年2回以上の参加が必要です。
○職員カードにて出席確認を行いますので、お持ちの方は忘れずにご持参下さい。

★研修会開始10分以降に参加の方には、ポケットマニュアルへの押印はいたしません。


主催:九州大学病院 顎顔面口腔外科・全身管理歯科
共催:九州大学病院 グローバル感染症センター

お問い合わせなどは下記へ
               <セミナー事務局>
                       九州大学病院顎口腔外科 大部一成(PHS 7271)                   

セミナー浅島誠先生によるセミナーのお知らせ

  • [開催日時]2012年9月28日(金)18:00-19:00
  • [開催場所]コラボ・ステーション1―2F 視聴覚ホール
  • [対象]
備考・問合せ先
この度、産業技術総合研究所幹細胞工学研究センター長、東京大学大学院総合文化研究科特任教授の浅島誠先生にご講演をお願いしました。浅島先生は、世界に先駆けてアクチビンを発見し、現在も細胞分化・臓器形成における研究を精力的に推進されております。
学士院賞、恩賜賞、紫綬褒章、東レ科学振興賞、上原賞、文化功労者など、数々の賞を受賞されております。
3年前よりご講演をお願いし、この度やっと実現した次第です。
皆様のご参加をお待ちしております。

演題:幹細胞研究の現状と課題

演者:浅島 誠 先生

日時: 平成24年9月28日(金)18:00~19:00
場所: 九州大学馬出医学系キャンパス内 コラボ・ステーション1―2F 視聴覚ホール

--
杉山大介
九州大学大学院医学研究院
先端医療医学部門
先端医療医学講座 
造血幹細胞分野

ページの先頭へ戻る