TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年10月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナーセミナーのご案内

  • [開催日時]2012年10月22日(月)13:00-14:30
  • [開催場所]コラボステーション8階
  • [対象]
備考・問合せ先
台湾大学の病院内に新設された研究施設で、老化に関する分子神経科学の研究を進めておられる新進気鋭のPei-Yu Wang氏に、東京での学会前に来福していただきます。神経変性疾患治療に関する特許も複数、あります。
ランチタイムセミナーで、discussionをメインに行いますので、お気軽にご参加ください。

タイトル:
"Functional characterization of the TGF-beta superfamily in the neuromuscular system"

講師:
Dr. Pei-Yu Wang,
Assistant Professor
Graduate Institute of Brain and Mind Sciences, National Taiwan University

日時:
平成24年10月22日(月)13:00-14:30 (講演は13:30~)

場所:
コラボステーション8階
リフレッシュルーム

これまでの代表論文:
Wang PY, Neretti N, Whitaker R, Hosier S, Chang C, Lu D, Rogina B, Helfand SL.
(2009) Long-lived Indy and calorie restriction interact to extend life span. Proc. Natl.
Acad. Sci. USA. 106(23):9262-9267. (SCI) *Editor's Choice in Science and Research Highlights in Nature (2009): An Easier Way to the Benefits of Caloric Restriction. Cell 138 (1):6

Wang PY, Protheroe A, Clarkson AN, Imhoff F, Koishi K and McLennan, I.S. (2009) Müllerian Inhibiting Substance contributes to sex-linked biases in the brain and behavior. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 106:7203-7208 (SCI)

Neretti N*, Wang PY*, Brodsky AS, Nyguyen H, White KP, Rogina B and Helfand SL.
(2009) Long-lived Indy Induces Reduced Mitochondrial ROS Production and Oxidative Damage. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 106:2277-2282 *Co-first author. (SCI)

********************

野田 百美(のだ まみ)
九州大学大学院・薬学研究院・病態生理学分野
http://seiri.phar.kyushu-u.ac.jp/



セミナー遠隔医療セミナーのお知らせ「第327回アジア遠隔医療ネットワークイベント」

  • [開催日時]2012年10月23日(火)18:00-19:30
  • [開催場所]アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
****************第327回アジア遠隔医療ネットワークイベント*********************

イベント名:第3回 ソウル大学大学院講義「内視鏡手術の進歩と課題」

アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)では、10月23日(火)に第3回 ソウル大学大学院講義「内視鏡手術の進歩と課題」を担当します。今回のイベントでは国内外8施設を接続し、最新の内視鏡手術に関連した診断・治療ついての講演を行います。研修医や若いスタッフの皆さんの参加も歓迎です。興味のある方は、どなたでもご参加ください。

日時:平成 24年 10月 23日 (火曜日)18:00~19:30
場所:アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
講演:「胃疾患に対する腹腔鏡手術-2」Dr. Hyung-Ho Kim

接続施設:
1)ソウル大学ブンダン病院(韓国):Dr. Han
2)ソウル大学病院(韓国)
3)Boramae 病院(韓国)
4)ヴィエットダック大学病院(ベトナム):Dr. Tran Binh Giang
5)Kathmandu Model病院 (ネパール):Dr. Saroj Dhital
6)Institute of Medicine(ネパール)
7)チュラロンコン大学病院 (タイ):Dr. Supanit Nivatvongs
8)九州大学病院:Dr. 永井

本イベントの問合せ先は、下記にお願いいたします。

九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター
野田陽子、清水周次
URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/


【Postgraduate Course of Seoul National Universtiy-Minimal Invasive Surgery】

We are going to hold a telemedicine event as detailed below.
If you are interested, please feel free to participate in the event.

Date: October 23 (Tue), 2012
Time: 18:00~19:30
Place: Telemedicine Development Center of Asia (TEMDEC), North Ward 2nd Floor
Lecture:Laparoscopic stomach surgery-2/ Dr. Hyung-Ho Kim

Connecting stations:
1) Seoul National University Bundang Hospital(Korea):Dr. Han
2) Seoul National University Hospital(Korea)
3) Boramae Hospital(Korea)
4) Vietduc University Hospital( Vietnam):Dr. Tran Binh Giang
5) Kathmandu Model Hospital (Nepal):Dr. Saroj Dhital
6) Institute of Medicine (Nepal)
7) Chulalongkorn University (Thailand):Dr. Supanit Nivatvongs
8) Kyushu University Hospital:Dr. Nagai

If you have any questions, please contact us.

Ms. Yoko Noda, Dr. Shuji Shimizu
Telemedicine Development Center of Asia(TEMDEC), Kyushu University Hospital
URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/




セミナーNST研修会のご案内

  • [開催日時]2012年10月24日(水)17:30-18:00
  • [開催場所]臨床小講堂1
  • [対象]
備考・問合せ先
日頃より栄養管理にご理解とご協力ありがとうございます。早速ですが、NST研修会を下記のとおり行います。
皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。
日 時:平成24年10月24日(水)17:30~18:00

場 所:臨床小講堂1

テーマ:「脂質のすすめ」 
講 師:救命救急センター NST委員会副委員長 野田 英一郎先生

*業者によるの商品説明も10分程度予定されています。

*NSTリンクスタッフの方は、研修会から会議となっておりますので、是非、出席くださいますようお願いいたします。

*学生の皆さんのご参加もお待ちしております。


問合せ先:栄養管理室 山口(5176)

セミナー生医研セミナーのお知らせ

  • [開催日時]2012年10月24日(水)17:00-18:30
  • [開催場所]生医研本館1F会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
*************** 生医研セミナーのお知らせ ***************

演者:松野 浩嗣 先生
所属:山口大学大学院 理工学研究科・教授

タイトル:「ハイブリッドペトリネットによる細胞内反応ネットワークのモデル化とシミュレーション」

日時:2012年10月24日(水)17:00~18:30
場所:生医研本館1F 会議室


近年ビッグデータサイエンスが益々重要になっており、それに伴ってデータドリブン型の定量的研究手法が盛んになっています。それに伴って、一方ではネットワークのモデル化とシミュレーションが現実味を帯びて行われるようになってきました。松野先生は『ハイブリッドペトリネット』という新手法を用いて、身体の中でおきている様々な生命現象をコンピュータの中で表現することにより、現在の生物実験をより効率的に進める研究を行われています。開発のコンセプトは、「誰もが簡単にシミュレーションができる」ことを目指した、一味違うツールということです。モデル化とシミュレーションを勉強するまたとないチャンスです。皆様奮ってご参加下さい。


世話人:生医研・分子発現制御学 中山 敬一(内線6815)

セミナー大学院講義「硬組織研究法」のご案内

  • [開催日時]2012年10月25日(木)17:00-18:30
  • [開催場所]歯学部講義実習棟1階講義室C
  • [対象]
備考・問合せ先
大学院講義「硬組織研究法」の講演会が開催されますのでご案内申しあげます。骨代謝研究・骨再生研究で有名な先生方の講義です。未定の部分もござ いますが、取り急ぎ、ご案内申しあげます。奮ってご参加ください。

10月25日木曜日午後5時~6時30分(質疑応答含みます)(場所:歯学部講義実習棟1階講義室C)
○高橋直之先生(松本歯科大学・教授 総合歯科医学研究所・所長):骨代謝研究の新展開(仮題) 高橋直之先生はRANKLの発見者です。最近の Wntシグナルに関するNature Medicine の内容もお話し頂けると思います。最終的なタイトルが決まりましたら、再度ご案内させて頂きます。今年度は、あと、2名の先生が「硬組織研究法の講義に来られます。
○工藤明先生(東京工業大学・高次生命情報学講座・教授) (来年1月の予定です) 工藤先生はペリオスチンの発見者です。現在、メダカを用いた 骨代謝イメージングの宇宙実験でソユーズの基地に行っておられます。宇宙医学についてもお話し頂けると思います。
○長澤丘司先生(京都大学・再生医科学研究所・教授) (講義日について折衝中です) 長澤先生は骨髄幹細胞や骨髄再の世界的リーダーです。先生 の発見された骨髄のCAR細胞はとても有名です。骨代謝に深く関係する最先端の情報もお話し頂けると思います。詳細が決まりましたら、またご案内申しあげますので、宜しくお願い致します。

口腔常態制御学講座
分子口腔解剖学分野
久木田 敏夫

ページの先頭へ戻る