TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2013年9月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー臨床研究認定更新講習

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2013年9月20日(金)18:30-19:30
  • [開催場所]臨床小講堂2
  • [対象]
備考・問合せ先
演題:我が国におけるアカデミア創薬の現状と課題
    ―創薬支援ネットワークの構築に向けて―
演者:榑林陽一
   医薬基盤研究所理事、創薬支援戦略室設置準備室長
座長:中西洋一
   九州大学病院ARO次世代医療センター センター長
場所:九州大学病院 臨床小講堂2
日時:2013年9月20日(金)18:30~19:30
セミナーHP:http://www.med.kyushu-u.ac.jp/crc/center/seminar20130920.html
※臨床研究認定制度に関するお問い合せは、戦略企画課 堤
 byskenkyu(at.mark)jimu.kyushu-u.ac.jp 内線5082 へお願いします。

  (at.mark)⇒@に置換えてください。

市民公開講座第11回 九州大学医学部保健学科公開講座のお知らせ

  • [開催日時]2013年9月21日(土)13:30-16:00
  • [開催場所]医学部百年講堂 中ホール(3)
  • [対象]
備考・問合せ先
九州大学医学部保健学科主催にて、第11回公開講座を開催いたします。
参加ご希望の方は下記の参加申込書をご記入の上、FAXまたは郵送して下さい。

 
※クリックでPDFファイルが開きます。
テーマ: 「身近な健康を考える-永く健やかに-」

日 時: 平成25年9月21日(土)13:30-16:00

会 場: 九州大学病院キャンパス 医学部百年講堂 中ホール(3)
      福岡市東区馬出3-1-1

      医学部百年講堂ウェブサイト

主 催: 九州大学医学部保健学科

お問い合わせ:九州大学医系学部等総務課総務第一係
         〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
         TEL: 092-642-6248 FAX: 092-642-6246
         E-mail: ijssomu1(a)jimu.kyushu-u.ac.jp ※(a)を@に置換えてご送信ください
         URL: http://www.shs.kyushu-u.ac.jp

申し込み締め切り:9月17日(火)

公開講座申込書:こちらからダウンロードしてください

セミナー第653回生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2013年9月24日(火)17:00-18:10
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先

■第653回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)■

下記のとおり、東京大学の久保田浩行先生によるセミナーを開催致します。
ご興味のある皆様のご来聴を心より歓迎申し上げます。

演題:Systems biology of insulin -top-down and bottom-up approaches-
   【Seminar in English】

演者:久保田 浩行 先生  Associate Prof. Hiroyuki Kubota
   東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 特任准教授
   Department of Biophysics and Biochemistry, Graduate School of Science, University of Tokyo

日時:平成25年9月24日(火)Sep. 24 (Tue), 2013
   17:00~18:10

場所:生体防御医学研究所本館1階 会議室
   Seminar Room, 1F, Main Building, Medical Institute of Bioregulation

要旨:
Insulin regulates cellular functions through global molecular networks across multiple omic layers. Also, blood insulin exhibits several temporal patterns, and they are important for insulin homeostasis. Therefore, both revealing the networks across multiple omic layers (top-down approach), and revealing how insulin selectively regulates cellular functions through its temporal patterns (bottom-up approach) are necessary to understand the entire picture of insulin systems. I would like to talk about the study revealing the global networks across phospho-proteome and metabolome layers (trans-omic analysis), and the study of how insulin selectively regulates cellular functions through its temporal patterns (temporal coding of insulin).

業績:
1. Kubota, H. et al. Temporal coding of insulin action through multiplexing of AKT pathway. Molecular Cell. 46, 820-32 (2012) 2. Uda, S. et al. Robustness and compensation of information transmission of signaling pathways. Science. 341, 558-561 (2013)

連絡先:
生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 佐々木 裕之
Division of Epigenomics and Development, MIB, Hiroyuki SASAKI
電話:092-642-6759
 

セミナー第652回生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2013年9月25日(水)10:00-11:30
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
■【9/25開催】第652回生医研セミナーのご案内■

下記の要領で生医研セミナーを予定しております。
ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

*************************************
演題:「Computational and systems approaches to early stage drug discovery」
   (Seminar in English)

演者:水口 賢司先生  Dr. Kenji Mizuguchi
   独立行政法人 医薬基盤研究所
   National Institute of Biomedical Innovation

日時:平成25年9月25日(水)Sep. 25(Wed), 2013
   10:00~11:30

場所:生体防御医学研究所本館1階 会議室
   Seminar Room, Main Building 1F,
   Medical Institute of Bioregulation

要旨:
A significant proportion of late phase attrition of new drug candidates is considered to be due to inappropriate target selection. Computational methods can potentially improve target identification and validation at the earliest possible stage of drug development by providing a better understanding of the biology of the target network.
Such a knowledge should also lead to new therapeutic strategies based on molecular mechanisms. Towards this end, we have developed TargetMine, an integrated data warehouse for assisting early stage drug discovery[1], as well as other computational biology techniques, utilizing information about protein sequence, structure and interaction (e.g., [2]). These methods have been applied to specific drug discovery projects, including hepatitis C virus (HCV) infection and breast cancer, and led to several novel discoveries[3-5]. We are also developing databases for biomarker discovery and toxicity prediction. In my talk, I will describe some of these computational tools with specific applications.

References
1) Chen, Y.A., L.P. Tripathi, and K. Mizuguchi, (2011) PLoS One, 6, e17844.
2) Murakami, Y. and K. Mizuguchi, (2010) Bioinformatics, 26, 1841-8.
3) Tripathi, L.P., et al., (2013) J Proteome Res, 12, 2537-51.
4) Tripathi, L.P., et al., (2012) J Proteome Res, 11, 3664-79.
5) Tripathi, L.P., et al., (2010) Mol Biosyst, 6, 2539-53.


連絡先:生体防御医学研究所 情報生物学分野 
    須山 幹太
    Division of Bioinformatics, MIB, Mikita SUYAMA

セミナークリニカルクラークシップ 「地域医療臨床実習 報告会」 のご案内

  • [開催日時]2013年9月27日(金)18:30-20:00
  • [開催場所]コラボ・ステーションI 2階 視聴覚ホール
  • [対象]
備考・問合せ先
この度下記の要領で医学部6年生クリニカルクラークシップ
「地域医療臨床実習」の学生報告会を開催致します。

ご興味のある皆様方のご参加を心より歓迎申し上げます。
学部学生の参加も歓迎します。
****************************************************
平成25年度クリニカルクラークシップ
「地域医療臨床実習 報告会」

◆日 時 平成25年9月27日(金) 18:30~20:00
◆場 所 九州大学コラボ・ステーションI 2階 視聴覚ホール

【開会の辞】18:30~    医学研究院 副研究院長 飛松 省三 先生
【全体報告】18:35~18:45  地域医療教育ユニット 貝沼 茂三郎
【学生報告】18:45~19:45
① 頴田病院 
② 公立八女総合病院(1回目) 
③ 米の山病院 
④ 小波瀬病院 
⑤ 公立八女総合病院(2回目)
⑥ 宮田病院 
(一人当たり発表6分、質疑応答4分)
【総合討論】19:45~19:55
【閉会の辞】19:55~   医学研究院 研究院長 片野 光男 先生

◆ 九州大学大学院 医学研究院 地域医療教育ユニット 貝沼 茂三郎

ページの先頭へ戻る