TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2013年9月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー研究セミナーのご案内

  • [開催日時]2013年9月17日(火)16:30-
  • [開催場所]薬学部第1講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の研究セミナーへのご来聴、歓迎します。

講演者 Dr. Supriya G. Prasanth (Associate Professor, University of Illinois)
日時 9月17日(火) 午後4時30分から1時間程度
場所  薬学部第1講義室(1号館5階奥)

演題

Dynamic phosphorylation of HP1α orchestrates mitotic progression in human cells

Arindam Chakraborty, Kannanganattu V. Prasanth and Supriya G. Prasanth

Heterochromatin protein 1α (HP1α), a key player in the establishment and maintenance of higher-order chromatin is implicated in essential cellular processes including transcriptional activation/repression, metaphase chromatid cohesion and centromere organization. Human HP1α is highly phosphorylated; however, the kinase(s) that phosphorylates HP1α and the functional relevance of phosphorylation remained elusive. We demonstrate that HP1α is constitutively phosphorylated within its chromodomain whereas the phosphorylation within the hinge domain occurs preferentially at G2/M phase of the cell cycle. Further, phosphorylation of the hinge region of HP1α by NDR1 kinase is required for mitotic entry and Sgo1 binding to mitotic centromeres. Cells lacking NDR kinase show loss of mitosis-specific phosphorylation of HP1α, persistent association of HP1α with the mitotic chromosome arms and a prometaphase arrest.
Expression of the hinge-specific non-phosphorylatable-HP1α mutant phenocopies the mitotic abnormalities of NDR-depleted cells.
NDR-depleted cells expressing hinge-specific phosphomimetic HP1α mutant rescued the prometaphase entry defects, but arrested the cells at telophase with abnormal daughter nuclei, suggesting that the dephosphorylation of HP1α within the hinge domain is essential for mitotic exit. We demonstrate that the phosphorylation-dephosphorylation cycle of HP1α is essential for accurate mitotic progression.

代表論文
Dynamic association of ORCA with prereplicative complex components regulates DNA replication initiation.
Shen Z, Chakraborty A, Jain A, Giri S, Ha T, Prasanth KV, Prasanth SG.
Mol Cell Biol. 2012 Aug;32(15):3107-20. doi: 10.1128/MCB.00362-12. Epub
2012 May 29.

A WD-repeat protein stabilizes ORC binding to chromatin.
Shen Z, Sathyan KM, Geng Y, Zheng R, Chakraborty A, Freeman B, Wang F, Prasanth KV, Prasanth SG.
Mol Cell. 2010 Oct 8;40(1):99-111. doi: 10.1016/j.molcel.2010.09.021.

Human origin recognition complex is essential for HP1 binding to chromatin and heterochromatin organization.
Prasanth SG, Shen Z, Prasanth KV, Stillman B.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Aug 24;107(34):15093-8. doi:
10.1073/pnas.1009945107

世話人
片山 勉・川上広宣(薬学研究院・分子生物薬学分野 内6641)

セミナー第11回九大痛みの研究会

  • [開催日時]2013年9月17日(火)18:00-20:10
  • [開催場所]医学部 百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
医歯薬キャンパスの皆様へ


この度下記の要領で「第11回九大痛みの研究会」を開催致します。

ご多忙の折、誠に恐縮ですが、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

なお、軽食をご用意致しております。学部学生の参加も歓迎します。  


医学研究院

臨床神経生理学分野 飛松省三



第11回 九大痛みの研究会


◆日 時  2013年9月17日(火)18:00~20:10

◆場 所  九州大学医学部 百年講堂



【開会の辞】 18:00-18:05 

九大痛みの研究会 代表世話人 医学研究院 麻酔・蘇生学 外 須美夫 先生

【研究発表】 18:05-19:05 
座長:薬学研究院 薬剤学 大戸 茂弘先生                
1.「ケモカイン受容体CCR5の 神経障害性疼痛への関与」
  薬学研究院薬理学 松下克之先生

2.「触覚による疼痛緩和の脳内メカニズム:脳磁計による2次体性感覚野・島皮質の検討」
医学研究院 臨床神経生理学 早水真理子先生

3.「外来化学療法を受けるがん患者が有する疼痛などの疫学調査」
  医学研究院呼吸器内科学 藤井亜希子先生

【特別講演】 19:05-20:05 
座長: 医学研究院 麻酔・蘇生学 外 須美夫 先生
   
 「神経障害性疼痛治療における薬物併用の可能性」
 
   演者: 熊本大学大学院生命科学研究部麻酔科学分野
教授 山本 達郎 先生

【閉会の辞】 20:05-20:10 
薬学研究院 薬理学 井上 和秀 先生



共催  九大痛みの研究会
    ヤンセンファーマ株式会社
                            

九州大学臨床神経生理 飛松省三

セミナー第32回生命医科学セミナーのおしらせ

  • [開催日時]2013年9月17日(火)18:00-19:00
  • [開催場所]総合研究棟1階 105セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先

***************** 第32回生命医科学セミナーのおしらせ*****************

下記の要領で生命医科学セミナーを予定しております。
ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。


演 題:The role of DDB2 (XP-E) in Tumor Suppression and Apoptosis

演 者: Dr. Stuart Linn (Dept of Molec. and Cell Biol., The University of California)

日 時:平成25年9月17日(火) 18:00~19:00

場 所:病院地区総合研究棟1階 105セミナー室


DDB is a heterodimer of p48/DDB2, which is found only in higher eukaryotes, and p127/DDB1, that is ubiquitous among eukaryotes.
Mutations in human DDB2 generate xeroderma pigmentosum Group E and fibroblasts from XP-E individuals are resistant to killing by UV due to a deficiency in UV-induced apoptosis, reflecting reduced
basal- and UV-induced p53 levels. Ddb2-/- mice have enhanced skin tumors and cataract formation after UV irradiation, but do not respond abnormally to g-ray or DMBA exposure. Both Ddb2-/- and Ddb2
+/- mice have shortened life spans and an enhanced frequency and spectrum of spontaneous tumors, particularly lung and mammary adenocarcinomas. Ddb2-/- mice are smaller than normal and, whereas the
sizes of kidneys and livers are reduced proportionately, spleens gradually enlarge with age due to lymphoid proliferation.
Ddb2-/- mice have larger testes due to decreased testicular germ cell spontaneous apoptosis, reflecting reduced levels of p53 in the cells.
Tumors that appear in heterozygous Ddb2+/- mice conserve the wild type Ddb2 allele, Ddb2 RNA expression, and Ddb2 exon sequences. Therefore,
Ddb2 heterozygosity can facilitate tumor development as a haploinsufficient tumor suppressor. A scheme will be proposed for DDB action after UV irradiation that involves the
Cullin4-DDB1-DDB2 ubiquitin ligase and the degradation of KAT3B (CBP/p300) acting as a DNA damage dosimeter for the signal to initiate apoptosis.


共 催:福岡医学会

問合せ:九州大学大学院 医学研究院 基礎放射線医学分野 續 輝久
 (内線6141)


■ 第32回生命医科学セミナー(Biomedical Science Seminar)

セミナー第32回九州大学病院がんセミナー開催のご案内

  • [開催日時]平成25年9月18日(水)18:30~20:00
  • [開催場所]九州大学病院 臨床小講堂2
  • [対象]
備考・問合せ先
第32回九州大学病院がんセミナー開催のご案内

 日頃より、がんセンターの業務にご協力いただきありがとうございます。
 がんセンターでは、下記のとおり、がんセミナーを開催いたします。このセミナーは、がん診療について幅広い知識を習得するために、ガイドラインや最新のエビデンスに基づいた講習として開催されます。
学内外を問わず、医師・研修医・看護師・技師・薬剤師など多くの方々のご参加を歓迎いたします。


日  時:  平成25年9月18日(水)18:30~20:00

場  所:  九州大学病院 臨床小講堂2(受付は3階入り口で行います)

講演内容:
1.「悪性腫瘍の放射線治療」 九州大学病院 放射線科 佐々木 智成 先生
2. 「肺がんの薬物療法」   九州連携臨床腫瘍学講座 / 呼吸器科 岩間 映二 先生
3.「九州がんプロ養成基盤推進プランのめざすところ」 九州連携臨床腫瘍学講座 馬場 英司 先生


座 長:九州大学病院 呼吸器科 中西 洋一 先生

*事前の申し込み・参加料は不要です

九州大学病院 がんカンファレンス 担当世話人  中 西 洋 一
九州大学病院 緩和ケアチーム チームリーダー  外  須 美 夫
九州大学病院 がんセンター センター長    水 元 一 博
共催:医療連携センター、臨床教育研修センター、福岡医学会、九州大学医師会
問合せ先:がんセンター 担当 粂橋(くめはし)

学会・シンポ新生命科学分野開拓とスーパーコンピュータ「京」

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2013年9月19日(木)13:00-17:20
  • [開催場所]百年講堂 中ホール1・2
  • [対象]
備考・問合せ先
 シンポジウム『新生命科学分野開拓とスーパーコンピュータ「京」』を、下記の通り開催いたします。
 本シンポジウムでは、スーパーコンピュータ「京」の生命科学への展開開拓をテーマとして、
 生命科学と計算科学の領域で活躍していらっしゃる先生方に講演いただきます。
 お忙しい中大変恐縮ですが、この機会に是非ご聴講いただきますようご案内申し上げます。


            記

日 時 :平成25年9月19日(木)13:00~17:20
場 所 :九州大学医学部百年講堂 中ホール1・2
      九州大学病院キャンパス(福岡市東区馬出3-1-1)
参加費 :無料
講演者:
    神内 衣里香(理化学研究所 HPCI計算生命科学推進プログラム・チーム員)
    奥野 恭史 (京都大学大学院薬学研究科・教授)
    宮野 悟  (東京大学医科学研究所・教授)
    須山 幹太 (九州大学生体防御医学研究所・教授)

詳細はシンポジウムのホームページをご覧ください。
 HP : http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/sympk/
(ポスター): http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/sympk/poster_sympk.pdf
(九大イベント情報)http://www.kyushu-u.ac.jp/event/index_read.php?sc_Kind2=Y&page=1&EA_Code=437

また、事前申し込みは、9月11日迄ホームページにて受け付けております。

お問い合わせ先:九州大学大学院農学研究院 久原 哲 (事務局 宮崎)
    e-mail: sympk2013(a)grt.kyushu-u.ac.jp
         ※(a)を@に替えてメール送信してください

ページの先頭へ戻る