TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2013年11月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第659回生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2013年11月29日(金)15:30-16:30
  • [開催場所]総合研究棟1階セミナー室105
  • [対象]
備考・問合せ先
■第659回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)
ゲノミクスエピゲノミクス研究拠点セミナー■

下記の通り、大阪大学大学院の浦聖恵先生によるセミナーを開催致します。
ご興味のある皆様のご来聴を心より歓迎いたします。

演題:ヒストンの多種多様性を介したエピジェネティク制御
演者:浦 聖恵 先生
   大阪大学大学院・医学系研究科・遺伝子治療学・准教授
   科学技術振興機構 さきがけ
日時:平成25年11月29日(金) 15:30~16:30
場所:馬出医学系キャンパス内 総合研究棟1階セミナー室105
要旨:
真核生物のDNAはヒストンタンパク質と結合してヌクレオソームを基本単位とするクロマチン構造を形成し、核内に高次に折り畳まれて存在する。ヒストンは、分子進化の速度が極めて遅いタンパク質で、アセチル化やメチル化などによって、多種多様に変化する。近年、このヒストンの多種多様性が、DNA塩基配列を越えた遺伝子機能制御“エピジェネティクス制御”の重要な分子基盤になるとの考えが定着してきたが、ヒストンの多種多様性の分子機能は未だに謎に包まれている。この問いに答えるために、私達はリンカーヒストンH1と、コアヒストンH3の36番目リジン残基のメチル化(H3K36me)酵素 Wolf-Hirschhorn syndrome candidate 1 (Whsc1)に焦点を当てて、再構成クロマチンやES細胞・マウス個体レベルでクロマチンの構造と機能解析を進めている。最近、Whsc1欠損マウスの解析から、転写活性領域をマークするH3K36me酵素がDNA損傷応答に深く関わっていることが明らかになって来た。単純に転写活性化状態を正か不に2分する従来の転写制御と次元の異なる、ヒストン修飾を介した転写-DNA損傷共役制御について議論したい。

1. Nimura K., et al. A histone H3 lysine 36 trimethyltransferase linkes Nkx2-5 to Wolf-Hirschhorn syndrome. Nature, 460, 287-291, 2009
2. Kashiwagi K., et al. DNA methyltransferase 3b preferentially associates with condensed chromatin. Nucleic Acids Res., 39, 874-888, 2011
3. Sarai N., et al. WHSC1 links transcription elongation to HIRA-mediated histone H3.3 deposition in activated genes. EMBO J.,32, 2392-2406, 2013
連絡先:生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 佐々木 裕之
Division of Epigenomics and Development, MIB, Hiroyuki SASAKI

ページの先頭へ戻る