TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2014年7月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第36回九州大学病院がんセミナー開催のご案内

  • [開催日時]2014年7月14日(月)18:30-20:00
  • [開催場所]臨床小講堂2
  • [対象]
備考・問合せ先
  日頃より、がんセンターの業務にご協力いただきありがとうございます。
がんセンターでは、下記のとおり、がんセミナーを開催いたします。このセミナーは、がん診療について幅広い知識を習得するために、
ガイドラインや最新のエビデンスに基づいた講習として開催されます。
学内外を問わず、医師・研修医・看護師・技師・薬剤師など多くの方々のご参加を歓迎いたします。また、学生の皆様の参加も歓迎いたします。


日  時:  平成26年7月14日(月)18:30~20:00
場  所:  九州大学病院 臨床小講堂2(受付は3階入り口で行います)
講演内容:  
1.「食道癌の治療戦略」 九州大学病院 消化管外科(2)佐伯 浩司 先生
2.「小児ホジキンリンパ腫治療の進歩」~小児がん晩期合併症を減らすための工夫~ 
九州大学病院 小児科 古賀 友紀 先生
3.「抗がん薬の血中濃度モニタリング」 九州大学病院 薬剤部 増田 智先 先生
座 長:九州大学病院 呼吸器科 中西 洋一 先生
*事前の申し込み・参加料は不要です

九州大学病院 がんカンファレンス 担当世話人  中 西 洋 一
九州大学病院 緩和ケアチーム チームリーダー  外  須 美 夫
九州大学病院 がんセンター センター長    水 元 一 博

共催:医療連携センター、臨床教育研修センター、福岡医学会、九州大学医師会、九州連携臨床腫瘍学講座
問合せ先:がんセンター(092-642-5890) 担当 粂橋(くめはし)

セミナー病理:Andrew L. Folpe 先生特別講演のご案内

  • [開催日時]2014年7月14日(月)9:00-
  • [開催場所]北病棟 地下1階 剖検所見会室
  • [対象]
備考・問合せ先
 メイヨー医科大学の病理学の教授であるAndrew L. Folpe 先生にご講演をしていただく事になりましたのでご案内申し上げます。

演者:メイヨー医科大学 病理学
教授 Andrew L. Folpe 先生
演題:Update on Selected Matrix-Forming Tumors of Soft Tissue
日時:平成26年7月14日(月)9:00~
場所:九州大学 北病棟 地下1階 剖検所見会室

医学部生はもちろんのこと、教員・医局員・大学院生の先生方の多数のご来場を歓迎致します。

問合せ先:
九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学
資料室 林 美由紀

セミナー大学院特別講義「硬組織研究法」(第4回目)「破骨細胞の分化と機能の制御機構:RANKLと転写制御因子」

  • [開催日時]2014年7月14日(月)13:00-16:00
  • [開催場所]歯学部講義実習棟 1階 講義室B
  • [対象]
備考・問合せ先
 歯学研究院より大学院特別講義「硬組織研究法」(第4回目)のご案内

演者:
佐賀大学・医学部・病因病態学講座・微生物学分野
准教授 (九州大学大学院・歯学研究院・客員教授)
久木田 明子 先生 

講演タイトル:
「破骨細胞の分化と機能の制御機構:RANKLと転写制御因子」

日時:平成26年7月14日(月)13:00~16:00
場所:歯学部講義実習棟 1階 講義室B

骨代謝研究でユニークな研究を展開している同博士によるわかりやすい講義です。同博士はPOKEMON遺伝子(OCZF,Zbtb7,FBI-1)の発見者です。本講義は歯学部2年生の「口腔細胞生物学」の講義を兼ねています。(途中、中休みがございます)。ご興味のある方はどなたでもお越しください。ご来場を歓迎いたします。


口腔常態制御学講座
分子口腔解剖学分野
久木田(「硬組織研究法」世話人)

セミナー第678回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点) 免疫機構研究セミナー 九州大学病院ARO次世代医療センターセミナーのお知らせ

  • [開催日時]2014年7月17日(木)17:00-18:00
  • [開催場所]臨床小講堂2
  • [対象]
備考・問合せ先
 
《第678回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)免疫機構研究セミナー 九州大学病院ARO次世代医療センターセミナーのお知らせ》


7/17(木)、第678回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)・免疫機構研究セミナー・九州大学病院ARO次世代医療センターセミナーを開催いたします。
詳細につきましては、下記のとおりです。皆様方のご来聴を、心よりお待ち申し上げます。

演 題:「Advances in Immune Therapy of Metastatic Renal Cancer(転移性腎臓がんに対する免疫療法の進歩)」

演 者:Professor Mario Sznol (Yale University/Smilow Cancer Center, USA)

要 旨:  Dr.Sznolは悪性腫瘍に対する免疫療法を中心に多くの臨床試験を実施されてきております。今回は第12回臨床腫瘍学会シンポジウムに参加のため来福されましたので、九州大学病院でのセミナーもお願い致しました。
本セミナーでは特に最近注目されております、免疫チェックポイント阻害抗体療法を用いた臨床試験成果について最新の情報を
紹介していただきます。

日 時: 平成26年7月17日(木) 17:00-18:00
場 所: 臨床小講堂2
参加費: 無料

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

連絡先:生体防御医学研究所 ゲノム病態学分野 谷 憲三朗


セミナー第92回先端医工学セミナー開催

  • [開催日時]2014年7月24日(木)17:00-18:30
  • [開催場所]West Wing 3階
  • [対象]
備考・問合せ先
7月24日(木曜)17:00より先端医工学セミナーを開催いたします。
今回はDeagu-Gyeonbuk大学ロボット工学講座(DIGST)教授のPyung Hun Chang先生をお招きして「リハビリテーションロボット」についてのご講演を賜ります。
最先端のリハビリテーションロボットについて、大変興味深いお話を拝聴できるものと思います。
どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお待ちしております。

時間:7月24日(木)17:00-18:30
場所:West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
主催:九州大学病院先端医工学診療部
共催:福岡医学会

Title: Robotic Rehabilitation through the Control of Mechanical Impedance
Abstract:
Robotics has been emerging as a promising tool for the diagnosis and therapy of human limb dysfunction and a key factor of robotic rehabilitation is the respective mechanical impedance of robot and human. In this talk, we will describe how robust control of robot impedance benefits rehabilitation of human limbs. To this end we will introduce a robust impedance control along with its application to the control of bimanual asymmetric tasks based on Guiard’s three principles. Then we will present how this control enables an accurate stochastic estimation of human wrists and arms. We will also show an active impedance control for both passive training and active training of human hands. Finally we will introduce our ongoing research at DGIST on robotic rehabilitation based on brain plasticity.




ページの先頭へ戻る