TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2014年9月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー《第682回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)グローバルCOE理医連携セミナー・免疫機構研究セミナーのお知らせ》

  • [開催日時]2014年9月10日(水)18:00-19:00
  • [開催場所]総合研究棟 セミナー室105
  • [対象]
備考・問合せ先
 今回は下記の内容でご講演をいただきます。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

演 題:「リンパ球の単一細胞レベルの解析:ヒトへの応用を目指して」
演 者:岸 裕幸 先生
国立大学法人富山大学大学院医学薬学研究部(医学)免疫学 准教授

岸先生はリンパ球の機能解析研究を長年に亘って行われてきており、最近は単一細胞レベルでの研究を中心に実施され、多くの顕著な成果を発表されています。

要 旨:Bリンパ球、Tリンパ球は、抗原特異的免疫応答の中心的な担い手として、ウイルスやがん細胞の排除に重要な役割を果たしている。その抗原特異性を担っているのが、抗原受容体である抗体およびT細胞受容体(TCR)である。ウイルスやがんに対する抗
体は、近年、抗体医薬として臨床で使われている。一方、TCR遺伝子を用いたがんのTCR遺伝子治療も、次世代のがんの治療法として試みられている。
私たちの教室では、近年、ヒト末梢血中のBリンパ球やTリンパ球を単一細胞レベルで解析し、抗原特異的Bリンパ球やTリンパ球を見つけ出し、その抗原受容体である抗体やTCRを1個のリンパ球から効率良くクローニングし、その機能を解析する手法を開発してきた。
このようにして取得されたヒトの抗体やTCRは、そのまま抗体医薬やTCR遺伝子治療の材料として使用することが可能であり、私たちの技術は、抗体医薬やTCR遺伝子の開発に大きく貢献できるものと考えている。
本セミナーでは、リンパ球チップを用いた抗原特異的抗体の開発(Jin et al., Nature Medicine, 2009)と、最近開発を進めている抗原特異的TCRの取得法(Kobayashi et al., Nature Medicine, 2013)について、最近の技術的進歩も含めて説明させていただきます。


日 時:平成26年9月 10日(水) 18:00~19:00
場 所:総合研究棟 セミナー室105
連絡先:生体防御医学研究所 ゲノム病態学分野
谷 憲三朗 092(642)6434

セミナー■【9/11開催】第680回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)のご案内■

  • [開催日時]2014年9月11日(木)17:00-18:00
  • [開催場所]生医研本館1F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 下記の要領で生医研セミナーを予定しております。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

************************************
日時:
9月11日(木)17:00から18:00

場所:馬出キャンパス内 生医研本館1F 会議室
演題:「タンパク質の立体構造を活用したインシリコ創薬」
演者:広川 貴次
(独)産業技術総合研究所 創薬分子プロファイリング研究センター
理論分子設計チーム・チーム長

概要:
1894年にFischer博士によってタンパク質と化合物相互作用の基礎となる「鍵と鍵穴」理論を提唱してから100年以上が経ち、今や創薬標的も、一分子からタンパク質‐タンパク質相互作用制御が求められる時代になってきている。さらに構造ゲノミクスやケミカルゲノミクスの進展も相俟って、我々が取り扱うべき情報量は膨大となっており、インシリコ創薬と呼ばれるコンピュータを用いた創薬支援の加速化・合理化、および作用機序メカニズムの理解への期待が一層高まっている。本セミナーでは、タンパク質モデリングや、分子動力学シミュレーションによるタンパク質の動的性質を考慮した医薬品探索・設計について、いくつかの実例を紹介したい。

連絡先:
生体防御医学研究所/情報生物学分野
須山 幹太

市民公開講座第12回九州大学医学部保健学科公開講座

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]平成26年9月13日(土)
  • [開催場所]百年講堂 中ホール1
  • [対象]
備考・問合せ先
 九州大学医学部保健学科では、第12回公開講座を開催いたします。
参加ご希望の方は以下の参加申込書をご記入の上、FAXまたは郵送して下さい。

テーマ 「身近な健康を考える2 -安全に健やかに- 」
 

画像をクリックでチラシが開きます。
日 時 平成26年9月13日(土)13:30~16:00 
会 場 九州大学 医学部百年講堂 中ホール1
〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
主 催

九州大学医学部保健学科

 
お問い合わせ 九州大学医系学部等総務課総務第一係
〒812-8582 福岡市東区馬出 3-1-1
TEL 092-642-6248, FAX 092-642-6246
E-mail: ijssomu1[at] jimu.kyushu-u.ac.jp
※[at]を@に置き換えてメールをご送信ください。

URL: http://www.shs.kyushu-u.ac.jp/
 
申し込み締め切り 9月5日(金)
 
 公開講座チラシはこちら 
 公開講座参加申込書はこちら 
  

セミナー第三回JSCTR-KRP Joint 臨床研究セミナー  「臨床試験における品質管理」

  • [開催日時]2014年9月13日(土)13:30-17:00
  • [開催場所]同窓会館小講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
平成26年9月13日(土)、臨床研究認定の更新講習として、 ㈱久留米リサーチ・パーク主催の第三回JSCTR-KRP Joint 臨床研究セミナーをご案内いたします。

第三回JSCTR-KRP Joint 臨床研究セミナー  「臨床試験における品質管理」
日時:平成26年9月13日(土)13:30~17:00
場所:九州大学病院キャンパス同窓会館小講堂
主催: ㈱久留米リサーチ・パーク
共催:ARO次世代医療センター
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/crc/center/kurumeseminar20140913.html

セミナー第95回先端医工学セミナー

  • [開催日時]2014年9月18日(木)18:00-
  • [開催場所]West Wing 3階
  • [対象]
備考・問合せ先
 9月18日(木曜) 18:00より第95回先端医工学セミナーを開催いたします。

今回は九州大学大学院理学研究院生物科学部門・助教 松田 修先生をお招きして「見た目」による「見分け」は意外に難しい?-分光画像を用いた形質識別支援の試み-」と題してご講演を賜ります。

大変興味深いお話を拝聴できるものと思います。
どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお待ちしております。

「見た目」による「見分け」は意外に難しい?-分光画像を用いた形質識別支援の試み-
九州大学大学院理学研究院生物科学部門・助教 松田 修

われわれが生物を観察し、種名を特定したり状態を推察したりする際に、最初に触れる入力情報は、取りも直さず外観である。目視による外観の評価は、最も日常的な形質識別の手段である。しかしながら、この作業を迅速かつ正確に行うためには、外観を細部まで定量的に把握する観察力と、情報の照合先としての知識とを研ぎ澄ませる必要があり、人間が備え持つ知能と感覚が、自ずとその限界を規定することになる。近年、生物画像に対するパターン認識技術の活用が進むにつれ、外観が人間の認識能力をはるかに上回る情報を含み得ることが実感され始めている。一方、汎用的な画像のデータ形式は十数年にわたって変化がなく、画像のもつ情報量の拡大は、主として空間解像度の増加によってのみ達成されてきた。発表者はより確な形質識別を可能とするため、情報量を波長軸方向に拡張した分光画像のもつ可能性に着目している。従来分光画像は、衛星や航空機によるリモートセンシングを主目的として活用されてきたため、近接的に撮影した生物試料を解析するためのツールやノウハウはほとんど蓄積していない。本発表では、過去5年以上にわたる試
行錯誤の末に発表者が会得してきた分光画像の性質と限界に関する知見のほか、基礎および応用研究のために開発した解析手法およびツールと、それを用いた解析事例を紹介する。医療における分光画像の有効な活用法を見出すための、活発な議論の場となることを期待したい。

時間:9月18日(木曜) 18:00-19:00
場所:West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
主催:九州大学病院先端医工学診療部
共催:福岡医学会

ページの先頭へ戻る