TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2015年2月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー生医研セミナーのお知らせ

  • [開催日時]2015年2月6日(金)17:00-18:30
  • [開催場所]生医研本館1F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 *************** 生医研セミナーのお知らせ ***************

演者:川辺 浩志 先生
所属:Max Planck Institute of Experimental Medicine・Project Group Leader

タイトル:「Nedd4 Family E3ユビキチンリガーゼを介した神経細胞発達の調節機構」

日時:2015年2月6日(金)17:00~18:30
場所:生医研本館1F 会議室


【参考論文】
Ubiquitin E3 ligase Nedd4-1 acts as a downstream target of PI3K/PTEN-mTORC1 signaling to promote neurite growth.
Hsia HE, Kumar R, Luca R, Takeda M, Courchet J, Nakashima J, Wu S, Goebbels S, An W, Eickholt BJ, Polleux F, Rotin D, Wu H, Rossner MJ, Bagni C, Rhee JS, Brose N, Kawabe H.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Sep 9;111(36):13205-10.

The role of ubiquitylation in nerve cell development.
Kawabe H, Brose N.
Nat Rev Neurosci. 2011 May;12(5):251-68.

Regulation of Rap2A by the ubiquitin ligase Nedd4-1 controls neurite development.
Kawabe H, Neeb A, Dimova K, Young SM Jr, Takeda M, Katsurabayashi S, Mitkovski M, Malakhova OA, Zhang DE, Umikawa M, Kariya K, Goebbels S, Nave KA, Rosenmund C, Jahn O, Rhee J, Brose N.
Neuron. 2010 Feb 11;65(3):358-72.


神経細胞の発達過程で、樹状突起と軸索の分岐進展は神経回路形成において重要な役割を果たし、その異常は⾃閉症やダウン症などの発達障害を引き起こすと考えられています。特にタンパク質のユビキチン化はこの形態形成に重要な役割を果たしていることが示唆されてきましたが、その分子的なメカニズムの詳細は明らかではありませんでした。Nedd4-1 は哺乳類の脳で最も多く発現しているユビキチンE3 リガーゼの⼀つですが、意外なことにがん抑制遺伝子PTENと機能的なつながりを持つことが示されています。本セミナーでは、Nedd4-1 がどのようにして神経細胞の発達と機能を制御するかについてお話ししていただきます。神経発達分野に対する分子的アプローチの最前線を知るにはもってこいの機会です。皆様奮ってご参加下さい。


世話人:生医研・分子医科学 中山 敬一(内線6815)

セミナー臨床試験セミナーのご案内

  • [開催日時]2015年2月10日(火)13:00-13:45
  • [開催場所]北棟2階 共用会議室1
  • [対象]
備考・問合せ先
 

臨床試験セミナー(リサーチアシスタントセミナー)

 ARO次世代医療センターでは、臨床試験に関する基本的な知識の習得を目的としたセミナーを
毎週火曜日に開催しています。2月10日(火)は下記のとおり行います。聴講は無料ですが、事前のお申込みが必要です。
参加ご希望の方は、お名前、ご所属、ご希望の日程を下記アドレスまでお知らせください。
なお、定員になり次第締切りますので早めのお申し込みをお願いいたします。
 
タイトル 医療現場における臨床試験の実情
講師 有田 量一
日時 2月10日(火)13:00~13:45
場所 九州大学病院北棟2階 共用会議室1(検査部会議室)
参加費 無料 
申込み 九州大学病院 ARO次世代医療センター 担当:北島
E-mail:tr-info(a)med.kyushu-u.ac.jp 
※(a)を@に置き換えてメール送信してください。
ウェブサイト 今後の予定など詳細な内容はARO次世代医療センターのウェブサイトでご確認ください。
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/crc/center/raseminar.html

※ 毎回個別のテーマを扱いますので、関心のある内容だけの聴講も可能です。
 

セミナーProf. Sang Ho Choi による細菌学セミナーのご案内

  • [開催日時]2015年2月12日(木)15:30-17:00
  • [開催場所]基礎研究B棟2階 細菌学カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
Prof. Sang Ho Choi による細菌学セミナーのご案内

講師:Dr. Sang Ho Choi, Professor and Director, NRL of the Moleclular Microbiology and Toxicology, Center for Food Safety and Toxicology, Dept of Food Biotechnology, Seoul National University,

によるセミナーを開催します。タイトルは

“Quorum sensing-disrupting molecules to control virulence of Vibrio vulnificus,a fulminating foodborne pathogen”

です。Quorum sensing とは、密度依存的に遺伝子発現を変える細菌の極めて生物学的な働きをいいます。その働きの調節についての講演です。
Vibrio vulnificus は特に肝障害を有するヒトに経口感染し、敗血症、筋膜炎を引き起こす病原性の強い細菌です。
有明海がある九州では患者発生が見られます。
皆様のご来場をお待ちしています。

日時:2月12日(木)3時30分~5時00分
場所:基礎研究 B 棟、2階、細菌学カンファレンスルーム 204

学会・シンポ「医用画像に基づく計算解剖学の多元化と高度知能化診断・治療への展開」第1回国際シンポジウムのご案内

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2015年2月15日(日)9:20-17:00
  • [開催場所]臨床大講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
 
■■■「医用画像に基づく計算解剖学の多元化と高度知能化診断・治療への展開」■■■ 
第1回国際シンポジウム  ~生きた人体の総合理解~

【日 時】 2015年2月15日(日) 09:20~17:00
【会 場】 九州大学病院 ウエストウィング 臨床大講堂

【プログラム】
http://www.tagen-compana.org/events.html
http://www.tagen-compana.org/docs/TheFirstInternationalSymposium.pdf

・9:20-9:25 領域代表挨拶  橋爪 誠 (九州大学)
・9:25-9:45 セッション1:特別講演 小畑秀文(国立高等専門学校機構)
・9:50-12:00 セッション2:招待講演 Nicholas Ayache (INRIA, France), 
                                                 David Hawkes
                                                 (The Centre for Medical Image Computing, UCL, London)
・12:00-13:30 昼休憩
・13:30-13:50 セッション3:基調講演 橋爪 誠 (九州大学)
・13:50-16:35 セッション4:計画班による概要説明
                        [多元計算解剖学の基礎数理と基盤技術]
                           本谷秀堅(名古屋工業大学)、清水昭伸(東京農工大学)、佐藤嘉伸(奈良先端科学技術大学院大学)

                        [多元計算解剖学の応用システム]
                           森 健策(名古屋大学)、仁木 登(徳島大学)、藤田廣志(岐阜大学)

                        [多元計算解剖学の展開]
                           橋爪 誠(九州大学)、木戸尚治(山口大学)、小林英津子(東京大学)

・16:35-16:55 セッション5:総括・講評
・16:55-17:00 領域代表挨拶 橋爪 誠 (九州大学)  

【お問合せ先】
文部科学省新学術領域研究「多元計算解剖学」事務局
TEL: 092-642-5992 FAX: 092-802-5199
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
E-mail: mibuchi(a)dem.med.kyushu-u.ac.jp ※(a)を@に置き換えてメールをご送信ください
http://www.tagen-compana.org/index.html

セミナー第689回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)

  • [開催日時]2015年2月16日(月)14:00-15:00
  • [開催場所]本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 下記の通り、アメリカ・Yale大学の渡部聡朗博士によるセミナーを開催致します。皆様のご来聴を心より歓迎いたします。講演は英語で行われます。

演題: RNA regulatory network mediated by Piwi proteins and piRNAs
【English Seminar】
演者: 渡部 聡朗 博士  Dr. Toshiaki Watanabe
Associate Research Scientist, Yale University, USA
日時: 平成27年2月16日(月) Feb. 16 (Mon), 2015
14:00~15:00
場所: 馬出医学系キャンパス内 生体防御医学研究所本館1階 会議室
Seminar Room, 1F, Main Building, Medical Institute of Bioregulation
要旨:
The genomes of complex eukaryotes contain vast intergenic regions that are mostly composed of repetitive DNA, with transposons as a major constituent.
Although it is now apparent that some transposons and pseudogenes participate in gene regulation, the function of the majority of these sequences remains unknown. Piwi proteins regulate retrotransposons for degradation using piRNAs as guides in the germline across the animal kingdom. We recently found that piRNAs mediate the degradation of a large number of mRNAs and lncRNAs in the mouse germline. In this regulation, retrotransposon and pseudogenes function as regulatory sequences, and retrotransposon sequences in the 3´UTRs of mRNAs are targeted by piRNAs for degradation. Many genes harbor retrotransposon sequences in their 3´UTRs and promoters. To find novel retrotransposon regulators potentially involved in the regulation of such genes, I am planning to perform RNAi screening.

1. Watanabe, T. et al. Retrotrasposons and pseudogenes regulate mRNAs and lncRNAs via the piRNA pathway in the germline. Genome Res. (in press) 2014 2. Watanabe, T. et al. Posttranscriptional regulation of gene expression by Piwi proteins and piRNAs. Mol. Cell, 56, 18-27, 2014

連絡先: 生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 佐々木 裕之
Division of Epigenomics and Development, MIB, Hiroyuki SASAKI

ページの先頭へ戻る