TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2015年11月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

市民公開講座ウィルスをもっと知ろう(第63回日本ウィルス学会学術集会)

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2015年11月21日(土)13:00-15:00
  • [開催場所]アクロス福岡
  • [対象]
備考・問合せ先
高校生、大学生および一般市民の方々を対象に市民公開講座を開催します。ウイルスは病気の原因になるだけでなく、様々な興味深い性質があることを、本公開講座で知って頂きたいと思います。
 
▼プログラム
   

 司会:柳 雄介(九州大学大学院医学研究院)
 
 講師
  1.吉田 天士(京都大学大学院農学研究科) 『海はウイルスで満ちている』
  2.野田 岳志(京都大学ウイルス研究所) 『形から読むウイルス学』
  3.安田 二朗(長崎大学熱帯医学研究所) 『エボラ出血熱の流行から学ぶ』

 ▼日時
  2015.11.21(sat) 13:00-15:00

 ▼場所
  アクロス福岡 6階会議室 607
  〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1−1−1
 
▼主催・後援
  主催:日本ウイルス学会
  後援:日本微生物生態学会、日本微生物学連盟、福岡市


第63回日本ウイルス学会学術集会の詳細はこちらをご確認ください。

学会・シンポ第63回日本ウイルス学会学術集会

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2015年11月22日(日)~24日(火)
  • [開催場所]福岡国際会議場
  • [対象]
備考・問合せ先
学会名称 第63回日本ウイルス学会学術集会
THE 63RD ANNUAL MEETING OF THE JAPANESE SOCIETY FOR VIROLOGY

画像をクリックでPDFが開きます。
テーマ ウイルス研究の新時代
会期 2015年11月22日(日)~24日(火)
会場 福岡国際会議場 
〒812-0032 福岡市博多区石城町2-1
 
会長 柳 雄介
九州大学大学院医学研究院ウイルス学 教授
 
学術事務局 九州大学大学院
医学研究院ウイルス学
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1

 
学会事務局 日本ウイルス学会事務局
〒112-0002 東京都文京区小石川4-13-18
株式会社 微生物科学機構内
 
運営事務局 株式会社JTBビジネスサポート九州
ICS営業部
〒810-0072
福岡市中央区長浜1-1-35 新KBCビル6階
TEL:092-751-3244 FAX:092-751-3250
E-mail:virus63★kys.jtb.jp
★を@に置き換えてメールをご送信ください。
 
運営ウェブサイト http://www.virus63.org/index.html
 

本学会の開催に伴い、市民公開講座「ウイルスをもっと知ろう」を開催します。詳細はこちらをご確認ください。

セミナー第701回生医研セミナー【国立感染症研究所 徳永先生】

  • [開催日時]2015年11月25日(水)11:00-12:00
  • [開催場所]総合研究棟1階 講義室101
  • [対象]
備考・問合せ先

 

下記の要領で生医研セミナーを開催致します。皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第701回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)

演題 Membrane-associated RING-CH (MARCH) 8 restricts HIV-1 infection through downregulation of viral envelope glycoproteins from the cell surface (seminar in English)

演者 Kenzo Tokunaga (徳永研三)
Principal Investigator, National Institute of Infectious Diseases (国立感染症研究所主任研究官)

日時 11月25日(水)11:00~12:00

場所 病院地区キャンパス内 総合研究棟1階 講義室101

要旨 Membrane-associated RING-CH (MARCH) 8 is a member of a recently discovered MARCH family of RING-finger E3 ubiquitin ligases, 11 members of which have been identified. MARCH8 downregulates multiple host transmembrane proteins, such as MHC-II, CD86, IL-1 receptor accessory protein, TRAIL receptor 1, and transferrin receptor. However, its physiological roles remain largely unknown. Here, I introduce MARCH8 as a powerful antiviral protein that inhibits HIV-1 infection by inducing cell-surface downregulation of viral envelope glycoproteins.

業績 
1. Tada, T. et al.  MARCH8 inhibits HIV-1 infection by reducing virion incorporation of envelope glycoproteins. Nat. Med. in press.
2. Fujita, H. et al. Membrane-associated RING-CH (MARCH) 8 mediates the ubiquitination and lysosomal degradation of the transferrin receptor. J. Cell Sci. 126:2798-809, 2013.

連絡先 生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 一柳 健司

 

セミナーゲノム医科学特論特別講義3「Epigeneticsと疾患」(全3回)【Robert Feil教授】

  • [開催日時]2015年11月25日(水)10:30-12:00
  • [開催場所]ウエストウイング7F講義室A
  • [対象]
備考・問合せ先
 [ゲノム医科学特論特別講義「Epigeneticsと疾患」のお知らせ]
九州大学大学院システム生命科学府の大学院講義「ゲノム医科学特論」にEpigenetics研究のトップ研究者であるRobert Feil教授(Institute of Molecular Genetics of Montpellier)をお招きして、3回にわたって「Epigeneticsと疾患」について特別講義をして頂きます。講義は修士学生を対象としたものですが、学内の方でしたらどなたでも参加可能です。講義内容は以下です。一流の研究者からEpigeneticsについて講義して頂ける素晴らしい機会です。多くの方の参加をお待ちしております。

日程: 11月11日(水)、11月18日(水)、11月25日(水)
時間: 10:30〜12:00
場所:馬出地区ウエストウイング7F講義室A

[Special lecture series of Medical Genomics Advanced Course “Epigenetics and Disease”] Prof. Robert Feil (Institute of Molecular Genetics of Montpellier), who is one of leading researchers in Epigenetics field, will give a lecture series entitled “Epigenetics and Disease”. The lectures are primarily for students in master’s course, but everyone is very welcome. The lectures are given in English. Abstract of the lectures are described as below. It is a great opportunity to learn Epigenetics from the top scientist. We are looking forward to many people taking this opportunity to attend.

Date: Nov. 11th (Wed), Nov. 18th(Wed), Nov. 25th (Wed)
Time: 10:30-12:00
Location: West Wing 7F, Lecture room A

====================================================
Abstract of the special lecture series of Medical Genomics Advanced Course-2015

11th November 2015: Epigenetics and Disease-I This first lecture introduces what is ‘epigenetics’ and explains the difference with ‘genetics’. It explains what is the ‘epigenome’. The lecture will show developmental phenotypes that are entirely controlled by epigenetic regulation in plants and animals. Both in plants and animals, DNA methylation plays essential roles in epigenetic control of gene expression. The lecture will introduce the regulation and role of DNA methylation in mammals. Lastly, it will introduce what are ‘epigenetic diseases’ and how these can be caused by perturbed DNA methylation.

18th November 2015: Epigenetics and Disease-II The second lecture concerns mono-allelic gene expression in mammals. It focuses on genomic imprinting. The role of genomic imprinting in development will be presented. It will be explained what are imprinted genes and how their mono-allelic expression is controlled by maternal and paternal DNA methylation marks. Most imprinted genes are organized in clusters. The lecture will present several of these imprinted gene clusters, and their involvement in complex human diseases and in cancer will be presented.

25th November 2015: Epigenetics and Disease-III This last lecture on epigenetics and disease will describe environment. It will present examples of how nutrition and chemical pollutants, such as endocrine disruptors, can affect DNA methylation. Such changes in the epigenome can have major effects on gene expression and phenotype. When germ cells and embryonic cells are removed from their normal environment, for instance for in vitro culture, this can readily affect the epigenome as well. The importance of in vitro epigenetic perturbation for ‘assisted reproduction’ in humans will be discussed.
====================================================

御不明な点がありましたら、下記担当教員までお問い合わせください。
柴田 弘紀: 生体防御医学研究所、ゲノミクス分野, 内線6167, hshibata(a)gen.kyushu-u.ac.jp
鵜木 元香: 生体防御医学研究所、エピゲノム制御学分野, 内線6760, unokim(a)bioreg.kyushu-u.ac.jp
(a)を@に置きかえてメール送信下さい

If you have any questions, please feel free to ask us.

Hiroki Shibata: Division of Genomics, Medical Institute of Bioregulation, Kyushu University
TEL: +81-92-642-6167, email: hshibata(a)gen.kyushu-u.ac.jp

Motoko Unoki: Division of Epigenomics and Development, Medical Institute of Bioregulation, Kyushu University
TEL: +81-92-642-6760, email: unokim(a)bioreg.kyushu-u.ac.jp

学会・シンポ日本環境変異原学会第44回大会

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2015年11月27日(金)-28日(土)
  • [開催場所]コラボ・ステーションI・II
  • [対象]
備考・問合せ先
 
  日本環境変異原学会(The Japanese Environmental Mutagen Society、略称 JEMS)は、昭和47(1972)年に結成されて以来40余年にわたって、人間・生物・地球環境における変異原、特に公衆の健康に重大な関係を有する変異原とこれに関連する基礎研究の推進、並びに関連情報・技術の伝達を目的として活動をしてきています。JEMSの事業として、年1回大会を開催し、総会、並びに学術上の研究成果の発表及び知識・情報の交換を行って参りました。
  
  この度、 第44回大会は、「ゲノム変異の生成と抑制:分子メカニズムの理解からレギュラトリーサイエンスへ」をテーマとし、平成27年11月27日(金)~28日(土) の2日間、九州大学の馬出(病院地区)キャンパス(コラボ・ステーションI・II)において開催します。また、市民公開講座「食の安全—リスクをどう考えたら良いのか—」を28日(土)の夕方(18:00〜)に予定しています。

市民公開講座の詳細な内容はこちら

大会ホームページ


ページの先頭へ戻る