TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2016年3月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

市民公開講座第一回九大脳科学サイエンスカフェ in 九州大学医学部百年講堂

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2016年3月30日(水)14:45-17:15
  • [開催場所]九州大学医学部 百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
「脳の中の脇役ミクログリアが身体や心を操る?」

脳や心の専門家とのおしゃべりを通して脳の不思議について考えるイベントです。従来、脳の中の主役ニューロンだけが脳や心の病気の原因であると信じられていました。最近の研究により、ニューロン以外の様々なグリア細胞が重要な役割を果たす可能性が示唆されています。今回は、ミクログリアというユニークな細胞に関して、みなさんで語り合いましょう。


九州大学大学院医学研究院精神病態医学                             
(〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1-1・TEL 092-642-5627)

  テーマ 「脳の中の脇役ミクログリアが身体や心を操る?」
※クリックでPDFが開きます。
  日時 2016年3月30日(水曜)14:45〜17:15
  会場 九州大学医学部 百年講堂(福岡市東区馬出3-1-1)
  対象 講校生・大学生を主な対象としていますが、脳に興味のある方ならどなたでも参加できます。
(参加費無料・ドリンク付)
 
  共催 新学術領域研究「グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態」
脳の世紀推進会議「世界脳週間」
  司会 神庭 重信
(九州大学大学院医学研究院精神病態医学・教授)
吉良 潤一
(九州大学大学院医学研究院神経内科学・教授)
 講師
(発表タイトル)
齊藤 秀俊(九州大学薬学研究院 ライフイノベーション分野・准教授)
「脳の中の掃除屋さん~ミクログリア~」

山崎 亮(九州大学病院 神経内科・講師)
「ミクログリアと脳の病気」

加藤 隆弘(先端融合医療レドックスナビ研究拠点/九州大学大学院医学研究院精神病態医学・特任准教授)


 地図案内 地下鉄箱崎線「馬出九大病院前」下車 徒歩8分・JR吉塚駅下車 徒歩12分
  事務局  ※九州大学大学院医学研究院精神病態医学
(〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1-1・TEL 092-642-5627)

 

セミナー第714回 生医研セミナー【Stanford University Suzanne Pfeffer】

  • [開催日時]2016年3月30日(水)14:30-16:00/16:20-17:20
  • [開催場所]生医研 1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
Suzanne Pfeffer, Ph.D. (Professor & Chairman, School of Medicine-Biochemistry, Stanford University, USA)のセミナーを二部構成で行なうことになりました。Pfeffer先生は、
2013年ノーベル医学・生理学賞受賞者の一人、J. Rothman教授の下で学位取得後、一貫
して哺乳動物細胞のゴルジ複合体の生成とその調節機構に関する研究の第一人者として
御活躍中です。

第二部のみの参加も歓迎します。多くの方々のご来聴をお待ちしております。
--------------------------------------------------------------------------------------------

《第714回 生医研セミナーのご案内》

日 時: 平成28年3月30日(水)
<第一部>14:30-16:00  <第二部>16:20-17:20

場所: 馬出地区 生体防御医学研究所 1階会議室
Seminar Room, 1F, Main Building, Medical Institute of Bioregulation
No.24 on the following linked map.
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hospital/hospital-e.html


【第一部】14時30分~16時00分

演  題:Getting enough cholesterol-into the cell and out of lysosomes

演  者: Suzanne Pfeffer, Ph.D.
Professor & Chairman, School of Medicine-Biochemistry,Stanford University, USA

Abstract: Most cells obtain cholesterol by endocytosis of LDL particles that carry cholesterol esters to lysosomes. Within lysosomes, the esters are cleaved and the liberated cholesterol is exported to the cytoplasm for cellular use. Although cholesterol should be able to freely diffuse into and across the lysosome membrane, at least two proteins,
NPC1 and NPC2, are
required to help mediate this transfer. In this lecture, I will describe our recent work that seeks to understand how and why NPC1 and NPC2 proteins must cooperate to mediate cholesterol export. In the intestine, a related protein, NPC1L1, mediates the uptake of dietary cholesterol; it is the target of the drug, Ezetimibe. We are also studying how this membrane protein helps us obtain cholesterol from the diet.


【第二部】16時20分~17時20分

演  題:「Progress100:若手研究者育成フォーラム」

演  者: Suzanne Pfeffer, Ph.D.

概  要: In this lecture, I will talk about my career in science, and what my life as a scientist has meant to me. What did I learn most from my Ph.D. and postdoc advisors? What advice can I offer to young people seeking to pursue a life of science? What were the best parts and what were the biggest challenges? Every lab has their own mottos, and I will share with you some of the mottos that guide our work. I will also be happy to answer questions.


多くの方々のご来聴をお待ちしております。



世話人 :生体防御医学研究所 オルガネラホメオスタシス研究室
藤木 幸夫  (問合せ先: 内線91-6341)

ページの先頭へ戻る