TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2016年10月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナーマイクロプレートアッセイ基礎セミナー【医学研究院 教育・研究支援センター 主催】

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2016年10月20日(木)
  • [開催場所]コラボステーションⅠ、2階 視聴覚ホール
  • [対象]九大教職員・学生のみ
備考・問合せ先
 バイオサイエンスの研究において、マイクロプレートフォーマットでの吸光度、蛍光、発光などの測定法を用いたアッセイは一般的に用いられています。
 本セミナーでは、マイクロプレートリーダーで一般的に測定されているアッセイの測定原理や活用方法に加え、見過ごしがちな注意点についてもご説明します。これからマイクロプレートリーダーを使用するのに、初歩的な部分や注意点がわからない、測定してみても思うようなデータが出ない、そのような悩みにもお答えできると思います。マイクロプレートアッセイの入門者・初心者、不明点や疑問点がある方、もっと有効に活用したいという方におすすめです。

   
※クリックでPDFが開きます
【日時】 2016年10月20日(木)
第1部:14:00-15:15 マイクロプレートリーダーの測定法
第2部:15:30-16:30 マイクロプレートリーダーの機能と活用法
※各部のみの参加も可能です。

【場所】 馬出地区コラボステーションI 2階 視聴覚ホール

【申込先】 資料準備のため下記アドレスから参加申込をお願いいたします。
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/seminaryoyaku.html

※事前申込みなしでも受講可能ですが、資料なしでの受講となる場合があります。
キャンセルされる場合は、必ず事前にメールまたは電話でご連絡をお願いいたします。

【申込締切】 2016年10月14日(金)

【講師】 株式会社パーキンエルマージャパン 佐藤 朝実 氏

【内容】
第1部:マイクロプレートリーダーの測定法
・マイクロプレートアッセイとは
・吸光度測定(吸光度とは、メリットとデメリット、アプリケーション等)
・発光測定(発光とは、メリットとデメリット、アプリケーション等)
・蛍光測定(蛍光とは、注意点、アプリケーション等)
・その他の測定法(時間分解蛍光、蛍光偏光、Alpha等)
・質疑応答

第2部:マイクロプレートリーダーの機能と活用法
・マイクロプレートの種類(アプリケーションごとの最適なプレートタイプの選択方法)
・プレートリーダーに搭載される機能(下方測定・多点測定・波長スキャン等)
・波長選択:フィルターとモノクロメーター(原理と特徴)
・マイクロプレートアッセイのデータ解析(ブランク・リファレンス補正、検量線、EC 50・IC 50計算等)
・支援センターの装置:ARVO X3(フィルタータイプ)と EnSight(モノクロメータータイプ)の概要
BRET可(ARVO)
吸光度と蛍光での波長スキャン可(Ensight)等
・質疑応答

セミナー終了後、個別相談にも対応いたします。

教育・研究支援センター

電話 092-642-6602

http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/

セミナー2016年 秋のセミナー 「若手の、若手による、若手のための研究談義」

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2016年10月29日(土)14:00-18:00(13:30-)
  • [開催場所]コラボステーションI (共同利用A/B)
  • [対象]
備考・問合せ先
 
※クリックでPDFが開きます。
10月に生化学若い研究者の会 九州支部および脳科学若手の会 九州部会の合同で秋のセミナーを開催いたします。
 
生化学若い研究者の会および脳科学若手の会はそれぞれ日本生化学会、日本神経科学学会のご後援のもと運営されている学生主体の団体です。
九州支部会ではセミナーや懇親会の企画・運営を定期的に行っております。
各会の詳細につきましては文末記載のURL先のウェブページをご参照ください。
 
今回のセミナーでは、九州で活躍されている若手の先生方をお招きして講演会および座談会を行います。
以下詳細です。
================================================================== 
生化学若い研究者の会 九州支部・脳科学若手の会 九州部会共催 2016年 秋のセミナー
「若手の、若手による、若手のための研究談義」
 
日時:10月29日(土) 14:00~18:00 (受付 13:30~) 
会場:九州大学 病院キャンパス コラボステーションI 共同セミナー室 (A)・(B) 
PDF版: https://www.kyushu-u.ac.jp/f/28545/hospital_jp.pdf
 
(病院キャンパス 36番)
対象:現在研究に携わっている方 (大学院生・ポスドクなど)、今後研究に携わる予定の学生
参加費:無料
 
構成:
【第一部】講師講演
井元 祐太 先生
(九州大学 生体防御医学研究所 オルガネラホメオスタシス研究室 日本学術振興会特別研究員SPD)
「ペルオキシソーム・ミトコンドリア分裂装置の微細構造と分子動作機能 ~超分子ナノマシンの発見が拓く、真核生物界における膜分断機構解明への挑戦~」
 
相馬 悠希 先生
(九州大学 生体防御医学研究所 メタボロミクス分野 助教)
「トランスオミクス研究に資する合成生物学的アプローチ ~人工遺伝子回路による代謝動態制御~」
 
【第二部】座談会
研究者としてのキャリア形成や研究生活について講師の先生方との質疑を通じて議論します。
================================================================== 
第一部の講師講演では、演者の先生方にこれまでのご研究内容について、当時の研究生活の様子を交えつつお話ししていただきます。学生・院生時代から現在に至るまで、どのようなご研究をされてきたのか、その際どのようなことを意識されながら取り組まれてこられたのかをご講演いただく予定です。
 
第二部の座談会では、先生方のこれまでの研究生活やこれからの人生設計を中心に、先生方からお話を伺います。研究費の獲得や海外経験、研究室の移動などに関する質疑を通して、研究者のキャリアパスについて議論できればと考えております。
 
また、セミナー後に懇親会を開催いたします。
こちらにも是非ご参加ください。
※セミナーのみのご参加も可能です。
==============================
会場:福岡市天神周辺 (予定)
時間:18:30~20:30 (予定)
参加費:3500円程度 (予定)
==============================
詳細が確定次第、参加予定の皆様に改めてご連絡差し上げます。
 
<参加申し込み方法>
参加をご希望の方はお手数ですが、下記URL先の登録フォームの記載に従って参加申し込みの手続きを行ってください。
また、座談会での質問もあわせて募集いたします。講師の先生方への質問事項を登録フォームの所定の欄内にご記入ください。
URL: https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe16S--z8sR-bZtYKkdve4dpdRzKIxMilYBsZzOUsNR34BncA/viewform
申し込みの締め切りは勝手ながら10月21日 (金) とさせていただきます。
※セミナー・懇親会ともに席に限りがございます。参加申し込みを多数いただいた場合は、学生・ ポスドクを優先した先着順とさせていただきます。予めご了承ください。
 
ご質問等ございましたら下記の問い合わせ先までご連絡ください。
 
みなさまのご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。
長文失礼いたしました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
主催:生化学若い研究者の会 九州支部 HP:http://www.seikawakate.org/sibu/kyushu
脳科学若手の会 九州部会 HP:http://brainsci.jp
問い合わせ先:脳科学若手の会 九州部会(kyushu.brainwakate(a)gmail.com)
※(a)を@に置換えてメールをご送信ください
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

学会・シンポ第4回TR推進合同フォーラム/ライフサイエンス技術交流会

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2016年10月31日(月)13:00-17:20
  • [開催場所]医学部百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
 

ARO次世代医療センターでは、西日本アカデミアTRネットワーク(WAT-NeW)、Asia-Pacific Research and Development Network (ARDENT)による第4回TR推進合同フォーラムならびにライフサイエンス技術交流会を開催します。
WAT-NeW、ARDENTは基礎研究から臨床研究・臨床試験までシームレスで実施・支援可能な体制を構築することを目的とし2013年に設立されました。
4回目の開催となる今回は日本と海外のトランスレーショナルリサーチの分野における最新の話題や、我が国の研究インフラが国際的な競争力を持つために必要な課題など、研究者や企業の方に是非聴いていただきたい講演プログラムを予定しています。また、研究者と企業、シーズとニーズのマッチングを図るためのライフサイエンス技術交流会を併催します。
アカデミアだけでなく企業からもポスターおよび技術展示ブースを出展いただけますので、多くの方のご参加をお待ちしています。
合同フォーラム/技術交流会についての詳細および参加申込みはARDENTのウェブサイトをご覧ください。
【ARDENT】 第4回TR推進合同フォーラム・ライフサイエンス技術交流会

>ARDENTについて詳しくは→こちら
>WAT-NeWについて詳しくは→こちら

日時 平成28年10月31日(月)
13:00~17:20
会場 九州大学 医学部百年講堂(アクセス

プログラム

開会挨拶 13:00~13:15

講演1 13:15~13:45
「九州大学 ARO次世代医療センターの歩み」
中西 洋一 先生(九州大学ARO次世代医療センター センター長)

講演2 13:45~14:30
「AMEDのミッション:データシェアリングによる課題解決」
末松 誠 先生(国立研究開発法人日本医療研究開発機構 理事長)

ライフサイエンス技術交流会 14:30~15:45

講演3 15:45~16:30
「Innovation in Translational Research」
Petra Kaufmann 先生
(米国立衛生研究所 国立トランスレーショナル科学先進センター
希少疾患研究所長/臨床イノベーション部門長)

講演4 16:30~17:15
「バイオデータが変える医療・健康」
宮田 満 先生(日経BP社 特命編集委員)

閉会挨拶 17:15~17:20
※講演内容などについては随時情報を更新いたします。

主催:九州大学ARO次世代医療センター、九州大学大学院医学研究院次世代医療研究開発講座、
WAT-NeW、ARDENT
WAT-NeW参画大学:愛媛大学、大分大学、香川大学、鹿児島大学、川崎医科大学、九州大学、熊本大学、久留米大学、高知大学、佐賀大学、産業医科大学、島根大学、徳島大学、鳥取大学、長崎大学、広島大学、福岡大学、宮崎大学、山口大学、琉球大学(五十音順)

学内の皆様へ

このセミナーは臨床研究認定更新講習です。
※「臨床研究認定制度」について、詳しくは→こちらをご覧ください。

ページの先頭へ戻る