TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2016年12月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第15回創薬育薬産学官連携セミナー【福岡大学 巴山先生】

  • [開催日時]2016年12月19日(月)17:30-18:30
  • [開催場所]薬学部 第2講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
第15回創薬育薬産学官連携セミナーの御案内


12月19日(月) 17:30より、福岡大学薬学部の巴山 忠 先生 をお招きして第15回創薬育薬産学官連携セミナーを行います。

日時:平成28年12月19日(月)
17:30-18:30
場所:薬学部 第2講堂
講師:巴山 忠 先生(福岡大学薬学部)
演題:「信頼性の高い分析結果を得るには」

皆様の御来聴をお待ちしております。

セミナー第729回生医研セミナー【東京大学 川崎先生】

  • [開催日時]2016年12月21日(水)9:30-10:30
  • [開催場所]総合研究棟 2階 I.T.Room(206)
  • [対象]
備考・問合せ先
 第729回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)のご案内》

下記のとおり生医研セミナーを開催致します。
皆様方のご来聴を心よりお待ちしております。なお、講演は英語で行われます。

演 題:The tumor suppressor APC and Wnt signaling in colorectal cancer
       【seminar in English】

演 者:川崎 善博 先生 Yoshihiro Kawasaki, Ph.D.
東京大学 分子細胞生物学研究所 准教授
Associate Professor
The Institute of Molecular and Cellular Biosciences,
The University of Tokyo

日 時:2016年12月21日(水)9:30 ~ 10:30

場 所:病院地区キャンパス内 総合研究棟 2階 I.T.Room(206)
I.T.Room(206),Biomedical Research Station 2F
https://www.kyushu-u.ac.jp/f/28545/hospital_jp.pdf
(地図の1番)

要 旨:Mutations of APC gene are observed in most colorectal cancers.Furthermore, constitutive activation of Wnt signaling contributes tocancer development and progression. Here, I will introduce two molecules,Asef and MYU, which are involved in APC- and Wnt signal-mediatedtumorigenesis respectively, and discuss our future research directions.

業 績:
1.Kawasaki, Y et al.
   MYU, a target lncRNA for Wnt/c-Myc signaling, mediates induction of
   CDK6 to promote cell cycle progression. Cell Rep. 16, 2554-64 (2016)

2. Kawasaki, Y et al.
    Asef, a link between the tumor suppressor APC and G-protein signaling.
    Science 289, 1194-7 (2000)

連絡先:九州大学生体防御医学研究所 
          中別府 雄作

セミナー第730回生医研セミナー【東京大学 秋山先生】

  • [開催日時]2016年12月21日(水)13:30-14:30
  • [開催場所]総合研究棟 2階 I.T.Room(206)
  • [対象]
備考・問合せ先
 第730回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)のご案内》

下記のとおり生医研セミナーを開催致します。
皆様方のご来聴を心よりお待ちしております。なお、講演は英語で行われます。

演 題:Mechanisms underlying differentiation and functions of immune
tolerance-inducing thymic epithelial cells
【seminar in English】

演 者:秋山 泰身 先生 Taishin Akiyama, Ph.D.
         東京大学 医科学研究所 分子発癌分野 准教授
         Associate Professor
         The Institute of Medical Science, The University of Tokyo

日 時:2016年12月21日(水)13:30 ~ 14:30

場 所:病院地区キャンパス内 総合研究棟 2階 I.T.Room(206)
I.T.Room(206),Biomedical Research Station 2F
  https://www.kyushu-u.ac.jp/f/28545/hospital_jp.pdf
   (地図の1番)

要 旨:Epithelial cells localized in the medullar region of the thymus(medullary thymic epithelial cells; mTECs) are essential forpreventing onsets of autoimmune diseases. mTECs uniquely expressvarious peripheral tissue specific antigens, thereby eliminatingself-reactive T cells in the thymus.
However, molecular and cellular mechanisms underlying differentiationand functions of mTECs remains elusive. In this seminar, I will discussour recent finding on novel embryonic progenitors of mTECs.

業 績:
1. Akiyama N et al.,
   Identification of embryonic precursor cells that differentiate into thymic
   epithelial cells expressing autoimmune regulator. J. Exp. Med. 213,1441-1458 (2016)

2. Akiyama T et al.,
    TNF receptor family signaling in the development and functions of
    medullary thymic epithelial cells (Review). Front. Immunol. 3, 278 (2012)

連絡先:九州大学生体防御医学研究所 
          中別府 雄作 

セミナー第731回生医研セミナー【大阪大学 馬場先生】

  • [開催日時]2016年12月21日(水)16:00-17:00
  • [開催場所]総合研究棟 2階 I.T.Room(206)
  • [対象]
備考・問合せ先
第731回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)のご案内》

下記のとおり生医研セミナーを開催致します。
皆様方のご来聴を心よりお待ちしております。なお、講演は英語で行われます。

演 題:The impact of B cells on the regulation of immune diseases and
underlying mechanisms
【seminar in English】

演 者:馬場 義裕 先生 Yoshihiro Baba, Ph.D.
         大阪大学免疫学フロンティア研究センター分化制御研究室 特任准教授
         Associate Professor
         Laboratory for Lymphocyte Differentiation
         WPI Immunology Frontier Research Center (IFReC), Osaka University

日 時:2016年12月21日(水)16:00 ~ 17:00

場 所:病院地区キャンパス内 総合研究棟 2階 I.T.Room(206)
I.T.Room(206),Biomedical Research Station 2F
  https://www.kyushu-u.ac.jp/f/28545/hospital_jp.pdf
  (地図の1番)

要 旨:B cells play central roles in humoral immunity.Upon encountering their cognate antigens through their B cellreceptors (BCRs), B cells take on multiple functions includingantibody production and antigen-presentation. In the context ofautoimmunity, B cells are widely accepted as pathogenic effectors,but evidence is accumulating that they also have an immunosuppressiveaspect through anti-inflammatory cytokine production.
Recent advances have pointed out the diverse influences of B cells onimmune diseases, but gaining and integrating insights into the molecularand cellular regulation of B cells is challenging and vital.The presentation will describe our findings about the impact of B cells onimmune disease and its underlying mechanisms, particularly Ca2+ signaling.

業 績:
1.Matsumoto M, Fujii Y, Baba A, Hikida M, Kurosaki T, Baba Y: The calcium
   sensors STIM1 and STIM2 control B cell regulatory function through
  interleukin-10 production. Immunity 34(5): 703-714, 2011
  
2.Matsumoto M, Baba A, Yokota T, Nishikawa H, Ohkawa Y, Kayama H,
  Kallies A,Nutt SL, Sakaguchi S, Takeda K, Kurosaki T, Baba Y:
  Interleukin-10-producing plasmablasts exert regulatory function
  in autoimmune inflammation. Immunity 41(6): 1040-1051, 2014

連絡先:九州大学生体防御医学研究所 
          中別府 雄作

セミナートビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム成果報告会

  • [開催日時]2016年12月21日(水)18:00-19:00
  • [開催場所]基礎研究A棟 3階 セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先
12月21日(水)、下記の要領で官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」にて海外留学を経験した医系キャンパスの学生さん達(医学部5年 渡邉 航大さん、歯学部6年 原田 有理子さん、医学系学府保健学専攻 修士2年 川本 圭晋さん)による成果報告会を開催します。
今後留学を考えている皆さんにとって、大いに役立つお話になると思います。
多くの方のご参加をお待ちしております。

日時:2016年12月21日(水) 18 :00~19 : 00
会場:医学部基礎研究A棟 3階 セミナー室

プログラム
1. トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムについて 18:00~18:05
2. 成果報告 18:05~18:35 (各10分、順番は変更になる可能性があります)
①医学部5年 渡邉 航大
②歯学部6年 原田 有理子
③医学系学府保健学専攻 修士2年 川本 圭晋
3. 座談会形式による質疑応答


ページの先頭へ戻る