TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2017年8月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第749回 生医研セミナー【Max Planck Institute for Informatics Felipe Fernandes Albrecht氏】

  • [開催日時]2017年8月24日(木)17:00-18:00
  • [開催場所]生体防御医学研究所 本館1F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 ■ 【8/24開催】 第749回 生医研セミナーのご案内 ■

下記の要領で生医研セミナーを予定しております。
ご興味のある皆様方のご来聴を、心より歓迎申し上げます。

*************************************

日時:
平成29年8月24日(木)17:00~18:00

場所:
生体防御医学研究所 本館1階 会議室

演題:
Analysing large-scale epigenomic data

演者:
Felipe Fernandes Albrecht 氏
Max Planck Institute for Informatics

概要:
While large amounts of epigenomic data are publicly available, their retrieval is a bottleneck in current research. In a typical analysis, users are required to download huge files, even if they are only interested in a small subset (e.g. promoter regions). We developed a data server, DeepBlue Epigenomic Data Server, that mitigates this issue by providing a powerful set of commands for filtering, transforming, aggregating, enrichment, and downloading data from several epigenomic consortia, making it the ideal resource for bioinformaticians that seek to integrate up-to-date epigenomics resources into their workflow.
DeepBlue was well received by the epigenomic research community. The web interface and documentation, including examples, are available at http://deepblue.mpi-inf.mpg.de/.


生体防御医学研究所/情報生物学分野
須山 幹太

セミナー第747回 生医研セミナーのご案内【Dr. Valentina Boeva】

  • [開催日時]2017年8月25日(金)16:00-17:00
  • [開催場所]総合研究棟1F 104セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先
第747回 生医研セミナーのご案内です。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

日時:
平成29年8月25日(金)16:00~17:00

場所:
総合研究棟1F 104セミナー室

演題:
Analysis of neuroblastoma super-enhancer landscape identifies two distinct malignant cell types

演者:
Dr. Valentina Boeva
Group leader
Computational (Epi-)Genetics of Cancer
Institut Cochin, CNRS UMR 8104, France

要旨:
We analyzed super-enhancer landscape in 25 neuroblastoma cell lines and six patient-derived mouse xenografts. We detected transcription factors that constitute the core neuroblastoma regulatory circuitries and drive expression of genes determining cell identity in neuroblastoma. Based on the super-enhancer landscape, we defined two neuroblastoma cell identity subtypes. These subtypes have different sensitivity to chemotherapy.
Using single cell experiments, we showed that these two epigenetically and transcriptionally different cell identity may coexist within the same patient.
Reference:
Boeva et al, Heterogeneity of neuroblastoma cell identity defined by transcriptional circuitries, Nature Genetics, 2017 Jul 24.

山西芳裕(生医研システムコホート学分野)
内線:6932

セミナー蜂須賀淳一先生 講演会【ピッツバーグ大学医学部神経生物学科】

  • [開催日時]2017年8月28日(月)17:30-18:30
  • [開催場所]薬学部 第4講義室(2号館5階奥)
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の要領で講演会を開催いたします。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

日時: 平成29年8月28日(月) 午後5時30分~午後6時30分
場所: 薬学部 第4講義室(2号館5階奥)
演者: 蜂須賀淳一 先生 (ピッツバーグ大学医学部神経生物学科)
タイトル: 脊髄介在ニューロンを介した感覚増強メカニズム


お問い合わせ先
津田誠(薬学研究院ライフイノベーション分野)

セミナー講演会【Washington University School in St. Louis イトウ アキノブ先生】

  • [開催日時]2017年8月31日(木)18:00-19:00
  • [開催場所]臨床小講堂1
  • [対象]
備考・問合せ先
 講演会のご案内

 
このたび、循環器外科教室では「心臓移植・補助人工心臓」の第一人者であるイトウ アキノブ先生をお招きし、講演会を開催することとなりました。
多くの皆様方のご来場を歓迎いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

日時:平成29年8月31日(木)18時~19時
場所:九州大学病院内 臨床小講堂1
参加費:無料です
講演者:イトウ アキノブ先生(Washington University School in St. Louis)

【ご紹介】
イトウ アキノブ先生は東北大学医学部をご卒業され、国立循環器病研究センターなどで心臓外科医として活躍された後に、米国へ渡米され現在はミズーリ州セントルイスのWashington University in St. Louisにて心臓移植および補助人工心臓を用いた重症心不全治療にAssistant Professor, Surgical Directorとして携わっていらっしゃいます。
Washington University in St. Louisでは数多くの心臓移植や補助人工心臓治療のご経験があり、最新の人工心臓の治験にも参加されて成果を出されております。

【講演タイトル】
Acute to Chronic MCS Support Experiences

【講演要旨】
米国でご経験された急性心不全に対する補助人工心臓治療と慢性心不全に対する補助人工心臓および最新の補助人工心臓治療についてご講演頂きます。

※講演会案内状がご覧になれます。下記ダウンロードください。
https://share.iii.kyushu-u.ac.jp/public/sLOQgA1I24-APAABDCRezmUM8HtVCRGDvgRIKwH564Eu


ページの先頭へ戻る