TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2017年10月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー医学研究院 教育・研究支援センター主催【フローサイトメトリーの基礎セミナー】

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2017年10月18日(水)
  • [開催場所]馬出地区コラボステーションⅠ 2階 視聴覚ホール
  • [対象]九大教職員・学生のみ
備考・問合せ先
医学研究院 教育・研究支援センター主催
【フローサイトメトリーの基礎セミナー】

フローサイトメトリー(Flow cyto metry)法とは、流体(Flow)中に細胞(Cyto)等、微細な粒子を分散させて流し、個々の粒子を光学的に分析する(metry)手法です。フローサイトメトリー法に用いられる装置をフローサイトメーター(Flow Cytometer)と呼びます。
今回のセミナーでは、Flow Cytometerの原理及びアプリケーションの基礎から応用までについて詳しく解説させていただきます。また今年の6月に新規導入しました「FACS Verse」の概要についてもご紹介します。
これからフローサイトメトリーを始める方、現在ご使用中の方まで多くのご参加をお待ちしております。
 
【日時】 2017年10月18日(水) 13:30~16:30(3時間)
第1部 13:30~15:00(90分) フローサイトメーターの基礎
第2部 15:15~16:30(75分) 測定手技の基本となるサンプル調製とアプリケーション
各部のみの参加も可能です。
セミナー終了後、個別相談にも対応いたします。

【対象者】 フローサイトメーター初心者の方、すでにご使用になられている方、ご興味のある方

【場所】 馬出地区コラボステーションI 2階 視聴覚ホール

【申込先】 資料準備のため下記アドレスから参加申込をお願いいたします。
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/seminaryoyaku.html

【申込締切】 2017年10月13日(金)
*事前申込みなしでも受講可能ですが、資料なしでの受講となる場合があります。
*キャンセルされる場合は、必ず事前にメールまたは電話でご連絡お願いいたします。

【講師】 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社 学術部 佐藤 幸夫 氏

【内容】
第1部 フローサイトメーターの基礎
・フローサイトメトリー(FCM)とは
・蛍光補正とは
・アナライザーとセルソーターの違い
・アナログとデジタルサイトメーターの違い
・Area Scaling Factorとは
・ダブレット除去とは
・支援センターの新規導入アナライザー「FACS Verse」の概要

第2部 測定手技の基本となるサンプル調製とアプリケーション
・細胞調製の基本
1)細胞の採取 2)蛍光抗体・色素の選択 3)細胞染色
・細胞表面と細胞内染色の違い
・アプリケーション
1)表面抗原解析 2)細胞周期 3)アポトーシス 4)サイトカイン 5)リン酸化蛋白解析

セミナー生医研セミナーのご案内【Albert Einstein College of Medicine 伊藤先生】

  • [開催日時]2017年10月24日(火)17:00-18:30
  • [開催場所]生医研本館1F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
  *************** 生医研セミナーのお知らせ ***************

演者:伊藤 圭介 先生
所属:Albert Einstein College of Medicine・Associate Professor

タイトル:「Metabolism, control of cell fate decisions, and stem cell renewal」

日時:2017年10月24日(火)17:00~18:30
場所:生医研本館1F 会議室

※セミナーは英語で行われます。


【参考論文】
Ito K, Turcotte R, Cui J, Zimmerman SE, Pinho S, Mizoguchi T, Arai F, Runnels JM, Alt C, Teruya-Feldstein J, Mar JC, Singh R, Suda T, Lin CP, Frenette PS, Ito K. Self-renewal of a purified Tie2+ hematopoietic stem cell population relies on mitochondrial clearance.
Science. 2016 Dec 2;354(6316):1156-1160.

Ito K*, Carracedo A*, Weiss D, Arai F, Ala U, Avigan DE, Schafer ZT, Evans RM, Suda T, Lee CH, Pandolfi PP. A PML–PPAR-δ pathway for fatty acid oxidation regulates hematopoietic stem cell maintenance.
Nat Med. 2012 Sep;18(9):1350-8.

Ito K, Bernardi R, Morotti A, Matsuoka S, Saglio G, Ikeda Y, Rosenblatt J, Avigan DE, Teruya-Feldstein J, Pandolfi PP. PML targeting eradicates quiescent leukaemia-initiating cells.
Nature. 2008 Jun 19;453(7198):1072-8.

Ito K*, Hirao A*, Arai F, Takubo K, Matsuoka S, Miyamoto K, Ohmura M, Naka K, Hosokawa K, Ikeda Y, Suda T. Reactive oxygen species act through p38 MAPK to limit the lifespan of hematopoietic stem cells.
Nat Med. 2006 Apr;12(4):446-51.

Ito K*, Hirao A*, Arai F, Matsuoka S, Takubo K, Hamaguchi I, Nomiyama K, Hosokawa K, Sakurada K, Nakagata N, Ikeda Y, Mak TW, Suda T. Regulation of oxidative stress by ATM is required for self-renewal of haematopoietic stem cells.
Nature. 2004 Oct 21;431(7011):997-1002.


造血幹細胞は組織幹細胞研究で最も解析が進んだ分野ですが、伊藤先生は以前から世界的なリーダーの一人として長らく活躍されてきました。組織幹細胞の大きな特徴である、細胞周期が静止期にあること、特徴的な代謝系を有していること、等について、多くの先進的なご研究をされてきており、海外で活躍する日本人若手研究者の代表的な存在です。幹細胞分野に対する分子的アプローチの最前線を知るにはもってこいの機会です。皆様奮ってご参加下さい。


世話人:生医研・分子医科学 中山 敬一(内線6815)

セミナー歯学府大学院特別講義【東京医科歯科大学 戸原先生】

  • [開催日時]2017年10月27日(金)17:00-18:30
  • [開催場所]歯学部本館1階 講義室C
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の通り,歯学府大学院特別講義を開催いたします。
多くの方々のご参加をお待ち申し上げます。

演題:摂食嚥下障害の評価と訓練の実際

演者:戸原 玄 先生 
        東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科高齢者歯科学分野 准教授 

日時:10月27日(金)17:00〜18:30

場所:歯学部本館1階 講義室C(歯学部本館正面玄関から入って直進して左手側です)

柏﨑 晴彦
九州大学大学院歯学研究院
口腔顎顔面病態学講座 高齢者歯科学・全身管理歯科学分野


セミナー生化学若い研究者の会 九州支部・脳科学若手の会 九州部会共催 2017年 秋のセミナー

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2017年10月28日(土)13:30-17:00
  • [開催場所]総合研究棟1階 セミナー室105
  • [対象]
備考・問合せ先
生化学若い研究者の会 九州支部・脳科学若手の会 九州部会共催 2017年 秋のセミナー
「秋深き 隣は何を する人ぞ -企業の研究を知る-」



 
※クリックでPDFが開きます。
日時:2017年10月28日(土) 13:30-17:00 (13:00開場)
場所:九州大学 病院キャンパス 総合研究棟1階 セミナー室105

https://www.med.kyushu-u.ac.jp/campus/access/file/hospital.pdf


対象:現在研究に携わっている方 (大学院生・ポスドクなど), 今後研究に携わる予定の学生
参加費:無料

構成:講師講演

協和発酵バイオ株式会社
中崎瑛里 様
「食品機能性に関する企業での研究について」

三和酒類株式会社
中村彰宏 様
「理系大学院を卒業して企業で「働く」ということ」

タカラバイオ株式会社
※講師ならびに題目は決定次第お知らせいたします。

     

     
今回のセミナーでは、企業の研究職に従事している方を講師として招き、ご講演いただきます。
具体的には現在取り組まれている研究の内容、企業と大学における研究の違い、研究者のキャリアパスに関してご講演していただきます。
研究者視点からの企業での研究生活やキャリアパスなど、研究者を志す上での様々な選択肢を知る場を設けたいと考えております。

また、セミナー後に懇親会を開催いたします。
こちらにも是非ご参加ください。
※セミナーのみのご参加も可能です。


 時間:18:00ごろより2時間程度
会場:天神周辺
参加費:¥3500程度

  
<参加申し込み方法>

参加をご希望の方はお手数ですが、下記URL先の登録フォームの記載に従って参加申し込みの手続きを行ってください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeCCB1-L5dapFm43f34epv9ok2FI0dKJaQafo4_Oouh8lW1xg/viewform?usp=sf_link


申し込みの締め切りは勝手ながら10月20日(金)とさせていただきます。
※セミナー・懇親会ともに席に限りがございます。参加申し込みを多数いただいた場合は、学生・ ポスドクを優先した先着順とさせていただきます。予めご了承ください。

ご質問等ございましたら下記の問い合わせ先までご連絡ください。

みなさまのご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

主催:
  生化学若い研究者の会 九州支部
  HP :http://www.seikawakate.org/sibu/kyushu

  脳科学若手の会 九州部会 
  HP:http://brainsci.jp

問い合わせ先:
脳科学若手の会 九州部会(kyushu.brainwakate(a)gmail.com)
                          ※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください。


学会・シンポ第27回ホットスプリングハーバー国際シンポジウム

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2017年10月31日(火)-11月1日(水)
  • [開催場所]コラボステーションI・ 2F視聴覚ホール
  • [対象]不問
備考・問合せ先
 
第27回ホットスプリングハーバー国際シンポジウム

The 27th Hot Spring Harbor International Symposium
~Frontiers in Stem Cell Research and Reprogramming~

開催日時

2017年10月31日(火)-2017年11月1日(水)

10月31日(火)10:00-18:20
11月  1日(水)10:00-15:00

※クリックでPDFが開きます

開催場所

コラボステーションI・ 2F視聴覚ホール 

対象

不問

申込方法

事前申し込み不要

 

申込受付期間

なし

定員

なし

参加費

無料

イベント詳細

海外より5名、国内より10名の演者をお招きし、幹細胞とリプログラミングについて講演して頂きます。また若手研究者10名にもshort talkをおこなって頂きます。プログラム等の詳細につきましては、以下のURLから入手可能です。
http://www.bioreg.kyushu-u.ac.jp/mib/topics/topic_symposium2013_e.html
参加自由となっておりますので、興味がある方は是非お越しください。

お問合せ先

担当:生体防御医学研究所 川又 理樹
電話:092-642-6449
ホームページ:http://www.bioreg.kyushu-u.ac.jp/labo/orgreg/top.html
主催 九州大学生体防御医学研究所
共催 共同利用・共同研究拠点 多階層生体防御システム研究拠点
共同利用・共同研究拠点 トランスオミクス医学研究拠点ネットワーク形成事業 

ページの先頭へ戻る