TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2017年11月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー臨床研究認定更新講習

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2017年11月21日(火)17:30-19:00
  • [開催場所]総合研究棟105セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先

 

これまで、ヒト由来試料・情報の取扱いをめぐる倫理的問題が議論され、様々な運用上のルールが検討・策定されてきました。
こうした問題は、今般、全国的に取組みが進められているバイオバンクのあり方を考えていくうえでも重要な課題であり続けています。
この度、当該分野の国際的な第一人者であるアラステア・キャンベル先生(前シンガポール大学生命倫理センター所長、元英国バイオバンク倫理・ガバナンス評議会委員長)をお招きして、講演会を開催することになりました。
皆様のご参加をお待ちいたしております。
 
 
 ※クリックでPDFが開きます

 

日時 平成29年11月21日(火)
17:30~19:00
会場  九州大学医学部総合研究棟105セミナー室

プログラム

講演 「ヒト由来試料・情報の取扱とバイオバンクをめぐる倫理的課題と展望」
アラステア・キャンベル先生
前シンガポール大学生命倫理センター所長/
元英国バイオバンク倫理・ガバナンス評議会委員長

 
司会: 河原 直人 特任講師(倫理担当)九州大学病院ARO次世代医療センター
 
参加費: 無料
 
申込み: 不要
 
主催: 九州大学病院ARO次世代医療センター
 
共催: 日本生命倫理学会
 
問合わせ先:
九州大学病院事務部 研究支援課倫理審査係 原田
Tel:092-642-5032
E-mail:bynintei(a)jimu.kyushu-u.ac.jp


学内の皆様へ

このセミナーは臨床研究認定更新講習です。
※「臨床研究認定制度」について、詳しくは→こちらをご覧ください。

セミナー山中章弘先生 講演会【名古屋大学 環境医学研究所 神経系分野2】

  • [開催日時]2017年11月24日(金)18:00-
  • [開催場所]薬学部 第4講義室 (薬学部2号館5階奥)
  • [対象]
備考・問合せ先
 下記の要領で講演会を開催いたします。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。


日時: 平成29年11月24日(金) 午後6時00分~
場所: 薬学部 第4講義室 (薬学部2号館5階奥)
演者: 山中 章弘 教授 (名古屋大学 環境医学研究所 神経系分野2)
タイトル: 視床下部神経による睡眠覚醒・記憶・代謝・痛みの調節


お問い合わせ先
津田誠(薬学研究院ライフイノベーション分野)

セミナー第754生医研セミナー【The Hong Kong University of Science and Technology Prof. Danny Leung】

  • [開催日時]2017年11月28日(火)16:00-17:00
  • [開催場所]本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 第754生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)

下記の通り、香港科技大学のDanny Leung先生によるセミナーを開催致します。講演
は英語で行われます。
皆様のご来聴を心より歓迎いたします。

演題: Epigenetic regulation of non-coding DNA in development and diseases
        【Seminar in English】
演者: Prof. Danny Leung
        Division of Life Science, The Hong Kong University of Science and Technology, Hong Kong, China
日時: 2017年11月28日(火) Nov. 28 (Tue), 2017
        16:00~17:00
場所: 病院キャンパス 生体防御医学研究所本館1階 会議室
        以下の地図の26番です。
    
Seminar room, Main Building 1F, Medical Institute of Bioregulation
No.26 building on the following linked map.
    
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/30078/Hospital_jp-2017.pdf

    
要旨:
While the genome encodes the blueprint for mammalian development, it is the epigenome that allows this code to be interpreted uniquely by each cell-type. Deciphering the epigenome will reveal insights into a plethora of biological processes. Our research focuses on epigenetic mechanisms that regulate transcription of non-coding DNA sequence. Using high-throughput genomic techniques, we generated extensive profiles of epigenetic modifications, gene expression, and chromatin conformation for various cell-types. We discovered unique characteristics and roles of non-coding elements in shaping the gene expression networks important for distinct cell-type identity and function. Specifically, we aim to delineate the contributions of endogenous retroviruses, a class of repetitive genomic sequences, in normal developmental programs as well as disease states such as cancer.

1. Leung et al. Integrative analysis of haplotype-resolved epigenomes across human tissues. Nature 518, 350-354 (2015) 2. Leung et al. Regulation of DNA methylation turnover at LTR retrotransposons and imprinted loci by the histone methyltransferase Setdb1.
PNAS 111, 6690-6695 (2014)

連絡先: Division of Epigenomics and Development, MIB, Hiroyuki SASAKI

ページの先頭へ戻る