TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2017年11月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー大学院特別講義「硬組織研究法」【東京大学 高柳先生】

  • [開催日時]2017年11月9日(木)17:00-18:30
  • [開催場所]講義室C
  • [対象]
備考・問合せ先

歯学研究院より

 

大学院特別講義「硬組織研究法」のご案内

 

この度、「骨免疫学」の創始者でいらっしゃいます、東京大学医学部・教授

高柳広先生をお招きし、講演会を開催致します。

 

講演者:東京大学 大学院医学系研究科・免疫学講座・教授

     高柳 広 先生

 

講演のタイトル:「骨免疫学と骨関節疾患治療の進歩」

 

日時:平成29年11月9日(木曜日)午後5時より(質疑応答含め6時半頃までです)

 

場所:九州大学歯学部講義室C
      (歯学部講義実習棟1階)(歯学部本館の正面玄関から入ってすぐのところにございます)

 

高柳先生は「骨免疫学 Osteoimmunology」の創始者で、世界のトップを走っておられる研究者です。今回は革新的な骨関節疾患の治療に関するお話もございますので、免疫や骨代謝にご興味の方は勿論のこと、臨床の先生方もどうぞ、お越しください。免疫、骨・関節のしくみや病気にご興味のある方はどなたでも参加できます。多くの方々のご来場を歓迎致します。

 

(ご業績:Nature Immunology 2017, Immunity 2016, Nature Commun. 2016, Cell 2015, Nature Med. 2015, 2014, Cell Metab. 2014, Nature 2012, Nature Med.

2012, Proc.Natl.Acad.Sci. 2012等、多数)

 

どうぞ、お気軽にお越しください。


「硬組織研究法」世話人

九州大学大学院 歯学研究院

口腔常態制御学講座分子口腔解剖学分野

久木田 敏夫

セミナー第19回創薬育薬産学官連携セミナー【University of Tuebingen, Institute of Pharmaceutical Scie Michael Laemmerhofer 先生】

  • [開催日時]2017年11月10日(金)17:00-18:00
  • [開催場所]薬学部 第3講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
第19回創薬育薬産学官連携セミナーの御案内

医系キャンパスの皆様

11月10日(金) 17:00より、University of Tuebingen, Institute of Pharmaceutical Sciencesの
Michael Laemmerhofer 先生 をお招きして第19回創薬育薬産学官連携セミナーを行います。

日時:平成29年11月10日(金)
        17:00-18:00
場所:薬学部 第3講堂
講師:Michael Laemmerhofer 先生(University of Tuebingen, Institute of Pharmaceutical Sciences)
演題:「The power of selectivity and molecular recognition: Spotlight on mixed-mode chromatography and chiral separation by HPLC」

皆様の御来聴をお待ちしております。

セミナー生医研セミナー【東京大学医科学研究所 中西先生】

  • [開催日時]2017年11月10日(金)17:00-18:30
  • [開催場所]生医研本館1F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 *************** 生医研セミナーのお知らせ ***************

演者:中西 真 先生
所属:東京大学医科学研究所 癌防御シグナル分野教授・教授

タイトル:「DNAメチル化とDNA複製のカップリング機構」

日時:2017年11月10日(金)17:00~18:30
場所:生医研本館1F 会議室


【参考論文】
Shimada, M., Goshima, T., Matsuo, H., Johmura, Y., Haruta, M., Murata, K., Tanaka, H., Ikawa, M., Nakanishi, K., and *Nakanishi, M. Essential role of auto-activation circuitry on Aurora B-mediated H2AX-pS121 in mitosis.
Nat Commun 7, 12059 (2016)

Johmura, Y., Sun, J., Kitagawa, K., Nakanishi, K., Kuno, T., Naiki-Ito, A., Sawada, Y., Miyamoto, T., Okabe, A., Aburatani, H., ShengFan, Li., Miyoshi, I., Takahashi, S., Kitagawa, M., and *Nakanishi, M. SCFFbxo22-KDM4A targets methylated p53 for degradation and regulates senescence.
Nat Commun 7, 10574 (2016)

Johmura, Y., Shimada, M., Misaki, T., Naiki-Ito, A., Miyoshi, H., Motoyama, N., Ohtani, N., Hara, E., Nakamura, M., Morita, A., Takahashi, S., and *Nakanishi, M. Necessary and sufficient role for a mitosis skip in senescence induction.
Mol Cell 55, 73-84 (2014)

Nishiyama, A., Yamaguchi, L., Sharif, J., Johmura, Y., Kawamura, T., Nakanishi, K., Shimamura, S., Arita, K., Kodama, T., Ishikawa, F., Koseki, H., and *Nakanishi, M. Uhrf1-dependent H3K23 ubiquitylation couples maintenance DNA methylation and replication.
Nature 502, 249-253 (2013)

Shimada, M., Niida, H., Zineldeen, D.H., Tagami, H., Tanaka, M., Saito, H., and *Nakanishi, M. Chk1 is a histone H3 threonine 11 kinase that regulates DNA damage-induced transcriptional repression.
Cell 132, 221-232 (2008)

Tojima, Y., Fujimoto, A., Delhase, M., Chen, Y., Hatakeyama, S., Nakayama, K., Kaneko, Y., Nimura, Y., Motoyama, N., Ikeda, K., Karin, M., *Nakanishi, M. NAK is an IkB kinase-activating kinase.
Nature 404, 778-782 (2000)


塩基配列の変化を伴わずに遺伝情報を変化させるエピゲノム制御は、主にDNAやヒストンの化学修飾が主な基盤となっています。中西先生らのグループは、細胞周期や老化におけるエピゲノム制御を中心に、世界的な業績を挙げられています。特にDNA傷害時にヒストンH3のThr11がチェックポイントキナーゼでリン酸化され、それがサイクリンの転写抑制を介して細胞周期停止を起こすこと(Cell 2013)は、当時大いに世界を驚かせました。エピゲノム制御や細胞周期に関する知見の最前線を知るにはもってこいの機会です。皆様奮ってご参加下さい。


世話人:生医研・分子医科学 中山 敬一(内線6815)

セミナー個人情報保護法に関する講演会【経済産業省 江崎先生】

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2017年11月13日(月)17:30-19:00
  • [開催場所]臨床小講堂2
  • [対象]
備考・問合せ先

今般、個人情報保護法改正とともに、研究倫理指針の改正も行われ、当該対応について様々な運用上の取組みが行われております。
この度、内閣官房にて個人情報保護法の立案に携わられた江崎先生をお招きして、個人情報保護法についてご講演いただくことになりました。
私たちは臨床データの利活用のあり方も含めて、個人情報保護に係る規制への理解を継続的に深めていく必要があります。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

日時 平成29年11月13日(月)
17:30~19:00
会場 九州大学病院 臨床小講堂2

 

プログラム

講演 「個人情報保護法に関する講演会」
江崎 禎英 先生
経済産業省 商務・サービスグループ 政策統括調整官兼
内閣官房 健康・医療戦略室 次長


 ※クリックでPDFが開きます
司会: 中西 洋一 教授 九州大学病院 ARO次世代医療センター
参加費: 無料
申込み:  不要
主催: 九州大学病院ARO次世代医療センター
問合わせ先:
九州大学病院事務部 研究支援課倫理審査係 原田
Tel:092-642-5032
E-mail:bynintei(a)jimu.kyushu-u.ac.jp


学内の皆様へ

このセミナーは臨床研究認定更新講習です。
※「臨床研究認定制度」について、詳しくは→こちらをご覧ください。

セミナー第14回応用幹細胞医科学部門セミナー【Dr. Andras PALDI (GENETHON; Professor at EPHE)】

  • [開催日時]2017年11月14日(火)17:00-18:00
  • [開催場所]総合研究棟1階102号室
  • [対象]どなたでも参加可能です
備考・問合せ先
以下の通り、 フランスGENETHON研究所のAndras PALDI博士をお招きし、セミナーを開催いたします。Andras PALDI博士は、エピジェネティクス研究、特に単為発生胚を用いたゲノムインプリンティング研究の草分け的存在です。最近では、エピジェネティックな遺伝現象とは一見対極に位置するようにも見えるstochastic gene expressionを研究対象とすることで、幹細胞分化における「エピジェネティックダイナミクス」の意義に迫ろうとしておられます。今回は、血液幹細胞分化に関する最近の知見を中心にお話いただく予定です。

皆さま、奮ってご参加ください。

---
【第14回応用幹細胞医科学部門セミナー】

日時:2017年11月14日(火)17:00-18:00
場所:総合研究棟1階105号室
対象:どなたでも参加可能です

演者:Dr. Andras PALDI (GENETHON; Professor at EPHE)
講演タイトル:Blood stem cells follow uncertain path to fate commitment
要旨:
Blood cells are continuously produced during the life, so that under healthy conditions their abundance in the blood remains approximately stable. It is now generally accepted that all these cell types have the same ancestor, usually called hematopoietic stem cell.
Hematopoietic stem cells were classically defined as a specific category of cells at the top of the hierarchy that can differentiate into all other blood cell types following step by step the instructions of a deterministic program.
We present observations that support a much more dynamical view.
Time-lapse video recording coupled to single-cell molecular analyses suggest that fate decision is not a unique programmed event, but the outcome of a process composed of spontaneous variation and selective stabilisation of alternative cellular states. The whole process is reminiscent of trial-error learning. Each cell explores at its own pace and independently of cell division the different possibilities before reaching a stable combination of genes to be expressed and the corresponding morphology. Some cells, as shown on the time-lapse records, “hesitate”; they change morphology many times before reaching a stable state. Rather than a feature of a specific cell category, pluripotency appears therefore as a transitory state that can be reached by many different cells.

参考文献:
Moussy et al., Integrated time-lapse and single-cell transcription studies highlight the variable and dynamic nature of human hematopoietic cell fate commitment. PLOS Biol., https://doi.org/10.1371/journal.pbio.2001867, 2017


セミナーに関する問い合わせ先:
九州大学医学研究院
応用幹細胞医科学部門
統合的組織修復医学分野/基盤幹細胞学分野
今村拓也(imamura(a)scb.med.kyushu-u.ac.jp)
            ※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください。

ページの先頭へ戻る