TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2018年1月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

学会・シンポ地域医療シンポジウム 2018 in 福岡

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2018年1月21日(日)10:00-13:00
  • [開催場所]百年講堂 中ホール1,2
  • [対象]医学教育・地域医療教育に携わる方、または関心のある方
備考・問合せ先
  この度、九州大学大学院医学研究院地域医療教育ユニットでは、下記の通り「地域医療シンポジウム2018 in 福岡」を開催致します。
  今回は「地域医療に貢献するリーダーをいかに育てるか~卒前地域医療実習の挑戦~」のテーマで全国の地域医療の最前線でご活躍されている先生方にお話をいただきます。   全国の大学医学部や教育連携機関において医学・医療教育にかかわるたくさんの皆 様に聴講していただき、地域医療に関して議論を深める良い機会としてもらいたいと 思います。
  多くの方のご参加をお待ちしております。
 

地域医療シンポジウム 2018 in 福岡
 

開催日時

平成30年1月21日(日) 

10:00~13:00(予定)

※クリックでPDFが開きます

会  場

九州大学医学部百年講堂中ホール1・2 

基調講演

『医学部教育における地域医療実習の意義について』
  
吉田素文
国際医療福祉大学医学部副医学部長・医学科長

申込方法

事前申し込み不要

 

申込受付期間

なし

シンポジウム

草場 鉄周
医療法人北海道家庭医療学センター理事長

前田 隆浩
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科地域医療学分野教授
 
山本 一視
千鳥橋病院副院長
 
渡邉 航大
九州大学医学部医学科6年
 
岩尾 和紀
九州大学医学部医学科6年
 
貝沼茂三郎
九州大学大学院医学研究院地域医療教育ユニット准教授
               

参加者等

医学教育・地域医療教育に携わる方、また関心のある方はどなたでも参加いただけます。
学生の方の参加も歓迎です。

参 加 費

無料

申込方法

ホームページより申込フォームをダウンロードの上、FAXまたはメール
にてお申込みください。
ホームページ https://cmeu.wp.med.kyushu-u.ac.jp/
FAX:092-642-6207
E-mail:tiiki_me(a)cmeu.med.kyushu-u.ac.jp
            (a)を@に置きかえてメールをご送信ください。

セミナー第764回生医研セミナー【Dr. Jean-Marc Schwartz Senior Lecturer Faculty of Biology, Medicine and Health】

  • [開催日時]2018年1月22日(月)16:00-17:00
  • [開催場所]総合研究棟1F 105セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先
第764回 生医研セミナーのご案内です。
ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

日時:
平成30年1月22日(月)16:00~17:00

場所:
総合研究棟1F 105セミナー室

演題:
Applications of systems and network approaches to the investigation of human diseases

演者:
Dr. Jean-Marc Schwartz
Senior Lecturer
Faculty of Biology, Medicine and Health     
University of Manchester, UK

要旨:
Network and systems-based approaches are increasingly used to study dysregulated molecular components in diseases. By modelling the relations between genes/proteins in an integrative way, we can gain better understanding of the processes and pathways involved in disorders and infer their causal regulators, paving the way for the development of new treatments. In this seminar, we will describe different approaches enabling us to model disease systems. First, we will present a Boolean modelling technique applied to understand the mechanisms of action of Herceptin, a drug which is widely used to treat breast cancer but whose action is hampered in some cases by the development of resistance in tumour cells. Next, we will present an integration of network analysis with gene expression (RNA-sequencing) data applied to the study of skeletal diseases, and show how this integration helps to discover new pathways and regulators involved in these disorders.
Reference:
Hetmanski et al (2016). A MAPK-driven feedback loop suppresses Rac activity to promote RhoA-driven cancer cell invasion. PLoS Computational Biology 12: e1004909.
Schwartz et al (2015). Metabolic flux prediction in cancer cells with altered substrate uptake. Biochem Soc Trans 43: 1177-81.
Soul et al (2015). PhenomeExpress: A refined network analysis of expression datasets by inclusion of known disease phenotypes. Scientific Reports 5: 8117.

セミナー第756回生医研セミナー【理化学研究所 伊川先生】

  • [開催日時]2018年1月25日(木)11:00-12:00
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
第756回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)のご案内》

下記のとおり生医研セミナーを開催致します。
皆様方のご来聴を心よりお待ちしております。なお、講演は英語で行われます。

演題:Transcriptional and epigenetic control of lymphocyte development
(Seminar in English)

演者:伊川 友活 先生 Tomokatsu Ikawa, Ph.D.
理化学研究所 統合生命医科学研究センター
Young Chief Investigator
RIKEN Center for Integrative Medical Sciences

日時:平成30年1月25日(木)11:00~12:00

場所:病院キャンパス 生体防御医学研究所 本館1階 会議室
        Seminar Room, Main Building 1F,
        Medical Institute of Bioregulation
        以下の地図の26番です。
        https://www.kyushu-u.ac.jp/f/30078/Hospital_jp-2017.pdf

要旨:Lymphocytes including T cells, B cells, NK cells and innate lymphoid cells are derived from hematopoietic stem cells. The lymphocyte fates are controlled by lineage specific transcription factors and epigenetic modification. We have recently reported that the epigenetic regulator, the polycomb proteins are important for the maintenance of T cell fate. On the other hand, we have established the culture system in which we can induce B lineage commitment from multipotent progenitors. We are working on the transcriptional network that controls B cell fate using this system. I would like to discuss genetic and epigenetic control of lymphocyte differentiation.

業績:
1.Ikawa, T. et al.
   Conversion of T cells to B cells by inactivation of polycomb-mediated epigenetic suppression of the B-lineage program. Genes Dev. 30: 2475-2485, (2016)
   
2.Ikawa, T et al.
   Induced developmental arrest of early hematopoietic progenitors leads to the generation of leukocyte stem cells. Stem Cell Reports. 5:716-727, (2015)

セミナー第757回生医研セミナー【京都大学 宮崎先生】

  • [開催日時]2018年1月25日(木)14:00-15:00
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
第757回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)のご案内》

下記のとおり生医研セミナーを開催致します。
皆様方のご来聴を心よりお待ちしております。なお、講演は英語で行われます。

演題:Lymphocyte Development and Transcriptional Regulation(Seminar in English)

演者:宮崎 正輝 先生 Masaki Miyazaki, M.D., Ph.D.
        京都大学ウィルス・再生医科学研究所再生免疫学分野 准教授
        Associate Professor
        Department of Immunology, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University

日時:平成30年1月25日(木)14:00~15:00

場所:病院キャンパス 生体防御医学研究所 本館1階 会議室
        Seminar Room, Main Building 1F,
        Medical Institute of Bioregulation
        以下の地図の26番です。
        https://www.kyushu-u.ac.jp/f/30078/Hospital_jp-2017.pdf

要旨:
Immune system is composed of innate and adaptive immune cells. Two distinct type of lymphocytes have been identified, adaptive and innate lymphoid cells. It is well-known that bHLH transcription factor E-proteins including E2A, HEB and E2-2, and Id-proteins (Id1-4) orchestrate the entire lymphoid cell differentiation, such as T and B cell, DC, and Innate Lymphoid Cells (ILCs). As well as B cell, E2A and HEB act in synergy to establish T cell identity and to suppress the aberrant development of ILCs in the thymus, through the regulation of T cell-specific enhancer repertoire. In addition, I would like to discuss about the role of E-Id protein axis during T cell development and activation.

業績:
1.Miyazaki M, et al.
The E-Id Protein Axis Specifies Adaptive Lymphoid Cell Identity and Suppresses
Thymic Innate Lymphoid Cell Development. Immunity 46, 818-834 (2017)

セミナー第758回生医研セミナー【東京大学 新田先生】

  • [開催日時]2018年1月25日(木)16:00-17:00
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 第758回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)のご案内》

下記のとおり生医研セミナーを開催致します。
皆様方のご来聴を心よりお待ちしております。なお、講演は英語で行われます。

演題:The cellular and molecular basis for T cell development (Seminar in English)

演者:新田 剛 先生 Takeshi Nitta, Ph.D.
        東京大学大学院医学系研究科 病因・病理学専攻 准教授
        Associate Professor
        Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine,
        The University of Tokyo

日時:平成30年1月25日(木)16:00~17:00

場所:病院キャンパス 生体防御医学研究所 本館1階 会議室
        Seminar Room, Main Building 1F,
        Medical Institute of Bioregulation
        以下の地図の26番です。
        https://www.kyushu-u.ac.jp/f/30078/Hospital_jp-2017.pdf

要旨:
Understanding T cell development is one of major goals of the immunology. We have been studying on cellular and molecular mechanisms for how functionally optimized T cells are generated in the thymus. Our recent results from different perspectives and approaches – T cell receptor signaling, thymic stromal cell function, and human genetic variation–will be presented and discussed.

業績:
1.Muro R, et al. γδTCR recruits the Syk-PI3K axis to drive proinflammatory differentiation program. J Clin Invest, in press.
        
2.Nitta T, et al. Human thymoproteasome variations influence CD8 T cell selection. Sci Immunol, 2, eaan5165, 2017.
        
3.Nitta T, et al. The thymic cortical epithelium determines the TCR repertoire of IL-17-producing γδT cells. EMBO Rep, 16, 638-653, 2015.

ページの先頭へ戻る