TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2019年7月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナーIn vivo optogenetic control of neuronal activity

  • [開催日時]7/12(⾦)14:00-15:00(予定)
  • [開催場所]医学部基礎研究A棟1階 第2講義室(⽣協向かい)
  • [対象]学部学⽣・⼤学院⽣の参加も歓迎
備考・問合せ先
In vivo optogenetic control of neuronal activity:
ground-truth electrophysiological calibration of zzebrafish opsin transgenic lines

フランスInstitut du Cerveau et de la Moelle Epinière(ICM)のClaire Wyart研究室研究員のAdna Dumitrescu博⼠によるセミナーを開催致します。
ゼブラフィッシュを⽤いた光遺伝学ツールや運動ニューロンの研究に ついてご講演いただきます。
ふるってご参加下さい。学部学⽣・⼤学院⽣の参加も歓迎です。

演者: Adna Dumitrescu博⼠

所属: フランスInstitut du Cerveau et de la Moelle Epinière (ICM), Claire Wyart Lab

タイトル: In vivo optogenetic control of neuronal activity: ground-truth electrophysiological calibration of zebrafish opsin transgenic lines

⽇時: 2019年7⽉12⽇(⾦)14:00〜15:00(予定)

場所: 医学部基礎研究A棟1階 第2講義室(⽣協向かい)

Abstract:
Fifteen years after the publication of the original Channelrhodopsin-2 proof of principle paper using cultured neurons, we now have available an array of several excitatory and inhibitory opsins. Despite these advancements, the field is currently facing several challenges such as: the availability of stable transgenic lines, somewhat limited spectral properties, and poor kinetics in terms of achieving neural control within a millisecond range precision. We have addressed these issues by taking advantage of the transparent zebrafish larva model to calibrate the performance of the 10 best-expressing opsin transgenic lines available via electrophysiological recordings in vivo in motor neurons.

世話⼈: 医学研究院・疾患情報研究分野 今井 猛

--
今井 猛 (Takeshi Imai, Ph.D.)
九州⼤学⼤学院医学研究院 疾患情報研究分野 教授
〒812-8582 福岡市東区⾺出3-1-1
e-mail: t-imai★med.kyushu-u.ac.jp (★を@に書き換えてください)
URL: http://dn.med.kyushu-u.ac.jp/

セミナーVisual motion processing from retina to visual cortical areas in mice

  • [開催日時]7/16(⽕)17:00-18:00
  • [開催場所]医学部基礎研究A棟1階 第2講義室(⽣協向かい)
  • [対象]学部学⽣・⼤学院⽣の参加も歓迎
備考・問合せ先
Visual motion processing from retina to visual cortical areas in mice

デンマーク・トランスレーショナル神経科学研究所(DANDRITE)・北欧EMBL・オーフス⼤学 グループリーダー/准教授の⽶原圭祐博⼠をお招きしてセミナーを開催致します。
動体視⼒をはじめとする視覚系の神 経回路についてご講演いただきます。
ふるってご参加下さい。学部学⽣・⼤学院⽣の参加も歓迎です。

演者: ⽶原 圭祐 博⼠

所属: DANDRITE/Nordic EMBL・オーフス⼤学

タイトル: Visual motion processing from retina to visual cortical areas in mice

⽇時: 2019年7⽉16⽇(⽕)17:00〜18:00

場所: 医学部基礎研究A棟1階 第2講義室(⽣協向かい)

Abstract:
Inferring the speed and direction of image motion is critical for the survival of animals. Prior studies on rodents and rabbits showed that visual motion processing starts in the retina. However, we are still far from understanding how visual motion is extracted by retinal circuits and further processed in downstream brain areas for mediating visually guided behaviors. Furthermore, it remains unclear how specific neuronal connections that support motion detection emerge during development. To address these questions my lab combines experimental approaches such as molecular biology, transcriptome analysis, mouse genetics, two-photon imaging, electrophysiology, trans-synaptic circuit labeling, behavioral analysis, and computational modeling. In this talk I will present our recent findings related to three topics: 1) how retinal circuits extract the speed and direction of image motion, 2) how cortical areas process retina-originated motion signals, and 3) how motion-sensitive retinal circuits are assembled by molecular mechanisms during development. Our results highlight highly-specific neuronal connections and genetic mechanisms underlying visual motion processing in the mammalian central nervous system.

参考⽂献:
1. Yonehara K et al., (2016) Congenital Nystagmus Gene FRMD7 Is Necessary for Establishing a Neuronal Circuit Asymmetry for Direction Selectivity. Neuron 89: 177-193.
2. Yonehara K et al., (2013) The first stage of cardinal direction selectivity is localized to the dendrites of retinal ganglion cells. Neuron 79: 1078-1085.
3. Yonehara K et al., (2011) Spatially asymmetric reorganization of inhibition establishes a motion-sensitive circuit. Nature 469: 407-410.

セミナーは英語ですが、質疑は⽇本語でも英語でも可能です。

世話⼈: 医学研究院・疾患情報研究分野 今井 猛

--
今井 猛 (Takeshi Imai, Ph.D.)
九州⼤学⼤学院医学研究院 疾患情報研究分野 教授
〒812-8582 福岡市東区⾺出3-1-1
e-mail: t-imai★med.kyushu-u.ac.jp(★を@に書き換えてください)
URL: http://dn.med.kyushu-u.ac.jp/

セミナーフローサイトメトリーの基礎セミナー

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]7/23(火)13:30-16:30
  • [開催場所]コラボステーションI 2階視聴覚ホール
  • [対象]九大教職員・学生のみ
備考・問合せ先
医学研究院附属 教育・研究支援センター 主催
【フローサイトメトリーの基礎セミナー】

  フローサイトメトリー(Flow cyto metry)法とは、流体(Flow)中に細胞(Cyto)等、微細な粒子を分散させて流し、個々の粒子を光学的に分析する(metry)手法です。フローサイトメトリー法に用いられる装置をフローサイトメーター(Flow Cytometer)と呼びます。
今回のセミナーでは、フローサイトメーターの基礎(第1部)及び応用編としてフローサイトメーターのマルチカラー解析(第2部)について詳しく解説させていただきます。
また、今年の4月に支援センターに新規導入しましたセルソーターの「FACSAriaFusion」の概要についてもご紹介します。

【日時】 2019年7月23日(火) 13:30-16:30(3時間)
  第1部 13:30-15:00(90分) フローサイトメーターの基礎
  第2部 15:15-16:30(75分) フローサイトメーターのマルチカラー解析
    各部のみの参加も可能です。
    セミナー終了後、個別相談にも対応いたします。

【対象者】
  第1部 フローサイトメーター初心者の方、すでにご使用になられている方、ご興味のある方
  第2部 これからマルチカラー解析を始めたいと思われている方、すでに解析をされている方、ご興味のある方

【場所】馬出地区コラボステーションI 2階 視聴覚ホール

【申込先】資料準備のため下記アドレスから参加申込をお願いいたします。
    http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/seminaryoyaku.html

【申込締切】2019年7月18日(木)
  *事前申込なしでも受講可能ですが、資料なしでの受講となる場合があります。
  *キャンセルされる場合は、必ず事前にメールまたは電話でご連絡をお願いいたします。

【講師】 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社 学術部 安田 剛 氏

【内容】
  第1部 フローサイトメーターの基礎・フローサイトメトリー(FCM)とは
・蛍光補正とは 
・アナライザーとセルソーターの違い 
・アナログとデジタルサイトメーターの違い 
・Area Scaling Factorとは 
・ダブレット除去、死細胞除去とは 
・シングルセルソーティング、インデックスソーティング
・アプリケーション紹介 アポトーシス解析、細胞周期、CBA
  (サイトカインやリン酸化タンパクの定量解析)
・支援センターの新規導入セルソーター
   「FACSAriaFusion」の概要
   
  第2部 フローサイトメーターのマルチカラー解析
1)マルチカラー解析パネル構築の注意点 
・励起光と蛍光
・マルチカラー解析のベネフィット
・蛍光色素の選択基準
・蛍光の漏れ込み
・パネルデザインの考え方 など  
2)マルチパラメーター解析例 
 ※画像クリックでPDFが開きます
 
医学研究院附属 教育・研究支援センター
九州大学病院地区 基礎研究A棟2階
〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
電話 092-642-6602 FAX 092-642-6609
https://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/

学会・シンポ第40回 阿蘇シンポジウム

  • [開催日時]7月26日(金)13:00-18:25 7月27日(土)09:00-11:55
  • [開催場所]阿蘇リゾート グランヴィリオホテル
  • [対象]病院地区の研究者、学生
備考・問合せ先

数年間中断されていました阿蘇シンポジウムが本年より再開されることになりました。
今回は記念すべき第40回目にあたり、「がん、免疫、感染症研究のフロントライン」というテーマで、最先端の研究を行っておられる著名な講師の先生方にお話をして頂きます。期日は7月26日~27日で、場所は阿蘇リゾートグランヴィリオホテルです。

日程:2019年7月26日(金)・27日(土)
場所:
阿蘇リゾートグランヴィリオホテル  
テーマ:
がん、免疫、感染症研究のフロントライン
司会:
渡邊 武、西村 泰治、満屋 裕明
参加申込は
こちら

プログラム:
7月26日(金)13:00~18:25
 13:00~13:05 はじめに
 13:05~13:45 最新がん免疫療法のその先へ:CAR-T 細胞療法の未来像
         玉田耕治 (山口大学 大学院医学系研究科)
 13:45~14:25 iPS 細胞技術を用いた抗原特異的 T 細胞の再生―「即納型 T 細胞製剤」の開発―
         河本 宏 (京都大学 ウイルス・再生医科学研究所)
 14:25~15:05  腸内細菌叢と腫瘍免疫
         本田賢也 (慶應義塾大学医学部 微生物学・免疫学教室)
 15:35~16:15 がん免疫療法の開発状況と今後の展望
         北野滋久 (国立がん研究センター 中央病院)
 16:15~16:55 白血病治療モデルにおける白血病幹細胞動態と抗腫瘍免疫の解析
         北村俊雄 (東京大学 医科学研究所)
 17:05~17:45 がんが個体に悪影響を与える仕組:がん悪液質(Cachexia)の解明
         河岡慎平 (京都大学 ウイルス・再生医科学研究所)
 17:45~18:25 脳梗塞慢性期における制御性 T 細胞による神経制御
         吉村昭彦 (慶應義塾大学医学部 微生物学・免疫学教室)

7月27日(土)09:00~11:55
 09:00~09:40 ネオセルフによる新たな自己免疫発症機構
         荒瀬 尚 (大阪大学 免疫学フロンティア研究センター) 
 09:40~10:20 体液診断の最前線とエクソソーム創薬
         落谷孝広 (東京医科大学 医学総合研究所)
 10:30~11:10 RNA 分解による感染防御応答の新規制御機構
         竹内 理 (京都大学 大学院医学研究科)
 11:10~11:50 新興感染症―インフルエンザならびにエボラ出血熱―
         河岡義裕 (東京大学 医科学研究所)
 11:50~11:55 おわりに

セミナーCellular and circuit mechanisms for somatosensory perception

  • [開催日時]7/30(⽕)17:00-18:00
  • [開催場所]基礎研究A棟1階 第2講義室(⽣協向かい)
  • [対象]学部学⽣・ ⼤学院⽣の参加歓迎
備考・問合せ先
医学研究院・疾患情報研究分野 今井 猛 教授より

ドイツベルリンフンボルト⼤学Larkum研究室の⾼橋直⽮博⼠をお招きしてセミナーを開催致します。
⼤脳⽪質にお ける樹状突起の情報処理機構と知覚のメカニズムについてご講演いただきます。
学部学⽣・ ⼤学院⽣の参加も歓迎です。

演者: ⾼橋 直⽮ 博⼠
所属: ドイツ・ベルリンフンボルト⼤学
タイトル: Cellular and circuit mechanisms for somatosensory perception

⽇時: 2019年7⽉30⽇(⽕)17:00〜18:00
場所: 医学部基礎研究A棟1階 第2講義室(⽣協向かい)

Abstract:
 The result of cortical processing is routed to different downstream targets via distinct pathways – broadly, cortico-cortical and cortico-subcortical. It is as yet unclear what roles these pathways play in perception, and what cellular and circuit mechanisms regulate their gating. We recently showed that activation of the apical dendrites of layer 5 (L5) pyramidal neurons correlates to the threshold for perception (Takahashi et al., 2016). Two distinct classes of L5 neurons target either other cortical areas or subcortical areas. By taking advantage of two transgenic mouse lines, we determined the relative contribution of these L5 subclasses to the perceptual process. We found that the activation of apical dendrites in neurons of the somatosensory cortex that project to subcortical regions almost exclusively determined the detection of whisker deflections in mice. Moreover, dendritic activation was strongly modulated by behavioral context. These results suggest that dendritic activation drives context-dependent interactions between cortex and subcortical regions that are crucial for perception. During the seminar, I will further discuss my long-term goal to develop a mechanistic understanding of how internal brain states, such as attention and expectation, modulate sensory processing to control perceptual behaviors.

参考⽂献:
Takahashi, N., Oertner, G. T., Hegemann, P. & Larkum, E. M. Active cortical dendrites modulate perception. Science 335, 1587-1590 (2016)
Takahashi, N., Kobayashi, C., Ishikawa, T. & Ikegaya, Y. Subcellular imbalances in synaptic activity. Cell Reports 14: 1348−1354 (2016)
Takahashi, N., Kitamura, K., Matsuo, N., Mayford, M., Kano, M., Matsuki, N. & Ikegaya, Y. Locally Synchronized Synaptic Inputs. Science 335, 353-356 (2012)
Takahashi, N., Sasaki, T., Matsumoto, W., Matsuki, N. & Ikegaya, Y. Circuit topology for synchronizing neurons in spontaneously active networks. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 107, 10244-9 (2010)

セミナーは英語ですが、⼀部のみ学⽣向けに⽇本語で紹介をしていただきます。
質疑は⽇本語でも英語でも可能です。

今井 猛 (Takeshi Imai, Ph.D.)
九州⼤学⼤学院医学研究院 疾患情報研究分野 教授
〒812-8582 福岡市東区⾺出3-1-1
e-mail: t-imai★med.kyushu-u.ac.jp (★を@に書き換えてください)
URL: http://dn.med.kyushu-u.ac.jp/

ページの先頭へ戻る