TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第138回 臨床化学セミナー【熊本大学 魏先生】

  • [開催日時]2017年9月29日(金)16:00-17:00
  • [開催場所]北棟2階 検査部会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 第138回 臨床化学セミナーを9月29日(金曜日)午後4時から下記のように予定しております。九州大学の皆様のご来聴を歓迎いたします。

演題:RNA修飾とミトコンドリア病

演者:魏 范研 (ウエイ フアンイエン)先生
熊本大学大学院生命科学研究部 分子生理学分野 准教授

日時:2017年9月29日(金曜日)16:00~17:00
会場:九州大学病院北棟2階 検査部会議室

要旨:
ミトコンドリア病は核ゲノムやミトコンドリアゲノム上の点変異に起因する遺伝疾患であり、エネルギー代謝の異常が発症の共通背景にあると考えられている。最近、かのトランプ氏やバチカンも巻き込んだ世界的な論争がミトコンドリア病を患う幼児の尊厳死を巡って起きたように、ミトコンドリア病の予後が悪く、有効な治療法が存在しない。
ミトコンドリアゲノムには22種類のトランスファーRNA(mt-tRNA)が存在し、ミトコンドリアでのタンパク質翻訳に必要である。すべてのmt-tRNAは非常に複雑な化学修飾を受けている。近年、ミトコンドリア病患者においてmt-tRNA修飾と関連する遺伝子の変異が見出されていることから、mt-tRNA修飾の破綻がミトコンドリア病の原因として注目されている。我々はこれまでにmt-tRNA修飾に関わる一連の遺伝子を同定し、ノックアウトマウスで詳細な解析を行ってきた。その結果、mt-tRNA修飾がミトコンドリアでのタンパク質翻訳に必須であることを明らかにした。さらに、mt-tRNA修飾によるタンパク質翻訳の恒常性維持がエネルギー代謝のみならず、細胞全体のタンパク質ホメオスタシスに大きな影響を及ぼすことを見出した。本講演ではmt-tRNA修飾による細胞機能制御機構とともに、ミトコンドリア病治療の新たな可能性について紹介したい。

世話人:安川 武宏(臨床検査医学分野)

セミナー第13回応用幹細胞医科学部門セミナー【生理学研究所 小林先生】

  • [開催日時]2017年10月18日(水)18:00-19:00
  • [開催場所]総合研究棟2F ITルーム
  • [対象]どなたでも参加可能です
備考・問合せ先
生理学研究所の小林俊寛博士をお招きしてセミナーを開催したいと思います。

小林博士は、発生工学的な手法を用いて様々な革新的な仕事を行ってきました。今回は、最近発表された霊長類およびブタの生殖細胞分化研究を中心に話題を提供してもらいます。

どうぞよろしくお願い致します。

【第13回応用幹細胞医科学部門セミナー】

日時:2017年10月18日(水)18:00-19:00
場所:総合研究棟2F ITルーム
対象:どなたでも参加可能です

演者:小林俊寛 博士(生理学研究所遺伝子改変動物作製室 助教)

講演タイトル:ヒト初期発生とその過程における生殖細胞の発生機構解明に向けたアプローチ

要旨:
精子・卵子などの生殖細胞は、身体を構成するその他の体細胞とは異なり、次世代に遺伝情報を伝えることのできる唯一の細胞種である。全ての生殖細胞は発生過程の初期に生じるごく少数の始原生殖細胞 (Primordial germ cell: PGC) を起源とし、その分化・発生過程は、ダイナミックなエピゲノムの変化や、性決定など、非常にユニークなイベントを伴う。また哺乳類において PGC は、未分化なエピブラストから最も早く分化して生じる細胞の一つであり、結果的にその分化過程は、生殖細胞か体細胞、どちらの運命を選ぶかの大きな岐路となる。そのため、その運命決定機構とそれに関わる分子の同定が遺伝子改変マウスを使って盛んに進められてきた。一方、ヒトでは、その時期の胚を用いた解析が実質的に困難であるため、その発生機構は長らく謎に包まれてきた。またマウスは有用なモデル動物であるが、初期胚の発生様式がヒトをはじめとした齧歯類以外の種と大きく異なること、そして、近年、PGC の分化に必要な転写因子群がヒトと異なることが明らかにされたことから、その解明には新たなアプローチが必要かもしれない。
そこで我々は、ヒト初期発生およびその過程における PGC の発生機構を明らかにするため、ヒト胚の代わりにブタの胚を用いた解析と、ヒト ES 細胞を用いた in vitro 分化誘導系を組み合わせることで、そのメカニズムを紐解いていくことにした。その結果、我々は、1) ブタ初期発生における PGC が出現するタイミングと場所、そしてそのヒトとの類似性、2) 1) の発生および細胞の分化段階をヒト、サル の ES 細胞を用いて再現した in vitro モデルの構築、3) ヒト PGC 分化に中心的な役割を担う転写因子 SOX17 と BLIMP1 の機能、の 3 点を明らかにした。これらの知見は、これまで謎に包まれていたヒト初期発生、とくに PGC 発生機構の理解につながると思われる。またここで用いた、ブタなどのヒト初期発生モデルとなる動物胚の解析と、ヒト ES 細胞を用いた in vitro モデルという二つを併せたアプローチが、PGC に限らず、ヒト初期発生における細胞の運命決定機構を解明するために有用な手段となることが期待される。

参考論文

Kobayashi T, et al. Principles of early human development and germ cell program from conserved model systems.Nature.2017 546 (7658):416-420.
Tang WW, Kobayashi T, et al. Specification and epigenetic programming of the human germ line.Nat Rev Genet. 2016 17(10): 585-600 Kobayashi T, et al. Generation of rat pancreas in mouse by interspecific blastocyst injection of pluripotent stem cells. Cell 2010 142(5):787-99


林克彦
九州大学大学院医学研究院
応用幹細胞医科学講座
ヒトゲノム幹細胞医学分野


セミナー新規PI認定(臨床研究認定制度上級コース)講習会

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2017年12月5日(火)13:00-18:00
  • [開催場所]総合研究棟1階 セミナー室105
  • [対象]
備考・問合せ先
 

  平成28年4月1日より、この認定証書を持っていない方は、九大病院で実施する侵襲を伴う介入研究(医師主導治験も含む)における研究責任者もしくは治験責任医師になることはできませんので、該当される医師及れる医師の方は、ご多忙中大変恐れ入りますが、必ず受講してください。
新倫理指針にありますとおり、原則としてPIには、実際に業務に携わる医師になっていただきたいと考えております。
また、医師以外にも臨床研究に関わっておられる方、あるいは学内外で興味をお持ちの全ての医療関係者(看護師、薬剤師、検査技師、診療放射線技師、教員、その他の関係者)も歓迎いたします。
下記注意事項をご確認の上、受講申し込みをしてください。当日参加も受け付けますが、席や資料が不足する可能性もありますのでご留意ください。
  
>>「PI認定制度(臨床研究認定制度上級コース)について詳しくは→こちらをご覧ください。
  

日時 平成29年12月5日(火)13:00~18:00
会場 九州大学医学部 総合研究棟1階 セミナー室105
申し込み先 研究支援課 倫理審査係 原田(bynintei(a)jimu.kyushu-u.ac.jp)
※不在の場合もございますので、メールでのお申込みをお願いいたします。

プログラム

(第一部)13:00~14:55
1. 講義「臨床研究とPIの責務」
ARO次世代医療センター センター長 中西 洋一
   
2. 講義「研究倫理(倫理指針/プレ審査/IRB)」
RO次世代医療センター 特任講師 河原 直人
    
3. 講義「医師主導治験」
ARO次世代医療センター 副センター長 戸高 浩司ARO次世代医療センター 看護師長 海老原 かおり
    
4. PI認定試験(I)
(10分間休憩)
   

(第二部)15:05~18:00
5. 講義「プロジェクト管理」
ARO次世代医療センター 特任講師 内山 麻希子
   
6. 講義「試験デザイン」
ARO次世代医療センター 副センター長 岸本 淳司 
    
7. 講義「データ管理/モニタリング/監査/安全性管理」
ARO次世代医療センター 特任助教  船越 公太
ARO次世代医療センター 学術研究員 稲田 実枝子
ARO次世代医療センター 副センター長 戸高 浩司 
    
8. PI認定試験(II)
       
9. 試験問題解説

【ご注意】
学内者においては、PI認定講習会は既存の臨床研究認定証を既に取得していることを前提としていますが、   未だ取得されていない方も受講は可能です。ただし、侵襲を伴う介入研究(医師主導治験も含む)における研究責任者もしくは治験責任医師の方、及び今後予定される方で、既存の臨床研究認定証を取得していない方は、速やかに取得して下さい。
   
第一部及び第二部の全てを受講し、認定試験(Ⅰ)(Ⅱ)に合格した方には、後日認定証書と認定シールを発行します。(学外者には、修了証書のみ発行)。 
   
学内者においては、新規認定取得の翌年度以降、更新のために更新講習の受講(年度内に2回)が必要となります。
   
講習会の受付は、第一部の開始前30分から開始後20分の間(50分間)のみの開設となりますので、早めにご来場ください。それ以外は受付を閉鎖いたします。
   
受講の際は、現在お持ちの臨床研究認定証と筆記具をお持ちください。資料は当日会場で配布します。

なお、この通知に対するお問い合わせは、
研究支援課 倫理審査係 原田( bynintei(a)jimu.kyushu-u.ac.jp 内線3771)
までお願いいたします。
また、講習会開催前から準備のため担当が不在となりますので、開催日の午前中までにメールかお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る