TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第29回九州沖縄社会精神医学セミナー

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2018年1月13日(土)9:20〜14:30
  • [開催場所]百年講堂 中ホール1,2
  • [対象]
備考・問合せ先
 第29回九州沖縄社会精神医学セミナーを平成30年1月13日(土)に、九州大学医学部百年講堂にて開催いたします。

どなたでもご参加頂けます。
皆様どうぞふるってご参加下さい。
 

第29回九州・沖縄社会精神医学セミナー
 

日時:

 2018年1月13日(土)9:20〜14:30


※クリックでPDFが開きます。

場所:

 百年講堂 中ホール1,2

参加費:

医師 5,000円  医師以外 1,000円  学生無料

テーマ:

「多職種で考える”子どもの虐待”と”認知症と運転”」

申込方法

事前申し込み不要

 

申込受付期間

なし

 
■シンポジウムⅠ 

「多職種で考える子ども虐待の早期発見と対応」

座長:
演者:
 

山下 洋(九大病院 子どものこころの診療部)
梶谷 優子(福岡市教育委員会指導部教育相談課)
河浦 龍生(子ども家庭支援センター)
本田 洋子(福岡市精神保健福祉センター)
永光信一郎(久留米大学小児科)

 
■シンポジウムⅡ

「認知症と自動車運転」

座長:
演者:


 

小原 知之(九州大学精神病態医学)
古川 洋一(福岡県警察本部交通部運転免許管理課)
篠木 潔 (弁護士法人 翼・篠木法律事務所)
小原 知之(九州大学精神病態医学)

 
■ランチョンセミナー

「認知症疾患におけるパーキンソン症状について」

座長:
演者:

鬼塚 俊明(九州大学精神病態医学)
山下 謙一郎(九大病院 神経内科)


昨今社会的に大きな問題となっている精神医学的な問題として、シンポジウムIでは「多職種で考える子ども虐待の早期発見と対応」を、またシンポジウムIIでは「認知症と自動車運転」を取りあげ、様々な立場からお話しを頂く予定です。

大会長 神庭 重信(九州大学精神病態医学教授)

ページの先頭へ戻る