TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナーセミナーのご案内【Prof. Mary Collins (OIST)】

  • [開催日時]2018年4月25日(水)16:30-18:00
  • [開催場所]総合研究棟 104号室
  • [対象]
備考・問合せ先
セミナーのご案内

演題:Targeting the NFkB signaling pathway to tackle Kaposi’s sarcoma virus-associated cancers

演者:Prof. Mary Collins, Okinawa Institute of Science and Technology (OIST)

日時:平成30年4月25日(水) 16:30-18:00

場所:病院地区 総合研究棟 104号室

Mary Collins教授は、1997年以来英国のUniversity College Londonの教授を務められ、その間2009年から2014年までは学部長(Dean of Life Sciences)として活躍されました。また、2005年から2014までMRCの Centre for Medical Molecular Virologyのディレクターを兼務しておられます。2016年からは沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究担当ディーンとして沖縄で仕事をされています。

Collins教授は、免疫学、腫瘍ウイルス、ウイルスベクターを用いた遺伝子治療の分野で多くの優れた業績を挙げておられますが、今回のセミナーでは、最近のご研究からNFkBシグナルの異常による発がん機構と治療薬開発の試みについて興味深いお話をして頂きます。学生からシニアの研究者の方まで多くの皆様のご出席を歓迎致します。

セミナーの概要
In this talk I will describe one mechanism by which the herpesvirus Kaposi’s sarcoma-associated virus (KSHV) causes cancer, by activating the NFkB signaling pathway. A protein from KSHV, called vFLIP, binds to the NFkB activating kinase IKK. Our work on the structure of this complex, suggests a mechanism by which activation of the kinase may occur. We have also shown that cellular homologs of vFLIP, that are over-expressed in many human cancers, activate IKK by a different mechanism. Finally, I will also describe our attempts to develop therapeutic drugs for KSHV based on blocking the vFLIP-IKK interaction.

医学研究院ウイルス学 柳 雄介

ページの先頭へ戻る