TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2011年2月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー九州大学病院耳鼻咽喉科嚥下カンファレンスのご案内

  • [開催日時]2011年1月14日・1月21日・1月28日
    2月18日・2月25日(金)18:00-18:30
  • [開催場所]南病棟7階 耳鼻咽喉科カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
日頃より、嚥下機能評価や嚥下訓練にご協力いただきありがとうございます。耳鼻咽喉科では、下記の通り、毎週金曜日にその週に行ったビデオ嚥下造影検査結果を用いて嚥下カンファレンスを開催しております。参加はオープンですので、医師・看護師・歯科医師・薬剤師・栄養士・言語聴覚士・歯科衛生士など多くの方々のご参加をお待ちしております。
※時間については外来の都合で前後することがあります

嚥下造影検査の動画などをご利用されたい場合は相談にのりますので、当科嚥下担当医師にご連絡ください。
連絡先 耳鼻咽喉科助教 安達一雄先生 PHS 2362



セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)

  • [開催日時]2011年2月1日(火)18:00-19:00
  • [開催場所]九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム(小児医療センター内)
  • [対象]
備考・問合せ先
来週、2月1日(火曜日)午後6時より九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を開催いたします。
どなたでもご参加できます。多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。
講演タイトル:小児ステロイド治療のピットフォールと対策 ~疾患を抱えるこどものより良いQOLを目指して~
演者:石井加奈子、野崎高史
要約:グルココルチコイド(ステロイド)は様々な疾患の治療に必須であり、小児科領域でも頻用される薬剤である。しかし、その多彩な作用がしばしば有害な副作用として問題となることも多く、特に慢性疾患で長期に使用する小児患者においては、ステロイドの副作用を最小限に抑えることはOQL改善のために重要な課題である。今回は、ステロイドの種類や作用機序などの基礎知識を再確認するとともに、小児において注意すべき副作用とその対策について最近の知見を交えながら概説する。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科 〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 TEL 092-642-5421
池田和幸 (カンファレンス担当)

セミナー第6回「九大痛みの研究会」

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2011年2月3日(木)17:25-20:30
  • [開催場所]九州大学医学部 百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
第6回「九大痛みの研究会」を下記の要領で開催しますので、多数のご来場をお待ち申し上げます。今回は、九大P&P(H21~H23)「九大痛みコンソーシアム形成のための基盤技術開発研究:痛み分子イメージング」の研究成果発表会となります。軽食をご用意致します。学部学生・院生の聴講も歓迎します。
医学研究院 臨床神経生理
飛松省三
※詳細は添付PDFをご参照ください。

セミナー第571回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)・グローバルCOE理医連携セミナー・免疫機構研究セミナー

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2011年2月3日(木)18:00-19:00
  • [開催場所]九州大学医学部百年講堂中ホール3
  • [対象]
備考・問合せ先
ご承知のように、中内先生は造血・免疫研究者として幹細胞研究の世界的トップランナーとして長年研究をすすめて来ておられます。今回は下記の内容でご講演をいただきます。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。
※詳細は添付PDFをご参照ください
連絡先:生体防御医学研究所 ゲノム病態学分野 谷 憲三朗 内)6434



セミナー第7回臨床・腫瘍外科セミナーのご案内

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2011年2月3日(木)18:00-19:00
  • [開催場所]総合研究棟 1階 セミナー室 105
  • [対象]
備考・問合せ先
当科主催の臨床・腫瘍外科セミナーについてご案内致します。本セミナーは、基礎研究の成果を臨床に還元することを主題として、学内外の臨床・研究医を問わず、毎回多数の皆様のご参加を頂いており、今回で第7回目を迎えました。今回のテーマは、膵癌に対する重粒子線治療です。講師に、この分野で精力的に活躍されている放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院の篠藤誠先生をお迎え致します。消化器外科領域で最も予後不良な悪性疾患の一つである膵癌に対する重粒子線治療の基礎から将来の展望まで、詳細なご講演を承る予定です。皆様多数のご来聴を歓迎致します。
演題:膵癌に対する重粒子線治療
講師: 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院  篠藤誠 先生
※詳細はPDFをご参照ください。
===========================================================
当間宏樹 九州大学大学院医学研究院臨床・腫瘍外科 医局長


ページの先頭へ戻る