TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年5月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)のご案内

  • [開催日時]2012年5月1日(火)18:00-
  • [開催場所]北6階 カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
明日、5月1日(火曜日)午後6時より
九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を開催いたします。どなたでもご参加いただけます。多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

日時:5月1日(火曜日)18時~19時
場所:九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム
(小児医療センター内)

小児科臨床・研究最前線
講演タイトル「肺高血圧症 –診断と治療の最前線−」 

Speakers:鵜池清・永田弾・山村健一郎

肺高血圧症は従来予後不良の疾患とされてきたが、近年の診断・治療の進歩には目覚ましいものがある。様々な分子遺伝学的背景が明らかになり、また多くの肺血管拡張薬の開発・臨床応用が行われ、10年前とはその治療成績も大きくことなっている。今回はこうした肺高血圧症に対する最近の進歩を、診断・治療・分子遺伝学的背景に分け、わかりやすく概説する。


+++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科
高田英俊(臨床研修教育担当)
石村匡崇(カンファレンス担当)
+++++++++++++++++++

セミナー第310回アジア遠隔医療ネットワークイベント

  • [開催日時]2012年5月2日(水)12:00-14:00
  • [開催場所]アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
 ****************第310回アジア遠隔医療ネットワークイベント****************
イベント名:消化器内視鏡テレカンファレンス
アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)では、5月2日(水)にタイ・マヒドン大学シリラ病院で開催されるテレカンファレンスを担当します。このイベントでは主会場のバンコク(タイ)のみならず、日本・韓国・ベトナムを接続して発表・討論を行います。下記にプログラムをコピーしております。興味のある方は、どなたでもご参加ください。
日時:平成 24年 5月 2日 (水曜日)12:00~14:00
場所:アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
接続施設:
1)マヒドン大学シリラ病院(タイ主会場):Dr Somchai, Dr Thawatchai
2)アサン病院(ソウル・韓国):Dr Seo
3)チョウライ病院(ベトナム・ホーチミン):Dr Nguyen TC, Dr Ni
4)九州大学病院:Dr 清水、Dr Wisit
*************************************************************************
プログラム(すべて英語で行われます。)
http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/data/0502prog.pdf
12:00-12:15 Opening remarks & Greetings/ Dr Thawatchai and all
12:15-12:45 Endoscopic Obesity Procedure/ Dr C. Thompson
12:45-13:15 Endoscopic Pancreatic Necrosectomy/ Dr C. Thompson
13:15-13:45 EUS-Guided Pancreatic Cyst Ablation/ Dr DW Seo
13:45-14:00 Q&A and Closing remarks/ Dr Somchai
*************************************************************************
本イベントの問合せ先は、下記にお願いいたします。
九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター
野田陽子、清水周次
URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/

セミナー第622 回生医研セミナーのご案内/The 622th MIB Seminar

  • [開催日時]2012年5月8日(火)17:30-18:30
  • [開催場所]総合研究棟 セミナー室105
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の要領でセミナーを開催いたします。ご興味ある方の御参加をお待ちしています。

******第622回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)・免疫機構研究セミナーのご案内******

演題:Mucosal Integrated Trialogue Regulation System for Mutualism,
Inflammation and Elimination
   (seminar in English)

演者:清野 宏 先生
   東京大学医科学研究所 感染・免疫部門 炎症免疫学分野教授
   東京大学医科学研究所長
   Director, Professor, Dr. Hiroshi Kiyono
   Division of Mucosal Immunology, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo

日時:日時:平成24年5月8日(火) 17:30~18:30
May.8,2012(Tue),17:30~18:30

場所:総合研究棟 セミナー室105
   Biomedical Research Station, 1F, Seminar Room 105

清野宏先生は長年にわたり腸管免疫研究の世界的リーダーとしてご活躍されています。最近のご研究では、P2X7 プリン受容体発現粘膜マスト細胞が細胞外ATPを介して腸管炎症の誘導と調節に重要な役割を演じていることを明らかにされました。粘膜自然免疫細胞、上皮細胞および腸管常在菌3者間バランス均衡の状態とその不均衡がもたらす炎症性疾患について最新の情報をご提供頂きます。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

要 旨:The digestive tract is covered by a single layer of mucosal epithelial cells which continuously exposed to infinite antigenic challenges in handling its day-to-day duties. The intestinal tract is thus equipped with the mucosal immune system (MIS) offering the first line of surveillance and defense forces against invasion of pathogens. At same time, the MIS also expose to an enormous number and volume of innocuous and/or instructive antigens which need to be appropriately ‘ignored’. Mounting an immunologically harmonized response therefore represents a key decision-making process of active and/or quiescent immune responses by the MIS. To this end, the MIS has been shown to be enriched with the variety of innate and acquired immunity associated cells. Our previous studies have provided new evidence for the intra-tissue habitation of commensal flora in the organized lymphoid structure associated with gut mucosa (e.g.,Peyer’s
pathch). Intestinal epithelial cells possess unique α(1,2)- fucose- moiety and these cells are thus refereed as fucosylated ECs (F-ECs) which are contributing in the formation of co-habitation platform for commensal
bacteria. F-ECs were predominantly observed in the ileum that is induced and maintained by commensal bacteria. Furthermore, these epithelial fucoses are induced and regulated by mucosal innate immunity cells. Our most recent study has demonstrated that mucosal mast cells expressing P2X7 purinoceptors play critical role in the induction and regulation of intestinal inflammation via extracellular ATP. Thus, our data provide the new perspective on the triangular link among mucosal innate immunity cells,
epithelial cells and intestinal microbiota for the gut mutualisum and the disruption of the trialogue system may lead to the development of pathological condition including inflammation.

連絡先:生体防御医学研究所 
     ゲノム病態学分野 谷 憲三朗 内)6434

セミナー九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)のご案内

  • [開催日時]2012年5月8日(火)19:0020:00
  • [開催場所]北6階 カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス(小児科)を開催いたします。どなたでもご参加いただけます。
多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

日時:5月8日(火曜日)19時~20時
場所:九州大学病院 北6階 カンファレンスルーム
(小児医療センター内)

症候からみた診断へのアプローチ~「発達の遅れ」を主訴に来院した症例から~

演者:鳥巣 浩幸

小児神経の診療において、正しい診断にいたる道は、養育者からの情報や実際の観察によって児の症状を理解し、胎児期をも含めた病歴を詳細に聴取し、丁寧な診察を行い、児に起こった(ている)ことをできるだけ矛盾なく頭の中に描いていく作業といえる。今回のカンファレンスでは、「発達の遅れ」を主訴に来院した症例を通して、診断や治療にいたる経緯や決め手となるポイントを具体的にわかりやすく解説する。

+++++++++++++++++++
九州大学病院 小児科
高田英俊(臨床研修教育担当)
石村匡崇(カンファレンス担当)
+++++++++++++++++++

セミナー第153回院内胆膵カンファレンスのご案内

  • [開催日時]2012年5月10日(木)18:00-
  • [開催場所]南棟9階カンファレンス室
  • [対象]
備考・問合せ先
第153回院内胆膵カンフアレンスを行います。この会は、胆膵の診療に関係・興味がある方全てに開放されています。
奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

日時:2012年5月10日(木曜日)PM6:00より
場所:南棟9階カンファレンス室

***************************************
九州大学 臨床・腫瘍外科(第1外科)
高畑俊一
****************************************

ページの先頭へ戻る