TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2012年8月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第 319回アジア遠隔医療ネットワークイベント

  • [開催日時]2012年8月1日(水)12:30-14:00
  • [開催場所]アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)
  • [対象]
備考・問合せ先
****************第319回アジア遠隔医療ネットワークイベント*********************

イベント名:ヘルニアワークショップ【Hernia Hands-on Workshop in Soft Cadaver】

アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)では、8月1日(水)にタイ・マヒドン大学シリラ病院で開催されるテレカンファレンスを担当します。このイベントでは主会場のバンコク(タイ)のみならず、日本5施設、海外8施設を接続して発表・討論を行います。
下記にプログラムをコピーしております。興味のある方は、どなたでもご参加ください。

日時:平成 24年 8月 1日 (水曜日)12:30~14:00
場所:アジア遠隔医療開発センター・遠隔医療会議室(北棟2階)

接続施設:
1)マヒドン大学シリラ病院(タイ主会場):Dr. Thawatchai
2)パメラ病院(香港):Dr. Yang
3)京都大学:Dr. Takaori
4)チョウライ病院(ベトナム):Dr. Trung
5)ヴィエットダック病院(ベトナム):Dr. Giang
6)フィリピン大学マニラ校:Dr. Hilvano
7)高雄医学大学(台湾):Dr. Chuang
8)順天堂大学:Dr. Sato
9)シンガポール大学:Dr. Lomanto, Dr. So
10)ソウル大学ブンダン病院:Dr. Han
11)米子医療センター:Dr. Sugitani
12)九州大学病院:Dr. Shimizu
********************************************************************************
プログラム(すべて英語で行われます。)
12:30-13:30 Live Demonstration
      ‘Technique of Component Separation’
Dr. Todd Heniford
13:30-14:00 Live Demonstration
      ‘Technique of Myopectineal Orifice Repair-TEP-TAPP-IPOM
Dr. Sathien Tamtavitikul, Dr. Suthep Udomsawangsup, Dr. Suppakarn
********************************************************************************
本イベントの問合せ先は、下記にお願いいたします。

九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター
野田陽子、清水周次

URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/


       【Hernia Hands-on Workshop in Soft Cadaver】

We are going to hold a telemedicine event as detailed below.
If you are interested, please feel free to participate in the event.

Date: August 1 (Wed), 2012
Time: 12:30~14:00
Place: Telemedicine Development Center of Asia (TEMDEC), North Ward 2nd Floor

Connecting stations:
1)Siriraj Hospital(Thailand):Dr. Thawatchai
2)Pamela Hospital(Hong Kong):Dr. Yang
3)Kyoto U:Dr. Takaori
4)Cho Ray Hospital(Vietnam):Dr. Trung
5)Viet Duc Hospital(Vietnam):Dr. Giang
6)U Philippine Manila:Dr. Hilvano
7)Kaohsung Medical College:Dr. Chuang
8)Juntendo U:Dr. Sato
9)National U Hospital of Singapore:Dr. Lomanto, Dr. So
10)Seoul National U Bundang Hospital:Dr. Han
11)Yonago Medical Center:Dr. Sugitani
12)Kyushu U Hospital:Dr. Shimizu
********************************************************************************
Program: (The program will be conducted entirely in English.) 12:30-13:30 Live Demonstration
      ‘Technique of Component Separation’
Dr. Todd Heniford
13:30-14:00 Live Demonstration
      ‘Technique of Myopectineal Orifice Repair-TEP-TAPP-IPOM
Dr. Sathien Tamtavitikul, Dr. Suthep Udomsawangsup, Dr. Suppakarn
********************************************************************************
If you have any questions, please contact us.

Ms. Yoko Noda, Dr. Shuji Shimizu
Telemedicine Development Center of Asia(TEMDEC), Kyushu University Hospital
URL: http://www.temdec.med.kyushu-u.ac.jp/






セミナー九州大学病院 NST 講演会のお知らせ

  • [開催日時]2012年8月3日(金)18:30-20:00
  • [開催場所]医学部 百年講堂 大ホール
  • [対象]
備考・問合せ先
NST委員会からのお知らせです。

本日8/3、表題の講演会を開催いたします。お誘い合わせの上、ご参加いただきますようお願いいたします。

日時:8月3日(金)18:30~20:00
場所:九州大学医学部 百年講堂 大ホール

【開会の挨拶】
   九州大学病院 病院長 NST委員会委員長  久保 千春先生
【講演】
   座長 九州大学病院 NST委員会副委員長(救命救急センター) 野田 英一郎

  「周術期の栄養管理、最近のトピック~安全に手術を受けていただくために」
      東京都保健医療公社大久保病院 外科部長 丸山 道生 先生

【閉会の挨拶】
   九州大学病院 NST委員会コアメンバー(心療内科) 河合 啓介先生

 共催:九州大学病院NST委員会、九州大学病院医療連携センター、日本コヴィディエン株式会社

 *当日は軽食を準備しております。


問合せ先:栄養管理室 山口(5176)
*******************************************
九州大学病院
栄養管理室 江頭 泉
内線番号:5175

セミナー九州大学病院 NST 講演会のお知らせ

  • [開催日時]2012年8月3日(金)18:30-20:00
  • [開催場所]医学部 百年講堂 大ホール
  • [対象]
備考・問合せ先
NST委員会からのお知らせです。

本日8/3、表題の講演会を開催いたします。お誘い合わせの上、ご参加いただきますようお願いいたします。

日時:8月3日(金)18:30~20:00
場所:九州大学医学部 百年講堂 大ホール

【開会の挨拶】
   九州大学病院 病院長 NST委員会委員長  久保 千春先生
【講演】
   座長 九州大学病院 NST委員会副委員長(救命救急センター) 野田 英一郎

  「周術期の栄養管理、最近のトピック~安全に手術を受けていただくために」
      東京都保健医療公社大久保病院 外科部長 丸山 道生 先生

【閉会の挨拶】
   九州大学病院 NST委員会コアメンバー(心療内科) 河合 啓介先生

 共催:九州大学病院NST委員会、九州大学病院医療連携センター、日本コヴィディエン株式会社

 *当日は軽食を準備しております。


問合せ先:栄養管理室 山口(5176)
*******************************************
九州大学病院
栄養管理室 江頭 泉
内線番号:5175

セミナー第117回 臨床化学セミナー開催のご案内

  • [開催日時]2012年8月10日(金)17:30-18:30
  • [開催場所]北棟2階 共用会議室1
  • [対象]
備考・問合せ先
 第117回 臨床化学セミナー開催のご案内

 日時 8月10日(金)17:30~18:30

 場所 北棟2階 共用会議室1

 題目「臨床検査システムと標準化」

 1.なぜ標準化が必要なのか?
 2.医療情報の標準化
  (1)規格(HL7、DICOM、SS-MIXなど)
  (2)コードの標準化
 3.JLAC10とは
 4.標準化を進めるためのIHE活動
 5.標準化のメリット
 6.今後

 医療情報の標準化とその先にある可能性を
 富士通山口情報の 福重 二三男氏にお話し願います。
 皆さまの御来場を心よりお待ち申し上げております。 

*************************************
 堀田 多恵子
 九州大学病院 検査部
*************************************

セミナー精神医学・特別講演会のお知らせ

  • [開催日時]2012年8月10日(金)14:00-15:00
  • [開催場所]ウエストウイング1階精神科・カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
*************** 精神医学・特別講演会のお知らせ ***************

演者:澤 明 先生
所属:ジョンズホプキンス大学・統合失調症疾患センター・所長(Director/Professor Akira Sawa, M.D., Ph.D.)

タイトル:「全身疾患としての内因性精神疾患:統合失調症臨床、基礎研究から」

日時:2012年8月10日(金曜)14:00~15:00
場所:ウエストウイング1階精神科・カンファレンスルーム


澤明先生は、1990年に東京大学医学部卒業後、日本で精神科臨床のトレーニング後に渡米され、ソロモンシュナイダー博士の元で分子生物学を専攻された精神医学者です。現在、ジョンズホプキンス大学・統合失調症疾患センターの所長として、統合失調症をはじめとした難治性精神疾患への分子細胞レベルから臨床へのトランスレーショナル研究を推進しております。今回、その研究の一部を学内の先生方向けに御紹介頂けるとのことですので、奮ってご参加ください。

【参考論文】
Brandon NJ, Sawa A: Linking neurodevelopmental and synaptic theories of mental illness through DISC1. Nat Rev Neurosci. 2011 Nov 18;12(12):707-22.

Ishizuka K, Kamiya A, Oh EC, Kanki H, Seshadri S, Robinson JF, Murdoch H, Dunlop AJ, Kubo K, Furukori K, Huang B, Zeledon M, Hayashi-Takagi A, Okano H, Nakajima K, Houslay MD, Katsanis N, Sawa A: DISC1-dependent switch from progenitor proliferation to migration in the developing cortex. Nature. 2011 May 5;473(7345):92-6

Jaaro-Peled H, Hayashi-Takagi A, Seshadri S, Kamiya A, Brandon NJ, Sawa A: Neurodevelopmental mechanisms of schizophrenia: understanding disturbed postnatal brain maturation through neuregulin-1-ErbB4 and DISC1. Trends Neurosci. 2009 Sep;32(9):485-95.


世話人:医学研究院 精神病態医学分野 神庭重信

事務局:医学研究院 精神病態医学分野・レドックスナビ研究拠点 加藤隆弘

ページの先頭へ戻る